Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

楽することって悪いこと?ハイパーコンバージドインフラでITインフラ運用が激変する理由

2017/03/09 06:00

運用保守の効率化でIT担当者は価値を高めていくことができる

 ハイパーコンバージドインフラとソフトウェア定義が組み合わさると、IT運用管理はさらに次のステージへと進む。例えばVxRailなら、バックアップ、災害対策、クラウド活用、マーケットプレイスなど必要な機能は多くがソフトウェアベースで提供されている。

 バックアップを考えたとき、ハイパーコンバージドインフラのように集約型だと、災害を想定して別の拠点にバックアップをしておく必要がある。その場合、データ量を最小限にするために重複排除が有効になる。重複排除であれば、Dell EMC Data Domainが高い効率で実施できる。チェックサムの比較、データ障害検出、自動修復機能でコスト対効果の高いバックアップが実現できる。

 組み合わせ次第ではデータ管理はサービス化へと進展する。ハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にvSphere Data ProtectionとData Domainを組み合わせることで、BaaS(Backup as a Service)となる。またハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にDell EMC RecoverPoint for Virtual Machinesを用いることで、DRaaS(DR as a Service)となる。

 さらにハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にCloud Arrayを組み合わせるとSTaaSだ。Cloud Arrayはパブリッククラウドストレージをアーカイブやバックアップとして利用できる。これはクラウド間データ移行やクラウドストレージ連携にも有効だ。平原氏は「パブリッククラウドのコストメリットと企業ITとしてのガバナンスを両立できます」と話す。

出所:EMCジャパン株式会社

 ハイパーコンバージドインフラやソフトウェア定義製品が組み合わさると、さらなる運用効率化が期待できる。最後に平原氏は次のように述べ、セッションを締めくくった。

 「運用保守効率化が進めば、IT担当が運用保守以外に時間を割くことができるようになります。例えばビジネスに貢献する提案などです。そうした分野にITスキルを生かしていければ、IT担当者は自身の価値を高めていくことにもつながります」



著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5