Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

DBに関する記事とニュース

331件中141~160件を表示
  • 2015/11/16

    ニューヨークへ行きたいか?!Strata + Hadoop World 2015は今年も盛況

     今回は、連載をちょっと中断してイベントレポートをお届けします。大規模データ処理基盤 Hadoop のテクノロージーカンファレンスの一つであり、規模も最大級であるStrata + Hadoop Worldが今年もニューヨークで開催されました。例年、Hadoop 関連ベンダー各社が大きな発表をぶつけてくるのに加え、先進的なユーザ事例や興味深いデータサイエンスの取り組みを知ることができる貴重な機会でもあります。今年の目玉は何なのか!?ということで、Hadoop Worldに潜入しました。

  • 2015/11/05

    クラウドサービスの拡充と「SPARC M7」でクラウドの勝者を目指すオラクル【フォトレポート】

     オラクルは10月25日からアメリカのサンフランシスコにてOracle OpenWorld(以下、OOW)を開催した。クラウドサービスの大幅な拡充、次世代プロセッサ「SPARC M7」とそれで実現する「Software in Silicon」技術、Oracle Database 12c R2などが目を引いた。主要な登壇者を通じてイベントで発表されたトピックをレポートする。

  • 2015/11/02

    地球外生物の声を聴くために、SETIとIBMはSparkを活用することにした

     2015年7月にIBMは自社のHadoopディストリビューションである「IBM BigInsights for Apache Hadoop」に「Apache Spark」を組み込むと発表した。その際に、Sparkはたんなる新たなデータストアではなく、アナリティクス・アプリケーション開発の基盤になるものだと説明している。さらには、Sparkがアナリティクス製品のOSのような存在になるとも。そのために、IBMのアナリティクス製品に今後はどんどんSparkを取り込んでいくという。

  • 2015/10/30

    リレーショナルデータベース全盛時代 009

     1990年。エドガーコッドのリレーショナルモデル論が1970年に発表されてから20年後。IBMメインフレームが全盛を極めていました。そんなIBMですが、その後のソフトウェアの時代には乗り遅れてしまいます。

  • 2015/10/30

    MySQLで高可用性の新標準となるか?SCSKがOracle Clusterwareを実機検証した!

     Oracle(R) Real Application Clusters (Oracle RAC)経験者にはおなじみのツールとしてOracle(R) Clusterwareがあります。実はこれが2014年夏に正式にMySQL Enterprise Editionに対応しました。これを受け、MySQL技術のトップエンジニア集団を自負するSCSKが「本当に使えるのか。提案する前にきちんと確かめたい」と検証を行いました。SCSKは、MySQLの案件を数多く手掛けるだけでなく、自社においても社員1万人が...

  • 2015/10/30

    「新しく生まれる全てのデータを分析する」テラデータCEOマイク・コーラー氏インタビュー

     今後のIoTの時代を見据え、Analytics of Everythingというコンセプトを打ち出したテラデータ。もともとデータに重きを置き、それを分析し顧客のビジネスに活かすことに長年注力してきた。新コンセプトで同社の戦略はどのように変化するのか。テラデータ・コーポレーションのCEO マイク・コーラー氏に話を訊いた。

  • 2015/10/29

    今年のOpenWorldは「クラウド」押し―ラリー・エリソンが語る3つのクラウド

     今週はOracleの年次カンファレンスイベント「Oracle OpenWorld」が開催、CTO ラリー・エリソン氏の姿を拝むべく米国サンフランシスコを訪れた。Oracle Database 12c Release2の話題もあったが、今年のOpenWorldはとにかく「クラウド」を前面に押し出したイベントとなっていた。

  • 2015/10/28

    速いだけじゃ選べない!オールフラッシュ導入の勘所―兼松エレクトロニクスが決めた理由!

     近年、仮想化環境の普及やビックデータの有効活用(Analytics)などによりストレージIOがボトルネックとなるケースが増えてきている。性能改善の有効打となるのがオールフラッシュ。兼松エレクトロニクスは自社の業務基盤にEMCのオールフラッシュXtremIOを導入し、製品を徹底的に評価した。環境構築で実績のある同社が見るXtremIOの特徴とは? 兼松エレクトロニクスのビジネス開発本部 ビジネス戦略室の関口忠宏氏に話を訊いた。

  • 2015/10/28

    N1QL入門編

     前回は、Couchbase SDKライブラリを利用したプログラムのコーディングを開始し、Couchbase Serverへ接続して、カウントを集計する簡単なN1QLを実行しました。今回はN1QLならではの、"ARRAY", "UNNEST", "JOIN"を利用したクエリや、グローバルセカンダリインデックス(GSI)を利用したクエリの高速化をご紹介します。

  • 2015/10/27

    Java 20周年おめでとう!これまでとこれから【フォト・レポート】

     2015年10月25日からアメリカのサンフランシスコにて恒例のJavaOneが開催されました。基調講演ではJavaに関係するキーパーソンが次々と登壇。最後にはあの人も登場して持ちネタを披露。JavaOneの様子をフォト・レポートでお届けします。

  • 2015/10/27

    デジタルデータの喪失は大きな課題――アクロニス創設者 セルゲイ・ベロウゾフCEOに訊く

     システムバックアップ/リカバリのソリューションを提供しているアクロニス。現在は、システムのバックアップだけでなく、災害対策などのデータプロテクション領域のサービスをグローバルに展開している。データのバックアップとシステム全体を保護するシステムバックアップの違い、さらにはデータプロテクションの最新動向について、アクロニスの創設者でCEOであるセルゲイ・ベロウゾフ氏に話を訊いた。

  • 2015/10/26

    モバイル、データ・マネジメント、セキュリティが2016年度の成長分野――ITR アナリスト舘野真人氏

     独立系でIT調査やコンサルティングを行うITRは、ユーザー企業を対象とした「国内IT投資動向調査2016」の速報を発表した。総じてIT投資金額の増減はプラスで堅調に推移し、投資先はリスク対策が重視される傾向にある。同社のアナリストが紹介した調査結果の要点をレポートする。

  • 2015/10/23

    すごいアプリケーションを作りたいならCassandraを使ってみよう

     いまや、エンタープライズな領域で利用されるNoSQLデータベースにもさまざまなものがある。そんな中でも「Cassandra」は、分散データベース管理システムとして大規模データの格納で評価されているNoSQLデータベースの1つだろう。実際にビッグデータを扱うデータベースとしてどのような点が優れているのか、DataStax社に所属していてApache Cassandraのチーフ・エバンジェリストでもあるパトリック・ムクファディン氏に話を訊いた。

  • 2015/10/22

    CTOに訊く、テラデータとオープンソースのこれから

     テラデータは独自の技術で業界をリードしてきたイメージが強い。とはいえここのところは、Hadoopを積極的にソリューションに取り込んでいる。さらに今回のTERADATA 2015 PARTNERSのタイミングで発表されたTeradata Listenerでも、Apache Kafkaなどのオープンソース・ソフトウェアを積極的に活用している。今後のテラデータの技術的な方向性についてテラデータ・コーポレーション CTO スティーブン・ブロブスト氏に話を訊いた。

  • 2015/10/21

    Uberだけじゃない!Analytics of Everythingの時代がやってくる

     米国カリフォルニア州アナハイムで「TERADATA 2015 PARTNERS」が始まった。参加登録者数はバーチャルカンファレンスも含め5,000人程。ITベンダーのプライベートイベントとしては、それほど大規模なものではないだろう。というのもこのカンファレンスは、ベンダーであるテラデータ・コーポレーションが主催ではなく、テラデータのユーザー会主催のイベントだからと言うのもある。つまり、ベンダーがマーケティング的に大勢の顧客や顧客見込みの人たちを集めるのではない。実際にテラデータの製品を利用して...

  • 2015/10/20

    「シャドーIT」に注意――加速するクラウドファースト、IT部門はガバナンスを重視したクラウド運用を

     第1回の「いま企業で多いハイブリッドクラウドの利用パターンは?」では、ハイブリッドクラウドの利用ニーズや利用パターンについて、第2回の「イブリッドクラウドを構成するレイヤ別の連携方法とは?」では、ネットワーク、クラウド管理ポータル、ミドルウェアなどレイヤごとの連携方法について解説した。今回は、IT部門の立場から、ハイブリッドクラウドを構築運用するにあたってのポイントを解説する。

  • 2015/10/19

    デベロッパーの皆様、SQL Server - JSON 始めました (後編)

     こんにちは。プレミア フィールド エンジニアの笹木です。前編に引き続き、SQL Server 2016 の JSON 対応について見ていきたいと思います。後編では、JSONの値を SQL Server の表形式データとして格納する「OPENJSON」と JSON に関わる組み込み関数に焦点をあてます。尚、この後編で説明する機能は、SQL Server 2016 CTP 3から利用可能になる予定です。

  • 2015/10/15

    わがミッションクリティカルは永久に不滅です

     唐突ですが、ごく一部のミッションクリティカル愛好家の方々に愛されてきた本連載、何と今回が最終回です! 「ミッションクリティカルなデータベースの構築・運用」というお堅いネタを、なるべく分かりやすく噛み砕いて、面白おかしく紹介しようという趣旨で始まったこの連載ですが、果たして本来の目的を達成できたかどうか……「面白おかしく」の部分ばかりが先行して、肝心の「ミッションクリティカル」がおざなりになってしまった気がしないでもないのですが……。というわけで、決して罪滅ぼしというわけではないのですが、最終回...

  • 2015/10/14

    次のSQL標準にはデータレイクを想定した表関数が出るとか?

     8月28日に第3回目のDB Offlineが開催された。今回のテーマはデータレイク。そもそも何なのかから始まり、次のSQL標準にはデータレイクの存在を想定した新たな関数が登場するという。どのように活用するのか。

  • 2015/10/13

    シャーディングにおける性能(前編)

    本連載ではこれまでMongoDBの性能にフォーカスし、単体構成とレプリケーション構成における性能の考え方を説明してきました。今回と次回ではシャーディングにおいてどのように性能向上をさせていくかを説明していきます。

331件中141~160件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5