Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「そろそろ本気で人財育成の話をしないか」連載一覧

4件中1~4件を表示
  • 3440_a.jpg
    2011/09/07

    パフォーマンスを上げるための組織作り(応用編)

    過去3回で人財育成フレームワークを自社にも構築できそうだなぁと感じていただけた方も多いのではないでしょうか。趣味もスポーツも仕事など何事でも最も大事なことは「継続と改善」です。せっかく良い仕組みを構築してもそれで終わってしまっては意味がありません。継続的に利用してシステムを生かし伸ばしていきましょう。最終回の今回は、「パフォーマンスを上げるための組織作り(応用編)」として、人財像が可視化された状態の鮮度を維持する秘訣や「おっ、そんなことまでできるのか!」といったことについて考えてみましょう。

  • 3359_a.jpg
    2011/07/29

    パフォーマンスを上げるための組織作り(運用・活用編)

    過去2回で人財の可視化の実現方法について説明しました。実際にスキルを棚卸し可視化フレームワークで自分の強み弱みを客観的にみたり、人財マップの全体像をみるとなるほどと思うことは多くあります。そこで今回は、「パフォーマンスを上げるための組織作り(運用・活用編)」として、可視化された人財像から何を読み取ってどう生かしていくかについて考えてみましょう。

  • 3313_a.jpg
    2011/07/12

    パフォーマンスを上げるための組織作り(設計・実装編)

    前回の内容では人財育成・活用における悩み事と人財の可視化の重要性について共有しました。経営者・マネージャー・一般社員と各立場によってそれぞれ異なる悩みではあっても人財の可視化がたくさんのことを改善する第一歩になるという期待を持っていただけたと思います。2回目の今回は、「パフォーマンスを上げるための組織作り(設計・実装編)」として、組織に有益な人財の可視化をするためにはどうしたらよいか。具体的な設計・実装について説明します。

  • 3212_a.jpg
    2011/06/13

    人財育成の第一歩、まずは人財を可視化してみよう

    みなさんの会社では人財育成・活用が十分にできていると言えますか?―スキル標準を上手に使いこなすことで、人財育成はぐっと効果的に活用できるようになります。本連載では、本気で人財育成したい経営者、マネージャーの方々へ向け、戦略的な人財育成フレームワークの構築方法を具体的なWebアプリケーション導入も交えながら数回にわたって解説したいと思います。

1~4件(全4件)
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5