Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

著者情報

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

執筆記事

  • hitachiarena.gif
    2013/03/05

    日立データベースのユーザーさんに直接話を聞いてみた

    日立のデータベースについてあれやこれや紹介してきた本連載も、はや4回目。過去3回は、主に日立の社内でデータベースの仕事に携わる方々を対象に話を聞いてきたのだが、そろそろ飽きてきた……いや、決してそういうわけではなくて、何というか、やはり日立の社員が日立の製品やソリューションについて語るとなると、手前味噌というか、自画自賛というか、どうしても「いいことしか言わないんじゃないの?」という疑念が拭いきれないというか。なので今回はちょっと趣向を変えて、日立のデータベースを使う...

  • 日立arena.gif
    2013/02/18

    データ・アナリティクス・マイスターのお仕事

    日立のデータベースにまつわるもろもろのお話を紹介していく本連載。第3回目となる今回のお題は「ビッグデータ」だ。

  • 4481_a.jpg
    2013/02/04

    マイクロソフトサポートの「中の人」に会いにいった(後編)

    前回は、日本マイクロソフトの品川本社オフィスにお邪魔して、同社のサポート業務に携わるさまざまな立場の方々にお話を伺った。さて今回は、マイクロソフトのもう1つのサポート拠点、調布市にある「マイクロソフト調布技術センター」にやってきた。マイクロソフトのオフィスが調布にあることを知らない人も多いかと思うが、実は製品サポートを担当するサポートエンジニアの大部分は、この調布オフィスで働いているのだ。

  • 4480_a.jpg
    2013/01/30

    マイクロソフトサポートの「中の人」に会いにいった(前編)

    IT製品には付き物の「サポートサービス」。特に、オープン系のパッケージソフトウェア製品を利用する際には、万が一のトラブルに備えて、ベンダーのサポートサービスが受けられるようあらかじめ備えておくことは、今や常識だ。

  • 日立arena.gif
    2012/11/02

    日立データベースの「中の人」に会いに行こう!

     さて前回は、日立製作所(以下、日立)が国産データベースベンダーとして、頑なにまで自製主義にこだわりながら、これまで数々のデータベース製品を開発してきた経緯や歴史をざっと紹介してみた。同社いわく、「開発者の顔が見える」「身近に感じてもらえる」「製品の保守対応が迅速に行える」というのが、国産ベンダーならではの強みなのだという。とはいえ、「データベース開発者の顔が見える」と言われても、何だかピンとこない人も多いと思う。何せ、普段Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server...

  • 日立arena.gif
    2012/10/16

    「日立もデータベースベンダー!」―マントラに導かれて

    データベースといえば、日立ですね。え、日立ですか?日立って・・・データベースやってる・・・っけ?―そんな皆さんにお届けする新連載「日立のデータベース」。その名の通り、日立のデータベースについて紹介していきます。なんだか、いろいろあるみたいですよ!

  • arina.jpg
    2012/10/04

    ビッグデータ分析による"人間理解の深化"がビジネスを加速させる―トランスコスモス・アナリティクス 萩原雅之氏インタビュー

    データ活用の優劣がビジネス成功の鍵を握ると言われるようになって久しいが、企業マーケティングの世界ではビッグデータを活用した取り組みが早くも始まっている。2012年5月に設立されたトランスコスモス・アナリティクスの副社長を務める萩原雅之氏は、この分野における第一人者だ。そんな同氏に、ビッグデータビジネスの最新事情について話を聞いた。

76件中50~56件を表示



All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5