Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

クラウドに関する記事とニュース

407件中141~160件を表示
  • 2015/03/13

    店舗との確執を乗り越え、オムニチャネル化を目指す--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第5回) 

     IT基盤をすべて入れ替え、その中で自社開発体制を整えることに成功した「東急ハンズ」の情報システム部門。IT基盤の刷新の目処がついたところでとりかかったのが、EC部門との統合やマーケティングの施策だった。請負型だった情報システム部門が自ら戦略的に考え、手を動かし、組織を支えるようになっていったのか。キーマンである長谷川秀樹氏へのインタビューを紹介する。第5回は、情報システム部門とEコマース部門の統合についてうかがった。(前回の記事はこちら)

  • 2015/02/24

    エンタープライズ領域で真に使えるハイブリッドクラウドを―IBM InterConnect 2015

     2015年2月23日、米国ラスベガスでIBMの上期最大規模のカンファレンスイベント「IBM InterConnect 2015」が開幕した。このイベントは従来Pulse、Innovate、Impactという3つの名称で別々に実施していたイベントを1つに統合したもの。今回は「The Premier Cloud and Mobile Conference」との副題が付けられており、初日はクラウド・デイとなっている。最初の基調講演では、IBMのハイブリッドクラウド・ソリューションに関する各種発表が行...

  • 2015/02/19

    検証してみて分かった、ゲーム業界から見たSoftLayer

      2月12日、Japan SoftLayer Summit 2015実行委員が「Japan SoftLayer Summit 2015」を開催した。コミュニティ主催の技術カンファレンスという位置づけなので盛大な勉強会という雰囲気も感じられる。ゲームサイトでの検証をテーマにしたパネルディスカッションでは実直な感想や意見交換が行われた。

  • 2015/02/18

    「自社開発」やってみたら簡単で楽しかった--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第4回) 

     「ヒント・マーケット」というコンセプトを打ち出し、V字回復を果たした「東急ハンズ」。その裏側には、ユニークで型破りな戦略思考と情報システム部門の抜本的な改革があった。果たして「東急ハンズ」改革を支えたIT施策とはどのようなものだったのか。キーマンである長谷川秀樹氏へのインタビューを紹介する。第4回は、「自社開発」にするための決断と課題、そしてメリットなどについてうかがった。(前回の記事はこちら)

  • 2015/02/17

    5年で急成長したOpenStack、2015年はどんな年に?

     2月3日、OpenStack Days Tokyo 2015が開催された。基調講演にOpenStack共同設立者でありCOO、OpenStack財団のMark Collierが登壇した。OpenStackは今後どう発展していくのか。

  • 2015/02/12

    出張にまつわる面倒さや無駄な出費を一掃する「Concur Travel」

     ある程度以上の規模を持つ企業では、ITによる業務の効率化は既に行くところまで行き着いた感がある。特に企業の経理部門や総務部門が担う定型業務に関しては、財務会計ソフトウェアやERPなどによるIT化と省力化が進んだおかげで、少なくとも大手企業においてはITによる効率化の余地がほとんど残されていないようにも見える。しかし実は、まだほとんどの企業が業務効率化に乗り出していない広大なエリアが残されている。それが、経費精算や出張手配だ。普段から外回りや出張が多い方なら、これらの作業がいかに煩雑なものか、つ...

  • 2015/01/28

    自社の競争力を支える部分こそ「自社開発」で作る--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第3回) 

     「ヒント・マーケット」というコンセプトを打ち出し、V字回復を果たした「東急ハンズ」。その裏側には、ユニークで型破りな戦略思考と情報システム部門の抜本的な改革があった。果たして「東急ハンズ」改革の一翼を担ったIT施策とはどのようなものだったのか。キーマンである長谷川秀樹氏へのインタビューを紹介する。第3回は、システム全体を短期間で総入れ替えするために行った施策について聞いた。(前回の記事はこちら)

  • 2015/01/21

    CloudとCrowdを活用するクラウド・インテグレーターの老舗Appirio

     2014年、EnterpriseZineで注目度の高かった記事の1つが「これからは『クラウド・インテグレーター』という存在が重要になる!」だ。システム・インテグレーターではなくクラウド・インテグレーター、クラウドコンピューターをインフラにしてその上にアプリケーションやサービスを構築する。クラウドに特化したシステム・インテグレーターだ。

  • 2015/01/19

    人事のグローバル化を支援する―クラウドERPのワークデイ、日本市場に本格参入

     財務・人事アプリケーションをクラウドで提供するワークデイは1月14日、国内市場に本格参入すると発表した。ワークデイは米Workdayの日本法人として2013年に設立され、これまでにグローバル展開した日本企業のカスタマーサポートを中心に業務を行ってきた。今後は、カスタマーサポート、サービス、営業分野で大幅な増員を行い、日本企業に対する人事のグローバル化を支援するという。

  • 2015/01/08

    東急ハンズのIT基盤を「丸ごと全部」再建せよ--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第2回) 

     「ヒント・マーケット」というコンセプトを打ち出し、V字回復を果たした「東急ハンズ」。その裏側には、ユニークで型破りな戦略思考と情報システム部門の抜本的な改革があった。果たして「東急ハンズ」改革の一翼を担ったIT施策とはどのようなものだったのか。キーマンである長谷川秀樹氏へのインタビューを紹介する。第2回は、システム全体を短期間で総入れ替えすることになった経緯について聞いた。(前回の記事はこちら)

  • 2014/12/19

    「多くの人がデータを活用できるようにする」 ―人工知能「Watson」を活用した分析サービスが登場!

     日本IBMは12月18日、「IBM Watson Analytics」の正式版をビジネス向けに提供開始した。Watson Analyticsは、コグニティブ・コンピューティング(認知にかかわる情報処理)を具体化したSaaSで提供するサービスだ。Watson Analyticsの特徴や技術、既存サービスとの違い、適用業務などについて紹介する。

  • 2014/12/15

    現場の反発で頓挫した新システム導入--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第1回) 

     「ヒント・マーケット」というコンセプトを打ち出し、V字回復を果たした「東急ハンズ」。その裏側には、ユニークで型破りな戦略思考と情報システム部門の抜本的な改革があった。果たして「東急ハンズ」改革の一翼を担ったIT施策とはどのようなものだったのか。キーマンである長谷川秀樹氏への連続インタビューを紹介する。第1回は入社当初のプロジェクト推進についてうかがった。

  • 2014/11/20

    セールスフォース・ドットコムの1ミリオンドル・ハッカソン挑戦記

     セールスフォース・ドットコムの年次カンファレンス「Dreamforce」は、いまやベンダーのプライベートイベントとしては最大規模なものだろう。次期大統領戦出馬が噂されるヒラリー・クリントン氏なども登場し、話題性も抜群だ。そんなDreamforceと併催されていたのが「SALESFORCE $1 MILLION HACKATHON」。これは、いまの為替レートなら賞金総額が1億円を超える大規模なハッカソンだ。優勝すれば起業し成功者となる夢を、一気に叶えるチャンスかもしれない。

  • 2014/11/14

    AWS、新データベースエンジンAmazon Auroraを発表

     11月12日、Amazon Web Services(以下、AWS)は年次イベント「re:Invent」の基調講演にて新しいデータベースエンジン「Amazon Aurora」、コード管理と展開のためのサービス群、鍵管理などセキュリティやガバナンスのためのサービス群を発表した。

  • 2014/11/13

    「AWSとは異なる」―SoftLayer買収でIBMが目指すクラウドとは?

     IBMがSoftLayerの買収を完了したのは2013年7月のこと。まだ1年ちょっとしか経過していないが、いまやすっかりIBMのクラウドビジネスの主役となっている。もちろんSoftLayerが加わる以前からIBMはクラウドに取り組んではいたけれど、市場への出遅れ感は否めなかった。それが一気に並みいるライバルと肩を並べるポジションに順位を上げた。

  • 2014/11/12

    廉宗淳氏「まず自分から動かないといけない」―自治体と学校教育が抱えるITの問題点

     佐賀県や青森県をはじめ、長らく地方自治体の情報化推進に尽力してきた廉宗淳氏。現在は、学校教育の情報化に対しても積極的な活動や提言を行なっている。日本と韓国の公共分野のITを熟知する廉氏に、自治体と学校教育が抱えるIT活用の問題点について聞いた。

  • 2014/11/10

    顧客が待ち焦がれた、管理お任せデスクトップ―Amazon WorkSpacesが登場

     「Amazon WorkSpacesは、ユーザー側では管理のいらないデスクトップのクラウドサービスです」と語るのは、Amazon Web Servicesのプロダクトマーケティング担当プリンシパルのPaul Duffy氏。この仮想デスクトップのサービスは、長年顧客からの「待ち焦がれている」という声に応え提供を開始したものだ。

  • 2014/10/30

    IBMのWatsonエコシステムが始動、Twitterとも提携

     ラスベガスで開催されたIBM Insight 2014。ヘルスケア、料理、旅行など、エキスパートの知見を自然言語で応答するWatsonアプリケーションが紹介され、最終日には、Twitterとの提携も発表された。こうしたIBMの動きから見えてくるのは、アナリティクスとコグニティブの技術によるWatsonエコシステムの世界だ。

  • 2014/10/30

    これからは「クラウド・インテグレーター」という存在が重要になる!

     セールスフォース・ドットコムの年次イベント「Dreamforce 2014」の会期中、何度も耳にしたのが「スピード」という言葉。そして、クラウド時代に求められる「ビジネスのスピード」を実現する新たなソリューションとして発表されたのが「Salesforce1 Lightning」だ。これ、セールスフォース・ドットコムの言うところによると「最速のモバイルアプリケーション構築ソリューション」とのことだ。

  • 2014/10/21

    Salesforceは「WAVE」に乗れるか?―Dreamforce 2014基調講演レポート

     セールスフォース・ドットコムの年次イベントDreamforce 2014が始まった。いまや、サンフランシスコのモスコーン・コンベンションセンターで開催されるイベントとしては、最大規模に成長したのではないかと思わせるくらいものすごい数の人々が会場に詰めかけている。CEOのマーク・ベニオフ氏は、この大規模なイベントはセールスフォース・ドットコムから一方的にメッセージを伝える場ではなく、むしろ参加している人たちからの声を聞く場であり、Salesforceを活用し成功している顧客の声を、他の参加者の人...

407件中141~160件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5