Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ログ管理システムに必要な4つの要件

2010/10/12 00:00

今回はログ管理システムに必要な4つの機能「ログの収集」「ログの保管」「ログの監視」「ログの分析・レポート」について、それぞれ掘り下げて説明します。各機能を設計・構築するための眼のつけどころや、上手に始めるコツを探って行きたいと思います。

ログ管理の4つの機能

 前回までのおさらいも兼ねて、ログ管理システムに必要な4つの機能を整理しておきましょう。下図に示すように、「ログの収集」「ログの保管」「ログの監視」「ログの分析・レポート」の各機能が充分に連携してこそログを自社の経営に活かすことができます。

ログ管理システムが提供すべき4つの機能
ログ管理システムが提供すべき4つの機能

 どのようなシステムであれ、最初の設計が後の運用に非常に大きな影響を及ぼすものですが、同じことがログ管理の場合にも当てはまります。例えば、収集機能や保管機能の設計が不十分だと、「想定よりもログの量が多くてストレージが足りなくなった」「システムの追加、削除、変更に伴う設定作業が馬鹿にならない」「ログの漏洩リスクや改ざんのリスクを監査で指摘されてしまった」といった問題が発生します。

 また、監視機能や分析・レポート機能の設計がおろそかだと、せっかく収集・保管したログも宝の持ち腐れになってしまいます。そういうことにならないよう、ログ管理の各機能を設計するためのポイントを整理していきましょう。

「ログの収集」機能のポイント

 ログの収集機能に求められる要件は、「さまざまなシステムのさまざまなフォーマットのログを柔軟に収集できること」に尽きます。具体的に以下のポイントが重要になります。

1.多くのシステム、ログフォーマットに対応していること

 企業システムに変更はつきものです。ログを取得できるシステムやフォーマットが多いに越したことはありません。ここでいう取得対象とは、UNIXサーバーやネットワーク機器などのSyslog、Windows系のイベントログ、その他データベースやアプリケーションのログなどのことです。

 ログを収集するために対象システムのサーバーなどに常駐するエージェントが必要な場合は、そのライセンス費用やメンテナンス性などもチェックする必要があります。また、エージェントが導入できないサーバーもありますから、その場合の代替案が確保されているものを選びましょう。ベンダーが公開している対象製品一覧なども参考にしてください。

多種多様なログを収集することが求められる
多種多様なログを収集することが求められる

2.ログフォーマット管理機能が使いやすいこと

 ログ収集の対象システムが増えたり、ログフォーマットが変更されたりした場合に、追加・変更・削除の操作を簡単に行なえるものが良いでしょう。例えば、アプリケーションのログを解析するためのフォーマットを(設定ファイルなどではなく)GUIで定義できたり、既存のログをインポートしてたたき台を作成するような工夫がなされていると作業が楽になります。

 (次ページへ続く)

 

 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 前中 匡史(マエナカ マサフミ)

    (株)オージス総研 運用サービス本部 IT基盤ソリューション第二部長。ITガバナンス、ITサービスマネジメント、IT基盤構築他 コンサルティングを統括。

  • 今井 英貴(イマイ ヒデキ)

    (株)オージス総研 運用サービス本部 IT基盤ソリューション第二部 シニアITコンサルタント。ITサービスマネジメント、情報セキュリティマネジメント、ITリスクマネジメント他、コンサルティング業務に従事。中小企業診断士、ISMS審査員補。

バックナンバー

連載:データ爆発と戦うシステム管理者のためのログ管理「虎の巻」
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5