Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウド的ユーザー体験に欠かせない運用ツールとは

2010/12/14 15:00

本格的なクラウド時代の到来を前に、今企業システムのあり方が変わろうとしている。
その要となるのが仮想化技術であり、企業システムを仮想化するための環境も整いつつある。しかし、単純にシステムを仮想化しただけで十分な効果は得られるだろうか?また、システムを仮想化したことで、顧客が期待するようなサービスが本当に提供できているのだろうか?日立製作所の鎌田義弘氏は、仮想化導入の効果を発揮するための運用管理について解説した。
 

クラウド的体験提供の大前提は仮想化への移行

 現在、多くの企業がクラウドに注目している理由は、IT資産の有効活用によるコスト削減への期待である。これは、外部のリソースを利用することにより、自社が抱えていたIT資産を所有せずにすむためである。ただ、日立製作所の鎌田義弘氏は「クラウドが企業にもたらす直接的な効果だけでなく、もっと幅広い観点からクラウド的な技術やサービスがもたらす変化に注目すべき」と指摘する。

株式会社 日立製作所
ソフトウェア事業部
JP1マーケティング部 オープンミドル運用管理推進部長
鎌田 義弘氏
株式会社 日立製作所 ソフトウェア事業部 システム管理ソフトウェア本部 JP1マーケティング部 オープンミドル運用管理推進部長 鎌田 義弘氏

 たとえば従来では、複数のユーザーでファイルを共有する場合、それぞれが対応アプリケーションを用意する必要があった。しかし、最近ではドキュメントのデータはもちろん、それを閲覧・編集するのに必要なアプリケーション環境もすべてクラウド上で共有できるようになっている。また、かつてのインターネット環境では、アクセスが集中してWebサイトが閲覧できないという場面もよく見られたが、クラウドによりアクセス数増加に対応する形で動的、かつシームレスにシステムを拡張できるようになり、変化に対応できるようになった。それは「システムの都合を意識することなく、やりたいことに集中できる」ことであり、鎌田氏は“クラウド的ユーザー体験”と呼ぶ。

 この体験がユーザーにとって常識となってくると、同じレベルで柔軟なサービスを提供できない企業にとって、こうした変化は脅威となる。逆にいえば、クラウド的体験の提供、あるいは自社内での享受を他社に先駆けて実現できれば、優位に立つ大きな機会となる。

 そして、このクラウド的ユーザー体験を企業が実現するためのポイントが、システムの仮想化なのだ。鎌田氏は「仮想化への移行がキーとなる」と指摘する。サーバー、ストレージ、ネットワーク、ITリソースを仮想化することで、物理環境だけでは不可能だった柔軟なシステム構築が可能になるからだ。ただ、そこで運用コストを考慮しなければ、コスト削減とクラウド的体験の提供を両立できない。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:イベント・セミナーレポート(運用管理)
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5