Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DB/データテクノロジー」記事一覧

DB/データテクノロジー

521件中121~140件を表示
  • 2016/06/02

    MongoDBの高可用構成(後編)

     本連載では、前回と今回の二回にわたって高可用構成について説明します。前回は、どのように高可用構成を組めばよいか説明しました。今回はレプリケーションでよくある問題ということで、レプリケーション遅延が発生する理由と、遅延から発生する「oplog溢れによるレプリケーション不能」および「プライマリ故障によるデータ不整合」という二つの問題について説明します。

  • 2016/06/01

    「PostgreSQL」 使いこなしの極意――OSS共通の課題を乗り越える

     OSS(オープンソースソフトウェア)のデータベースであるPostgreSQLへの関心が高まっている。しかし、コミュニティ版である“素のPostgreSQL”を使いこなすのは難しい。企業システムで利用しようとすれば、サポート面が不安であったり、信頼性や可用性の確保がままならなかったりするからだ。これはPostgreSQLだけの問題ではなく、OSSを企業が活用する際の共通課題かもしれない。この解決には、OSSの扱いに慣れたパートナーを見極め、彼らとどう付き合うかが鍵となる。

  • 2016/05/31

    中堅、中小企業でもあきらめない!論理レプリケーションだからできるデータベースの災害対策と止めない移行

     データベース活用のトレンドには、今日、2つの側面がある。1つは、ビッグデータ活用に代表されるデータ活用で新たなビジネス価値を得る動き。もう1つが、データベースに格納される重要な情報を確実に保護することだ。双方を実現する上で有効な機能がレプリケーションだ。特に今注目なのは、リアルタイムな論理レプリケーション機能。これがデータベースから新たな価値を生み出している。

  • 2016/05/31

    SQL Serverのサポートは“天職”―日本マイクロソフト 神谷雅紀さん

     今回のDBプロはマイクロソフトでSQL Serverのサポートで働く神谷雅紀さん。現職に就いてからもう20年近くになる。安定的に仕事を続けられる背景には考え方やライフスタイルがあるようだ。

  • 2016/05/30

    非構造化データを扱うファイルストレージもオールフラッシュで

     ピュア・ストレージ・ジャパンは、実効容量ギガバイト単価が1ドル未満となるブレード型のオールフラッシュ・ファイルストレージ「PureStorage FlashBlade」を発表した。企業のビッグデータ活用においては、非構造化データをどう扱うかが鍵となる。これまでは構造化データを扱うデータベース用のブロックストレージなどのオールフラッシュ化には、各ベンダーが積極的に取り組んできた。一方で、非構造化データ向けのNASファイラーやスケールアウトNASは、安価に大容量データを扱うことを重視するので、大容...

  • 2016/05/27

    SQL制御のスペシャリストが教える「難ミッション」両立のヒミツ―日立製作所 白木晶子さん

     高い信頼性で知られ、ミッションクリティカル領域で豊富な実績を誇る国産データベース製品「HiRDB」。その心臓部ともいえるSQL制御コンポーネントの設計開発に長年携わっているのが、日立製作所(以下、日立) ICT事業統括本部 DB部 技師の白木晶子さんだ。白木さんはまた、3児の子育てに日々奮闘する母としての顔も持つ。「DBプロ」と「DBママ」。この2つの難ミッションを、白木さんはどうやって両立させているのだろうか?

  • 2016/05/26

    ビジネスコアのすべてをSaaSで―ネットスイートCTOに訊く

     本格的なERPアプリケーションをSaaSの形で提供しているベンダーは、正解にもまだまだそれほど数多くない。そんな中、SaaS ERPベンダーとしては老舗と言えるのがネットスイートだ。同社のサービスの特長は、ビジネスのトランザクションをクラウド上の1ヶ所に集め、それをプラットフォームとしその上に柔軟なERPアプリケーションを構築していることだ。今回の週報では、ネットスイートの創業者で、会長兼チーフ・テクニカル・オフィサーのエバン・ゴールドバーグ氏へのインタビューをお届けする。

  • 2016/05/25

    ロボットは東大に入れるか? NII 新井紀子教授が語るAI技術の現状と課題

     急速なAI技術の発達により、機械による知的作業の代替が進みつつある。大学受験のような高度な知的タスクも"AI for Exam"として世界中で研究され、中でも最先端を進むのが日本の「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトだ。そのリーダーである国立情報学研究所(NII)教授の新井紀子氏が予測する「AI導入後のビジネス変化」とはどのようなものか。「ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2016」での講演を紹介する。

  • 2016/05/23

    データサイエンティスト育成のプロフェッショナル―日立インフォメーションアカデミー 田中貴博さん

     本連載の読者のほとんどは、多かれ少なかれ「データサイエンティスト」という職業に関心を抱いておられることだろう。中には「データサイエンティストを実際に目指している」「データサイエンティストになるべく勉強を重ねている」という方もいるかもしれない。そんな方々にとって、今回ご登場いただく日立インフォメーションアカデミー サービス企画部 主任技師の田中貴博さんは、実に興味深い人物であるに違いない。なぜなら、田中さんは「データサイエンティストを育成するプロ」なのだ。

  • 2016/05/17

    MongoDBの高可用構成(前編)

     本連載では、今まで性能について説明してきました。今回から二回に渡って、高可用構成について説明します。本連載は中級編ですので、レプリケーションの基本事項は説明を割愛します。具体的にはプライマリやセカンダリの役割、フェイルオーバやリカバリの基本的な動作は説明しません。

  • 2016/05/16

    大切なことはすべて500万行のソースコードに教わった――ワークスアプリケーションズ 井上誠一郎さん

     今回登場するのは、DBオンラインの人気連載「IT屋全力反省会」でもおなじみのワークスアプリケーションズ 井上誠一郎さんだ。ノーチラステクノロジーの神林さんのマシンガントークをパッと受け止めサラリと返す絶妙なバランス感覚を見せる井上さん、これまでどのような道程を歩んできたのだろうか。

  • 2016/05/13

    SQL Serverの構造を理解する

     あっというまに5月になりました。新しい環境でデータベースを学び始めた方も多いのではないでしょうか?本連載では、データベースを学び始めた方々に、SQL Serverのリレーショナルデータベースの構造や基本的な利用方法などをお伝えしていきたいと思います。

  • 2016/05/12

    Spark環境の構築と運用の煩わしさを排除し、分析に専念できるSpark環境の選択肢

     ビッグデータの活用やアナリティクスの世界で、今もっとも注目を集めている技術がオープンソースの分散処理基盤のSparkだ。しかし、ユーザーの注目度はかなり高いものの、Sparkはまだまだ新しい技術、使いこなすのはそれほど簡単ではない。そんな中、IBMではユーザーがSparkをスムーズに導入し、容易に使いこなせるように自社製品やサービスにSpark技術を積極的に取り込み始めている。IBMがSparkを積極的に推進する理由と、快適なSpark利用を支援する「IBM Platform Conducto...

  • 2016/05/10

    Always Encrypted 登場!(後編)

     こんにちは、日本マイクロソフト プレミアフィールド エンジニアの本間です。前編に引き続き、Always Encryptedについて紹介を続けていきます!後編では、予告した通り、既に作成してある簡単なサンプルアプリケーションとデータを、Always Encryptedに対応させる流れを見てみたいと思います。

  • 2016/05/10

    IoT時代のビッグデータ活用プラットフォームの本命はSparkとなるか?

     ビッグデータの活用が話題になり、近年になって注目を集めたのがHadoopだった。ビッグデータを扱うにはHadoopが本命であり、Hadoopこそが今後のビッグデータを扱うプラットフォームの主流になると思われた。実際にHadoopの利用は増えている。しかし、Hadoopを導入しさえすれば、ビッグデータ活用の技術的な課題を解決できるわけではない。そこで今、新たに注目を集めているのがSparkの活用だ。本稿では、Hadoopの実態と課題、Sparkとの関係を整理しながら、Sparkの特徴と今後の可能...

  • 2016/05/09

    オラクル寡占は打破できますか? オープンソースはどうですか?

     データベースの「技術」に焦点を当て、反省した(してない)前回に引き続き、今回はデータベースのビジネスについて語り合います。

  • 2016/05/09

    EMCとDELLの統合は「双方のいいとこどり」――EMC World 2016

     EMC World 2016が米国ラスベガスで開幕した。今回のイベントが16回目、テーマはMODERNIZEだ。既存のシステムをMODERNIZEし、データセンターをMODERNIZEする。MODERNIZEにより効率化を行い、それで削減されるITコストを第3のプラットフォームで実現する新たなイノベーションに投資する。そうすることでビジネスそのものをMODERNIZEするという流れだ。

  • 2016/05/02

    データマネジメントはなぜ失敗するのか?【戦略的データマネジメント講座】

     データマネジメントは、ユーザビリティとガバナンスの狭間で行ったり来たりを繰り返しています。「利用者が自分でカスタマイズし分析ができます。Excelライクなので」「ユーザから利用実態を集めて公知にします。属人化したスキルを吸い上げます」「ユーザリテラシーが高くないので、すべてテンプレート展開します」など理由は様々ありますが、そのたびに変わるアーキテクチャによってデータマネジメント、データ運用は振り回されます。今回は、「データマネジメントはなぜ失敗するのか?」をテーマに、データコンセプトと利活用の...

  • 2016/04/27

    IoT、ビッグデータの高速分析機能が強化されたVertica 7.2

     情報系システムのパフォーマンス改善、運用管理コスト削減に貢献するデータベース、「Vertica」。2015年末にリリースされたVertica 7.2では、IoTやビッグデータの高速分析機能がさらに強化されました。本稿では、そんなVertica 7.2の代表的な新機能についてご紹介します。

  • 2016/04/26

    Always Encrypted登場!(前編)

     初めまして。日本マイクロソフト プレミアフィールドエンジニアの本間です。本題に入る前に、少し自己紹介をさせてください。こうした場所で発信をするのは初めてなので、ほとんどの方は初めましてだと思いますが、もし弊社サポートにSQL Serverについてお問い合わせを頂いた方がいらっしゃいましたら、担当させて頂いたことがあるかもしれません。というのも、昨年の5月までは、14年間サポート エスカレーション エンジニアとして、お客様のご質問に対応する仕事をしていたからです。もし、私が担当したお客様がこの記...

521件中121~140件を表示
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5