Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

本格的なフロントエンドツールとして一段と進化したExcel 2007の実力 Part2

2007/09/13 13:00

パート2ではデータベースからデータを取り込んだり、あるいはデータベースと連携し、データ分析を行なったりする機能を見ていく。Excel 2007をSQL Serverなどのデータベースと連携させることで、BIツールとしてさまざまな機能を利用できることを実感していただきたい。今回は、Access 2003にサンプルとして付属しているNorthwindデータベースをSQL Server 2005にインポートし、そのデータを元にExcel 2007で分析を行なうことにする

DB Magazine 2007年3月号より転載)

データベースからデータを取り込む

 パート2ではデータベースからデータを取り込んだり、あるいはデータベースと連携し、データ分析を行なったりする機能を見ていく。Excel 2007をSQL Serverなどのデータベースと連携させることで、BIツールとしてさまざまな機能を利用できることを実感していただきたい。今回は、Access 2003にサンプルとして付属しているNorthwindデータベースをSQL Server 2005にインポートし、そのデータを元にExcel 2007で分析を行なうことにする。

Excelからのデータベースアクセス

 外部データの取り込みに関しては、以前のExcelと同じように「データベースの接続ウィザード」で行なえる。

 まずはSQL Server上にあるデータを取り込む場合を見てみよう。Excel 2007の[データ]タブの[その他のデータソース]から[SQL Server]をクリックする。すると、データ接続ウィザードが表示されるので、サーバー名と認証情報を入力し接続先のデータベース名とテーブル名を指定すれば(画面1)データを取り込める。

画面1:SQL Server 2005との接続
画面1:SQL Server 2005との接続

 接続先がOracleである場合も、操作はほとんど同じだ。データソースの種類として「Microsoft Data Access - OLE DB Provider for Oracle」を選択し(画面2)、サーバー名と認証情報を入力し、接続先のデータベース名とテーブル名を指定するだけだ(画面3)。すると、Oracleに格納されているデータをExcelにインポートできる(画面4)。

画面2:その他の接続
画面2:その他の接続
画面3:テーブル名を指定
画面3:テーブル名を指定
画面4:Excel 2007にインポートされたデータ
画面4:Excel 2007にインポートされたデータ

 また、一度作成したデータソースに関しては、Excel 2007の[データ]タブにある[既存の接続]から選択できるようになる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 漆尾 貴義(ウルシオ タカヨシ)

    1979年生まれ。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社後、くらふとわーくす株式会社を設立。現在はインターネットサービスの開発/運用や、MS Office アプリケーションのカスタマイズを行なっている。著書に『Web2.0的システム構築』(九天社)など。ブログはこちら。

バックナンバー

連載:DB Magazineスペシャル

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5