Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

「Products」記事一覧

Products

331件中101~120件を表示
  • dboltanikawa.gif
    2014/06/25

    あなたはクラウドに何を載せますか?

     今やほとんどのシステムはクラウドで動く。よっぽどシビアなレスポンスが要求されるものや、データの機密性が高くクラウドには置きたくないものでもないかぎりクラウドで動かして何ら問題はない。とはいえ、現時点でクラウドにかなり向いているものとそれほど向かないものもあるのは事実だ。

  • 5962arena.jpg
    2014/06/24

    Pivotalの目的はビッグ&ファストデータのための第三世代のプラットフォーム

     昨年、EMC、VMware、GEが出資して設立されたPivotal。その事業ビジョンが、ビッグデータ市場の進展の中で徐々に鮮明になってきた。ビッグデータとファストデータを集め、それをサービスとして提供する「第三世代のプラットフォーム」を作るという戦略は、ここへきてより具体性を帯びてきたといえるだろう。同社のキーパーソンである正井氏、仲田氏に話を聞いた。

  • 5952_a.jpg
    2014/06/24

    SIerのビジネスモデルに風穴を!―国産PaaSのkintoneの進化

     クラウド市場では、Amazon Web ServicesのEC2やIBMのSoftLayerのようなIaaS(Infrastructure as a Service)が先行している。さらに大小さまざまなSaaS(Software as a Service)がこれに加わり、今後もクラウド市場はより拡大するだろう。そんな中、もう1つの主要なクラウドサービスがPaaS(Platform as a Service)だ。汎用的なインフラで何でもできるIaaSと、完成されたアプリケーションが提供されるSa...

  • 5956_a.jpg
    2014/06/23

    EMCに訊く、第三世代プラットフォーム戦略

     モバイル、クラウド、ソーシャル、ビッグデータを活用する際に必要となる第三世代のプラットフォーム。どういうテクノロジーによって第三世代のプラットフォームは構築されるのか。たとえば、第三世代のプラットフォームではアプリケーションを速く構築し可搬性も求められるという面からは、ウォーターフォール型ではなくアジャイル開発が注目されている。また、大量に発生するデータをリアルタイムに処理したいという面ではインメモリーのデータベース技術やHadoopのようなものにも注目が集まっている。そして高い柔軟性と大量デ...

  • dbolgomi.gif
    2014/06/19

    言うほどカンタンじゃない"Run Simple."をHANAで実現してみせるッ! - 「SAPPHIRE NOW 2014」フォトレポート

     米国フロリダ州オーランドと聞いて皆さんはどんなイメージをもたれるでしょうか。さんさんと降り注ぐ太陽にパームツリー、そしてディズニーランド、etc... ああ、なるほど、そういう方もいらっしゃるんですねー(遠い目)。筆者にとってオーランドとはSAPの年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW」とイコールです。どちらかというとくもりがちでじめっとした空気の下、冷凍庫のようにさむーい会場と隣接するホテルの間をひたすら行き来し、朝早くからHANAとクラウドに関する講演&インタビューを英語で8...

  • dboltanikawa.gif
    2014/06/17

    デジタルマーケティング週間!各社各様のアプローチを比較してみよう

     何度か取材し記事にもしているが、マーケティングオートメーション・ツールが日本でも本格的に普及しつつある。海外で実績あるツールが各種日本市場にも出そろい、既存の日本製ツールなどとも今後は熾烈なシェア争いが起こりそうだ。そんな中、先週は大きなデジタルマーケティング関連のイベントが立て続けに開催された。

  • a.png
    2014/06/16

    Postgres Plus 9.3 いかに進化したのか検証してみた

     2013年9月にPostgreSQL最新バージョン 9.3がリリースされ、2月21日、28日と2週にわたり「PostgreSQL 9.3新機能を検証してみた」と題して注目すべき新機能をご紹介しました。続く本稿では、PostgreSQLに未実装のエンタープライズ向け機能を強力に補完したRDBMS「Postgres Plus」の最新情報をご紹介します。

  • dboltanikawa.gif
    2014/06/12

    「シンプルERP」が成熟したERPの世界を塗り替える!SAP SAPPHIRE NOW

     先週は、SAPの年次カンファレンスイベント「SAP SAPPHIRE NOW」の取材で米国オーランドにいた。実はオーランド訪問もSAPPHIREへの参加も今回が初めて。これまでもインメモリーデータベースのSAP HANAやBI関連製品などを中心に、SAPについては国内で取材をしてきた。どちらかと言えば個々の製品をターゲットに取材して、製品ごとの特長を捉えようとすることが多かった。今回は、改めてSAP全体の最新メッセージをCEOのビル・マクダーモット氏やSAPの共同創業者で会長のハッソ・プラット...

  • 5907_a.jpg
    2014/06/12

    ビットアイルに訊く、最新データセンター事情

     新たにシステム導入を検討する際、クラウドファースト、モバイルファーストで考える。当初これはITベンダーが言い始めたマーケティング用語的なものだった。しかしながらここ最近は、ユーザーからもクラウドファースト、モバイルファーストで検討するとの声が聞こえ始めた。とくにクラウドファーストは身近だ。パブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)の急激なビジネス拡大を見ても、それは裏付けられている。クラウドサービスベンダーが躍進しパブリッククラウドの活用が増えれば、サーバーハ...

  • 5478arena.jpg
    2014/06/02

    Hadoopをデータのハブにする理由とは?Clouderaキーマンに聞く

     ビッグデータという言葉が登場し、それに併せもっとも普及したのは大規模データの分散処理フレームワークであるHadoopだろう。実際、調査会社の数字でもHadoop関連ビジネスの規模はグローバルで900億ドルを越え、市場はさらに拡大しているとのこと。これは特定業種だけの話ではない。金融や製造などあらゆる業種でHadoopの採用が進んでいる。

  • dboltanikawa.gif
    2014/05/27

    モバイルファーストで行こう!

     モバイルファーストと言うのは簡単だが、それを実現するための開発はかなり面倒な状況になっている。iPhoneやiPadなどのiOS端末をターゲットにするとなれば、Objective-Cでの開発が必要になる。一方でAndroidベースのスマートフォンやタブレットがターゲットならば、JavaやC、C++を使うことに。当然ながらiOS用に作ったObjective-Cのプログラムは、Androidでは動かないし、その逆もしかりだ。

  • 5873_arina.jpg
    2014/05/22

    新興ベンダーのピュア・ストレージ、新製品投入でオールフラッシュストレージ市場に新たな旋風を巻き起こすか

     エンタープライズ向けオールフラッシュストレージ製品の新興ベンダーであるピュア・ストレージが、従来の「FlashArray 420」に加え、エントリーモデルの「FlashArray 405」および上位モデルの「FlashArray 450」という2つの新製品を発売した。合わせて、ストレージOSのバージョンも更新し「Purity 4.0」として提供を開始する。

  • dboltanikawa.gif
    2014/05/13

    「Twitterのすべてのデータを扱えるのは、世界でGnipとTwitterの2社だけ」―企業のソーシャル活用を支えるGnipをご存じですか?

     ビッグデータを活用して売り上げを向上しろ―そんな業務命令を上司から受けても、自社内にはビッグデータと呼べるようなデータはないというIT担当者もいるかもしれない。そんな際に目を付けるのが、facebookやTwitterなどのソーシャルネットが生み出すビッグデータだ。ソーシャルメディアのデータを分析すれば、何かが見えてくるのではと考えるIT担当者も多いかもしれない。

  • dbolgomi.gif
    2014/05/12

    脱ハードウェアベンダ宣言!? - 「EMC World 2014」フォトレポート

     毎年、ゴールデンウイークにがっつり被せてくる米EMCの年次プライベートイベント「EMC World」ですが、今年も5月4日-7日(米国時間)の4日間に渡って米ラスベガスで行われました。ラスベガスの巨大ホテルでは、IT系に限らずさまざまなイベントが毎日のように開催されており、とくにEMC World 2014が行われたここ「Venetian Palazzo Las Vegas」は人気の場所。数千人を超える参加者を収容できる大ホールや広大な展示会場に加え、いくつもの会議室やセッションルームが1カ所...

  • 5825_a.jpg
    2014/05/12

    製品責任者に訊いた!Oracle Real Application Clustersの着実な進化

     2013年7月、Oracle Databaseの最新版12cの提供が国内で開始された。12cの最大の目玉はマルチテナント機能。OSやハイパーバイザーで仮想化環境を構築するのは当たり前だが、Oracleはコンテナデータベースとプラガブルデータベースのレベルで仮想化を実現してみせた。このマルチテナント機能のインパクトが強く、さらにOracleでは次期更新バージョンで最近話題のインメモリーに対応すると発表したこともあり、12cにおけるその他の新機能はあまり目立っていない。

  • dboltanikawa.gif
    2014/05/08

    ビッグデータ活用の本命領域はデジタルマーケティング、そのアプローチはWebからか顧客からか

     ビッグデータという言葉は、ようやく世の中に定着した感がある。これまではどちらかと言えばビッグデータ活用のための、情報基盤を実現する技術部分に注目が集まっていた。企業にとって有効で具体的な情報活用方法や、企業の中で中長期に運用していくための方策などの情報は、まだまだ少ないのが現状だ。そんな中、今後ビッグデータ活用の具体的な事例として増えてきそうなのが、デジタルマーケティングの領域だろう。リスク管理にビッグデータを活用する例もあるが、企業業績を伸ばすという目的であればマーケティング活動でのビッグデ...

  • 5821_a.jpg
    2014/05/07

    SQL Server 2014登場、鍵は「インメモリ」「ハイブリッドクウラド」「データの民主化」

     日本マイクロソフトは4月18日、「SQL Server 2014発売記念フォーラム」を開催した。キーノートでは、米マイクロソフトでコーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏が「インメモリ機能」「ハイブリッドクウラド」「データの民主化」をテーマに、SQL Server 2014の特徴を紹介した。

  • 5790_a.jpg
    2014/04/23

    アナリティクスのモダナイズとは? SASはHadoop上だけで分析ライフサイクルの実現を目指す

     当然のことだが、ビッグデータを活用するというのはデータをため込むことではない。ビッグデータを分析してその結果をもとにアクションを起こす。そして、ビジネスに何らかのイノベーションをもたらし、その結果として企業業績なりが向上して初めてビッグデータを活用したことになる。一方でビッグデータは日々膨れ上がっており、従来のデータ保存方式では対応しきれない現実がある。そのような中ビッグデータを活用しようとするならば「アナリティクスのモダナイズが必要」と語るのは、SAS Institute Japanマーケテ...

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/21

    セールスフォース、新経営体制へ―鍵は「パートナー戦略」

     先週エンタープライズIT業界の話題をさらったのは、セールスフォース・ドットコムの新たな経営体制の発表だっただろう。長い間日本法人の代表取締役社長を務めていた宇陀栄次氏が取締役相談役に退き、新たに代表取締役会長兼CEOには日本ヒューレット・パッカード前社長の小出伸一氏が、取締役社長兼COOには日本法人でシニア・バイスプレジデントでエンタープライズ営業担当だった川原 均氏が就任する。

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/16

    三社長三様、彼らは今後のIT業界をどうやって牽引していくのか

     先週は、エンタープライズITトップベンダー3社の社長の話を聞く機会に恵まれた。最初が、SAPジャパンの安斎富太郎社長。SAP HANAクラウドデータセンターが日本で開設したことを発表した。クラウドデータセンターの取り組みは、ジャパンだけでなくSAPトータルで力を入れているビジネスだ。日本が世界で4カ国目であり、アジアパシフィックでは初のデータセンターとなる。

331件中101~120件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5