Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

「DB Press」連載一覧

398件中76~90件を表示
  • 2015/10/30

    MySQLで高可用性の新標準となるか?SCSKがOracle Clusterwareを実機検証した!

     Oracle(R) Real Application Clusters (Oracle RAC)経験者にはおなじみのツールとしてOracle(R) Clusterwareがあります。実はこれが2014年夏に正式にMySQL Enterprise Editionに対応しました。これを受け、MySQL技術のトップエンジニア集団を自負するSCSKが「本当に使えるのか。提案する前にきちんと確かめたい」と検証を行いました。SCSKは、MySQLの案件を数多く手掛けるだけでなく、自社においても社員1万人が...

  • 2015/10/30

    「新しく生まれる全てのデータを分析する」テラデータCEOマイク・コーラー氏インタビュー

     今後のIoTの時代を見据え、Analytics of Everythingというコンセプトを打ち出したテラデータ。もともとデータに重きを置き、それを分析し顧客のビジネスに活かすことに長年注力してきた。新コンセプトで同社の戦略はどのように変化するのか。テラデータ・コーポレーションのCEO マイク・コーラー氏に話を訊いた。

  • 2015/10/28

    速いだけじゃ選べない!オールフラッシュ導入の勘所―兼松エレクトロニクスが決めた理由!

     近年、仮想化環境の普及やビックデータの有効活用(Analytics)などによりストレージIOがボトルネックとなるケースが増えてきている。性能改善の有効打となるのがオールフラッシュ。兼松エレクトロニクスは自社の業務基盤にEMCのオールフラッシュXtremIOを導入し、製品を徹底的に評価した。環境構築で実績のある同社が見るXtremIOの特徴とは? 兼松エレクトロニクスのビジネス開発本部 ビジネス戦略室の関口忠宏氏に話を訊いた。

  • 2015/10/27

    Java 20周年おめでとう!これまでとこれから【フォト・レポート】

     2015年10月25日からアメリカのサンフランシスコにて恒例のJavaOneが開催されました。基調講演ではJavaに関係するキーパーソンが次々と登壇。最後にはあの人も登場して持ちネタを披露。JavaOneの様子をフォト・レポートでお届けします。

  • 2015/10/27

    デジタルデータの喪失は大きな課題――アクロニス創設者 セルゲイ・ベロウゾフCEOに訊く

     システムバックアップ/リカバリのソリューションを提供しているアクロニス。現在は、システムのバックアップだけでなく、災害対策などのデータプロテクション領域のサービスをグローバルに展開している。データのバックアップとシステム全体を保護するシステムバックアップの違い、さらにはデータプロテクションの最新動向について、アクロニスの創設者でCEOであるセルゲイ・ベロウゾフ氏に話を訊いた。

  • 2015/10/23

    すごいアプリケーションを作りたいならCassandraを使ってみよう

     いまや、エンタープライズな領域で利用されるNoSQLデータベースにもさまざまなものがある。そんな中でも「Cassandra」は、分散データベース管理システムとして大規模データの格納で評価されているNoSQLデータベースの1つだろう。実際にビッグデータを扱うデータベースとしてどのような点が優れているのか、DataStax社に所属していてApache Cassandraのチーフ・エバンジェリストでもあるパトリック・ムクファディン氏に話を訊いた。

  • 2015/10/22

    CTOに訊く、テラデータとオープンソースのこれから

     テラデータは独自の技術で業界をリードしてきたイメージが強い。とはいえここのところは、Hadoopを積極的にソリューションに取り込んでいる。さらに今回のTERADATA 2015 PARTNERSのタイミングで発表されたTeradata Listenerでも、Apache Kafkaなどのオープンソース・ソフトウェアを積極的に活用している。今後のテラデータの技術的な方向性についてテラデータ・コーポレーション CTO スティーブン・ブロブスト氏に話を訊いた。

  • 2015/10/21

    Uberだけじゃない!Analytics of Everythingの時代がやってくる

     米国カリフォルニア州アナハイムで「TERADATA 2015 PARTNERS」が始まった。参加登録者数はバーチャルカンファレンスも含め5,000人程。ITベンダーのプライベートイベントとしては、それほど大規模なものではないだろう。というのもこのカンファレンスは、ベンダーであるテラデータ・コーポレーションが主催ではなく、テラデータのユーザー会主催のイベントだからと言うのもある。つまり、ベンダーがマーケティング的に大勢の顧客や顧客見込みの人たちを集めるのではない。実際にテラデータの製品を利用して...

  • 2015/10/07

    CouchbaseはN1QLでSQLインターフェイスという弱点が強みになる

     ビッグデータという言葉が普及して以降、NoSQLデータベースの認知度も高まっている。大量の非構造化データを低コストで扱える、あるいはリレーショナル型では難しい自由度の高いデータを柔軟に扱うのにもNoSQLデータベースは向いている。とはいえ、NoSQLデータベースにもさまざまなものがあり、どのデータベースがどんな用途に向いているのかはなかなか分かり難い面もある。

  • 2015/09/30

    マーケティングは「データへの挑戦」―Oracleのマーケティング・オートメーション戦略

     マーケティング・オートメーションという言葉がかなり定着してきた。それを実現するための各種ツール群もどんどん進化しており、デジタル化による新たなマーケティングの世界が確実に訪れている。そんな中、Eloqua、Responsysなど、業界でも実績ある製品を次々と買収しマーケティング・オートメーションのポートフォリオを拡充しているのがOracleだ。Oracle Marketing Cloudの製品マーケティングを担当するシニア・ディレクター クリス・リンチ氏に、Oracleが考えている最新のマーケ...

  • 2015/09/29

    ioMemoryがエンジニアをダメにする!?―MySQLでioMemoryの性能を使い切るためには

     フラッシュストレージを入れれば、システムは簡単に高速化する。一方で、せっかくフラッシュストレージを導入したのに、思ったよりも速くならないこともある。これらの違いは、いったいどんなところから生まれるのか。一方で、データベースの高速化にフラッシュストレージはかなり効果的というのも当たり前になりつつある。しかし、ストレージベンダーが言うように本当にチューニングはする必要がないのだろうか。データベースに対するフラッシュストレージの効果とそれを発揮するためのヒントについて、インターネットイニシアティブ...

  • 2015/09/19

    「野望は世界中の車をUberにすること」ベニオフ×カラニック対談

     セールスフォース・ドットコム CEO マーク・ベニオフ氏とUberのCEO トラビス・カラニック氏との対談が行われた。

  • 2015/09/18

    ベニオフ氏登場「1対1の顧客との関係性がIoTのソリューションを加速する」

     dreamforce 2015のメインイベントであるCEO マーク・ベニオフ氏のキーノートセッションのオープニングは、シンガーのスティービー・ワンダーの歌で始まった。会場は大合唱でスティービーの歌を楽しむことに。その後登壇したベニオフ氏は、まずはメインフレームからクライアントサーバーの時代を経て、新しいITの世界が訪れたと言う。そしてセールスフォース・ドットコムは、クラウドでマルチテナンシーを提唱し、さらには1対1の顧客との関係性を構築するソリューションも提供している。そんなセールスフォース・...

  • 2015/09/16

    dreamforce 2015が開幕、注目の新サービスはSalesforce IoT Cloudだ

     セールスフォース・ドットコムの年次カンファレンスイベント「dreamforce 2015」が開幕した。おそらく、ITベンダーのプライベートイベントとしては世界最大規模であろう。16万人の事前登録があり、会場は初日から大混雑。サンフランシスコの街は、まさにセールスフォース・ドットコムにジャックされた状態だ。クラウドに、そしてセールスフォース・ドットコムに対する期待感の大きさをひしひしと感じる。

  • 2015/09/16

    アプリケーション指向で性能監視する「アプリケーション・インテリジェンス」とは

     「アプリケーション・インテリジェンス」という言葉を、皆さんはご存じだろうか。これは、企業が利用しているミッションクリティカルなアプリケーションの運用管理をスムースに行うための仕組みだ。

76~90件(全398件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5