Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

注目の企業事例5選!企業の「デジタル化」の成否は、モバイルアプリ開発が鍵となる

2016/09/30 12:00

 モバイルやクラウドの活用が普及し、企業のアプリケーション開発においても「モバイルファースト」「クラウドファースト」の波が押し寄せている。いま、デジタル化に積極的に取り組む企業では、どのようなアプリケーション開発に着手し、業務の改善やビジネスの推進を実行しているのか。モバイルアプリケーションの活用によりデジタルトランスフォーメーションを実現し、業務やサービスの向上で大きな成果を挙げている国内外の企業の事例をいくつか紹介していこう。 

企業の「デジタル化」はもはや不可避――推進役はモバイルとアプリ開発

 モバイルデバイスが普及し、あらゆるシーンで誰もがクラウドを利用し、利便性の高いサービスを利用できるようになってきた。もちろん、これは個人向けサービスに限った話しではない。企業においても業務のデジタル化やモバイル活用が広がり、従業員の生産性が飛躍的に向上する企業も出てきた。

 企業がデジタル化を推進し、従業員の生産性や、働きやすさの改善に取り組むことは、自社が提供する顧客向けサービス、製品の強化へとつながる。サービスレベル向上は顧客満足度を引き上げ、最終的にはビジネス伸長につながるといっても過言ではない。

 企業において、業務のデジタル化が求められる現在では、モバイルアプリがその大きな推進役となっている。モバイルデバイスが全世界に広く普及したからこそ、あらゆるシーンにおいてモバイルアプリを容易に利用できるためだ。そして、モバイルアプリは、様々なネットワークやデバイス、サービスと“つながる”ことで、クラウドのパワーを最大限に引き出してくれる。その成否の握るのは、モバイルアプリの開発だ。

 また、近年モバイルアプリ開発のテクノロジーも大きく進化している。複数のOS向けにアプリを一斉に開発できるクロスプラットフォームツールやプッシュ通知や認証等を容易に機能化できるバックエンドサービスや、ユーザー利用動向を捕捉分析するバックエンドサービスや、負荷が高くなりやすい実機テストを自動で実施できるテストサービス等があり、機能改善を容易に図れることでさらに利便性を向上させることが可能になってきている。

 なかでも、クラウドサービス「Microsoft Azure」、アプリケーション開発環境「Microsoft Visual Studio」、クロスプラットフォーム開発ツール「Xamarin」といった開発者向けのサービスやツールを多く提供し、モバイルアプリケーション開発の市場を大きく牽引しているのがマイクロソフトだ。

 マイクロソフトでは、クラウドがもたらすデジタルトランスフォーメーション(ビジネス推進への貢献)を、次の4つの領域に分けて、企業のデジタル化を支援している。

  1. 「お客様とつながる」:お客様の先のお客様とつながり優れたカスタマーエクスペリエンスを提供
  2. 「社員にパワーを」:優れた人材の確保と生産性の向上によるお客様向けサービスの品質向上
  3. 「業務を最適化」:オペレーティングモデルの変革による業務の革新
  4. 「製品を変革」:デジタルを活用した新しいサービスやデジタルとつながった製品による新しいビジネスモデルの創出

図:クラウドがもたらすデジタルトランスフォーメーション(ビジネス推進への貢献)

 次にマイクロソフトの顧客事例を参照し、モバイルアプリの活用によりデジタルトランスフォーメーションを実現し、サービスの向上で大きな成果を上げている企業事例の概要を見ていこう。

ホワイトペーパー『注目の企業事例13選 企業のデジタル化を推進するモバイルアプリ』
(無料PDF、全21ページ)

『注目の企業事例13選 企業のデジタル化を推進するモバイルアプリ』

本資料(無料PDF、全21ページ)では、モバイルアプリの活用によりデジタルトランスフォーメーションを実現し、サービスの向上で大きな成果を上げている企業事例(全13社)を分かりやすく紹介しています。

掲載事例企業(全13社):Subaru Canada、Real Madrid、Pearson、McDonald’s、Virgin Atlantic、3M 、Hewlett-Packard、株式会社三井住友銀行、株式会社JR東日本情報システム、Alaska Airline、Skanska USA、NAV Canada、AVIVA

資料の無料ダウンロードはこちら!

注目の企業事例5選!モバイルアプリ開発の事例

お客様とつながる――モバイルアプリ開発の事例

事例1:レアル・マドリード「世界中の多くのファンとつながりチケット購入、
会員化等上位顧客セグメントへ誘導するパスを構築」

 世界中にいる4億5000万人のサポーターと、もっと深くつながるためにモバイルアプリを配布。これまで一方通行だったつながりを双方向にしてサポーターが何をしてほしいかをモバイルアプリを通じて提供されるSNS機能、動画配信等の利用動向分析により捕捉。サポーターの意向をクラブの活動に反映させるよう活用している。

 モバイルアプリの機能として、サポーターが望む情報を中心に、試合情報、試合結果とその動画、チケット情報、スタジアム内クーポンやSNSを提供している。

 レアル・マドリード IDによりサポーター一人一人とつながれるようになり、サポーターが何に反応しているかをその属性を含めて捕捉し、サポーターの行動に敏感に反応するキャンペーンを展開できるようになった。

社員にパワーを――モバイルアプリ開発の事例

事例2:株式会社三井住友銀行「渉外業務のデジタル化を推進し、顧客向けサービスの強化」

 2014年頃より渉外業務のデジタル化を推進し、顧客向けサービスの強化を進めている。その中で、住宅ローン事前審査を実行するWindows/iPad 両対応アプリをXamarinを活用し開発。同一アプリは渉外担当が持つWindowsタブレットと提携不動産企業店舗に設置されるiPadに展開されている。

 住宅ローン審査は回答までに数日を要していたが、このアプリにより事前審査が15分で回答されるようになっている。顧客の住宅ローン申し込みの障壁を下げ、渉外担当だけでなく提携不動産店舗でも申し込み受付できることで利用数の増大を狙っている。今後も同様のケースでお客様向けサービス強化を推進される際にXamarinを使ったアプリ開発が期待される。

事例3:株式会社JR東日本情報システム
「顧客満足度向上に向け、基幹系システムから情報を引き出して社員が持つタブレットに配信」

 顧客満足度向上に向け、基幹系システムから情報を引き出して社員が持つタブレットに配信し、その情報を活用して顧客向けサービス強化に役立てている。このモバイルアプリの機能利用状況の捕捉のために、タブレットにはAzureのモバイルアプリの利用状況収集サービスであるHockeyAppを、Web側にはWebアプリの利用状況収集サービスである Application Insightsを導入された。

 モバイルアプリは継続して機能改善を行っていくことが必要であるためユーザーの利用状況の把握は非常に重要で、ユーザーが良く使う機能を強化することは顧客向けサービスの継続的な強化につながる。今後はこのサービスを利用してユーザーの利用状況からニーズを的確に捕捉し適切な機能強化を進めていくことが期待されている。

業務を最適化――モバイルアプリ開発の事例

事例4:Skanska USA「建設現場環境のモニタリングを実現」

 プロジェクト遅延がプロジェクト全体の収支に大きく影響を与える建設現場。そのため業務環境を正確にかつ継続して把握し、必要に応じて素早く対応を行いプロジェクトの計画に反映することが必要になっている。

 そこで振動、空気、熱等を常時モニタリングし、状態を監視しつつ、異常値を早期に関係者に通知することでプロジェクトスケジュールの管理に役立てている。建築現場に設置したセンサーから各種環境情報を収集しクラウドを介してデータを蓄積。異常データは関係者が保有するモバイル アプリに通知される。

 データ収集作業と異常値検知、および、報告作業がアプリにより効率化され確実になっている。プロジェクト遅延回避による建設計画最適化とそれによるコストの抑制が実現されただけでなく、監視をすることによる汚染に関するコンプライアンスの照明も可能になった。

製品を変革――モバイルアプリ開発の事例

事例5:AVIVA「新たな保険料算定モデルとゲーミフィケーションにより新規見込み客を発掘」

 自動車のテレマティクス データをスマートフォンの加速度センサーやGPS等を使って収集し、分析したドライバーの運転安全度を社会的な統計に代わって保険料金の計算に活用して魅力的な自動車保険を提案。Facebookで運転安全スコアを共有し他者と競わせることでアプリの利用者を拡大。結果として見込み客の拡大を実現している。

 運転パターン計測と蓄積やデータのスコアリングを軸にFB連携でのソーシャル展開にも対応。そこからの保険提案につなげている。新規見込み客発掘はもちろんのこと、安全運転スコアを利用したゲーミフィケーションによってドライバーの安全意識を高めることにも寄与。支払い保険料抑制も期待されている。

デジタルトランスフォーメーションを実現するための環境は整った

 上述した企業事例のように、モバイルを活用すれば従業員の生産性向上や、顧客の利便性向上を加速させることは実際に可能だ。また、モバイルアプリを通じた顧客向けサービス強化は企業のデジタル活用を進め、ビジネス獲得や顧客との関係を改善し、サービスのスピードを速め、顧客の対応力を高め、信頼性を向上させることに繋がる。

 こうしたデジタルトランスフォーメーションにおいて、モバイルアプリは大きな推進役となっている。モバイルアプリはスタンドアローンではなく必ず“つながったアプリ”であり、その接続先はクラウドとなる。 マイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」では、各種のサービスを用意しているので、モバイルアプリ開発を容易に進めることが可能だ。また、マイクロソフトはモバイルアプリ自体の開発生産性自体も向上させるべく対応しており、クロスプラットフォーム開発ツールを導入している。

 モバイルアプリは1つ作れば良いというわけではなく、開発対象プラットフォームが複数ある場合はその数の分だけ用意する必要がある。iOSとAndroid等、複数になるケースが昨今はほとんどで、開発工数が単純に対象プラットフォーム分の倍数にならないような工夫が求められる。

 また、マイクロソフトはクロスプラットフォーム開発ツールを提供しているXamarin社の買収を2016年2月に発表し、コア部分をマイクロソフトの開発ツールであるVisual Studioにインテグレーションし無償で利用できるようにしている。このことによりモバイルアプリをクロスプラットフォームで開発できる2つのツール(CordovaとXamarin)をVisual Studio内に無償で揃えている。モバイルアプリの開発ツールであるVisual Studioとクラウドをスムーズに連携させることで、モバイルからクラウドまで包括的に生産性の高い開発環境を実現も可能だ。

 企業の競争力を高めていくためには、デジタル化は今後ますます重要となるだろう。とはいえ、こうしたデジタル化への対応は多くの企業にとって技術やコスト面などで敷居の高い課題だった。だが、多くの企業の事例やマイクロソフトのサービスが示したように、デジタルトランスフォーメーションを容易に実現するためのテクノロジーや開発環境が、今ようやく本格的に整ったと言えるだろう。

ホワイトペーパー『注目の企業事例13選 企業のデジタル化を推進するモバイルアプリ』
(無料PDF、全21ページ)

注目の企業事例13選 企業のデジタル化を推進するモバイルアプリ

本資料(無料PDF、全21ページ)では、モバイルアプリの活用によりデジタルトランスフォーメーションを実現し、サービスの向上で大きな成果を上げている企業事例(国内が全13社)を分かりやすく紹介しています。

掲載事例企業(全13社):Subaru Canada、Real Madrid、Pearson、McDonald’s、Virgin Atlantic、3M 、Hewlett-Packard、株式会社三井住友銀行、株式会社JR東日本情報システム、Alaska Airline、Skanska USA、NAV Canada、AVIVA

資料の無料ダウンロードはこちら!

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5