Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DB」に関する記事

385件中61~80件を表示
  • 2016/11/10

    「100%オープンソース」で急進するホートンワークス

     Apache Hadoopのディストリビューターという意味では、最も後発となるホートンワークス。10月26日から開催された「Hadoop Summit 2016 Tokyo」では基調講演を主導するなど、Hadoopコミュニティでは中心的な存在になっている。ホートンワークスジャパン カントリーマネージャー Jeff Markham氏が記者向けに同社のビジネス戦略を説明した。

  • 2016/11/02

    クラウドでの利用も安心! SQL Server におけるデータ暗号化

     今回はSQL Server 2016 で機能強化されたAlways Encryptedという機能について掘り下げてご紹介したいと思います。ただ、弊社プレミアフィールドエンジニアである本間が以前「Always Encrypted登場!(前編)(後編)」と題しまして細かな設定等については記事を載せておりますので、本記事ではもう少し俯瞰的な観点でAlways Encryptedについてご紹介いたします。

  • 2016/10/28

    過渡期を迎えたWatson、あらゆるビジネスシーンに―World of Watson 2016開幕

     2016年10月24日、米国ラスベガスで「IBM World of Watson 2016」が開幕した。このイベント、昨年までは「IBM Insight」と呼ばれていたもの。アナリティクスのツールやそのインフラであるデータベースなどの話題が中心となっていた。昨年くらいからコグニティブ関連、つまりはWatsonの話題がぐっと増えており、今年は名実ともにWatsonのイベントとなったようだ。この名称になった背景にはIBMの製品、サービスのブランディング変更も関係しているかもしれない。IBMでは製品...

  • 2016/10/26

    今さら聞けない列ストアインデックスの仕組みと進化・活用シーン(後編)

     前編では前提としてご理解頂きたいxVelocityテクノロジに関して少々長めにご説明しました。後編では列ストアインデックスの進化をバージョンを追ってご説明し、皆様がご担当されているシステムで列ストアインデックスを活用できる場面が増えてきていることをご理解頂ければ幸いです。

  • 2016/10/21

    SaaSのSalesforceとIaaSのAWSがPaaSを仲立ちに手を結ぶ

     ここ最近で業界を大いに騒がせたのは、Twitterの買収報道だろう。買収価格は2兆円とも言われ、買い手としてはグーグルの持ち株会社アルファベットやウォルト・ディズニー、アップルなどの名前が挙がっていた。とはいえ、彼らは次々と買収から手を引いたとの報道が。その後も最後まで残っていたのが、SaaSのトップベンダーSalesforce.comだった。SalesforceがTwitterを取り込むとどんなシナジーが発生するのか。個人的にはメリットよりも、Twitterという莫大なユーザーを抱えるソーシ...

  • 2016/10/19

    今さら聞けない列ストアインデックスの仕組みと進化・活用シーン(前編)

     前回の記事では SQL Server のメモリ最適化OLTP エンジンについてご紹介しました。今回は SQL Server における分析ワークロードを高速化する列ストアインデックスについてご紹介します。列ストアインデックスでは、SQL Server のメモリ最適化テクノロジの一つであるxVelocity メモリ最適化列ストアインデックスの技術が利用されています。本記事の前編では、xVelocityメモリ最適化列ストアインデックスでのデータ圧縮およびBatch Mode処理の動作をご紹介し、後編...

  • 2016/10/14

    雲の上のスパイ

    暮らしのITまんがです。

  • 2016/10/11

    H/Wの進化を活かしきるSQL Serverのインメモリテクノロジー

     前回は、SQL Serverがもつ広範な適応能力を皆様にご紹介する目的でSQL Server入門シリーズを連載しました。こちらの記事を読んで頂いた方々は、SQL Serverという製品がリレーショナルデータベースという単体機能だけでなく、データを取り巻くあらゆる物事を実現する為の総合的なデータプラットフォームであるということを理解頂けたものと思います。今回の連載では、今一度原点に立ち返り、SQL Serverのデータベースエンジンに絞って、ここ数年のお客様との会話で話題にあがることが多い”イン...

  • 2016/10/05

    サンフランシスコで急成長するサービス成功の秘訣は「エンジニアの支持」―イノベーション・ツアー記

     今週は、Salesforce.comの年次カンファレンスイベント「Dreamforce 2016」の取材で米国サンフランシスコを訪れている。今年のテーマは「Customer Trailblazers」となっており、先駆者となって顧客との関わり方を変革する、その変革を牽引する人にフォーカスを当てている。イベントの本格的な開幕は、現地時間の4日火曜日から。その前日3日には、プレス向けに今急激に成長しているサンフランシスコの元気ある企業を訪問する「イノベーションツアー」が開催された。

  • 2016/10/04

    ノーチラス神林氏が語る、次世代データベースの大競争時代の現状

     去る7月15日、db tech showcaseにてノーチラステクノロジーズの神林飛志氏が次世代データベースについて、特に分散データベースの将来について動向を解説した。ここでは本題に関わる部分を紹介する。

  • 2016/09/30

    空間検索エンジンを支えるAzureの比類なき貢献――トライトゥルー寺田真介CEOに訊くクラウドの価値

     空間検索の領域でGoogleにも負けない新たな検索エンジンを作る。全ての空間情報を整理することで、日々の生活を便利にする――これを実現しようとしているのが、日本のスタートアップ企業であるトライトゥルーだ。独自の「空間検索エンジン」を開発し、歩いて5分以内の全ての場所を検索できる検索サービス「Pathee(パシー)」を提供している。そして、このトライトゥルーのチャレンジをインフラ面から支えているのがMicrosoft Azure(以下、Azure)だ。トライトゥルー代表取締役CEO 寺田真介氏に...

  • 2016/09/26

    思ったより普及していなかったクラウドはどこへ向かうのか

     クラウド、言われていたほど普及していないよね、という話の続きです。反省はまだしておりません。

  • 2016/09/23

    「ふつう、これくらいできるよね?」ができない、エンタープライズITを変えたい―ワークス 廣原亜樹さん

     「よいプロダクト」と言ったときに何を思い浮かべるだろう? 革新的な技術を持っているか? 顧客に受け入れられるものであるか? たくさん売れて、会社に利益をもたらすものか?――ITの仕事をしている人であればだれもが考えることだろう。今回登場するワークスアプリケーションズの廣原亜樹さんは、ユーザー企業での情シスを経て、パッケージソフトメーカーに転職、その過程でつねに「よいプロダクト」について考えてきた。廣原さんがたどり着いた「よいプロダクト」とはどんなものだったのだろう?

  • 2016/09/23

    SPARC版Exadataが満を持して登場、「エンジニアドシステムは誰にも真似できない」

     Oracle OpenWorld 2016も4日目に突入。本日は、ハードウェアの日だ。特にソフトウェアとハードウェアを一緒に開発することで、それぞれの能力を最大限に引き出そうというOracle Exadataをはじめとしたエンジニアードシステムにフォーカスが当てられた。

  • 2016/09/22

    OracleはJavaOneでのメッセージ発信でコミュニティからの不信感を払拭できたのか

     米国サンフランシスコで行われているOracle OpenWorld 2016と併催されているのが、Java開発者が一同に集う恒例イベント「JavaOne 2016」だ。実は今回のJavaOneが開催される前に、OracleがJava EEの開発から手を引くのではとの憶測も出ていた。そのことに対する一部コミュニティの具体的な動きもあり「日本Javaユーザーグループ、Java EE仕様策定プロセスの移管をOracleに求める世界的な活動への支援を表明(https://codezine.jp/art...

  • 2016/09/21

    レガシーモダナイゼーションのためのビジネスルール分離―変革の時代のための基幹システムの姿とは

     デジタルトランスフォーメーションを成し遂げることが命題となる中、企業のITにはダイナミックな変革を支える柔軟性とスピード感が求められています。しかし、ビジネスの中核を担う基幹システムが変革を阻む枷となってしまっているケースがあります。従来、基幹システムで最も重視されたのは自社のビジネスを止めないための堅牢性であり、そこに多額の投資が行われてきました。さらにそこには様々な機能が追加され長年使い続けられています。

  • 2016/09/20

    第2世代のIaaSで「AWSの市場も取りにいく」とラリー意気込むーOOW2016が開幕

     今年も米国サンフランシスコでOracleの年次カンファレンスイベント、「Oracle OpenWorld 2016」が開幕した。初日となる18日日曜日には、併催のJavaOneのキーノート、さらには会長兼CTOのラリー・エリソン氏のキーノートセッションが行われた。今年のメインテーマはクラウド、会場のあちらこちらには「The Fastest Growing Cloud Company」というバナーがあり、クラウドのビジネスが急成長していることをアピールしている。

  • 2016/09/16

    みどりのゾウが東京にやってくる! ―Hadoop関連トピックを2つほど

     すっかりご無沙汰してしまった本コーナーですが、久々のご挨拶がわりにちょっと宣伝を。9月28日 - 29日に東京・六本木で行われるワークスアプリケーションズ主催の年次カンファレンス「COMPANY Forum 2016」、2日目午後の若手/中堅のWebエンジニア向けセッション「世界で通用するエンジニアに必要な経験とは」(G-2-2)で、ワタクシがモデレータを務めさせていただくことになりました。登壇するパネリストは、ご存じ"Rubyパパ"のまつもとゆきひろさん、ワークスアプリケーションズ フェロー...

  • 2016/09/16

    クラウドが思ったより普及していない件

     毎度おなじみ、全力で反省したりしなかったりのIT屋のおふたりでございます。今回のお題はクラウドです。

  • 2016/09/09

    小手先のワードに振り回されるな!10年後も戦える企業であるために【戦略的データマネジメント講座】

     コンピューターは効率化とともにありました。正確に、迅速に、安く――当初「計算機」と呼ばれたコンピューターは何より会計に利用されることになります。そこで求められたことは1円の狂いもない正確さです。しかし、これは1998年の検索サービス登場以降、劇的な変化を迎えます。検索の結果が正確であることは誰も保障しません。つまり、“なんとなく正しい”ことがコンピューターに認められるようになったのです。そして、今また、大きな変化を迎えています。データ分析の先に機械学習が、人工知能が見えてきました。

385件中61~80件を表示
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5