Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AI夢想派、AI懐疑派、AI恐怖派……AIにまつわる3つの誤解を解く!/日本で最初にオラクルを立ち上げた男、サポートからオラクルを支える

-[Vol.411]-------------------------------------------------------
このメールはEnterpriseZineで会員登録をされた方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★ オールフラッシュで基幹ストレージ総所有コストを大幅削減!? ★★★
3年連続オールフラッシュ国内市場1位のIBMのオールフラッシュ・ストレージ
今なら、簡単なアンケートで削減効果を無償診断中!
長期的なコスト削減効果まで実現可能なIBMストレージの導入効果を今すぐ確認!
詳しくはこちら → 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Office365などのクラウドサービス利用者が知っておくべき、 
 クラウドセキュリティのポイントを解説 <1/30、31展示会&セミナー>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 Security Days 】   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加無料】ヤマハ発動機 原子拓氏、IDC Japan 入谷光浩氏等が講演!
変革が進むインフラ技術とシステム運用の最新動向を学ぶ注目セミナー
翔泳社主催『デジタル時代を支えるITインフラ戦略』2月21日(火)開催!!
◎お申込み・詳細(無料:事前登録制)
⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0]目次
----------
[1]今週のホットトピック!
[2]新着記事
[3]新着ニュース
[4]人気記事ランキング
[5]配信停止の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「自社のビジネスにAI(人工知能)を活用できないか?」……
昨今のAIブームを受けて検討に着手する企業が増えています。

ただし話を聞くと、検討には着手しても停滞していることが多いようです。

その理由は、AIが様々に誤解されているから。
誤解には、「AIがあればなんでもできる!」という肯定的な過大解釈も、
否定的なものもあります。

では、どのように誤解を解くべきでしょうか?

これを考えていくと、AI検討の進め方が見えてきます。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8845


★アシストに「日本でオラクルを立ち上げた男」がいます。

間違いではないものの、予想の斜め上かもしれない。

アシストとオラクルの歴史、アシストがサポートに強い背景などを
アシストの星さんに尋ねました。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8840


★☆EnterpriseZine 公式Twitter & Facebookページはこちら! 

・EnterpriseZine Twitterページ
 

・EnterpriseZine Facebookページ
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]新着記事:5本(2017-01-17~2017-01-24)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆インテリジェンスを活用し、攻撃者の視点で防御モデルを構築せよ
 Security Online編集部[編] 加山 恵美[著]
 1月18日、デロイトトーマツサイバーセキュリティ先端研究所は記者向け勉強会
を開催し、所長の丸山満彦氏が経営者が知っておくべきサイバーセキュリティトレ
ンドを解説した。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8867

◆AI夢想派、AI懐疑派、AI恐怖派……AIにまつわる3つの誤解を解く! AI検討の進
め方とは?
 安田 航[著]
 「自社のビジネスにAI(人工知能)を活用できないか?」……昨今のAIブームを
受けて検討に着手する企業が増えています。ただし話を聞くと、検討には着手して
も停滞していることが多いようです。その理由は、AIが様々に誤解されているから
。誤解には、「AIがあればなんでもできる!」という肯定的な過大解釈も、否定的
なものもあります。では、どのように誤解を解くべきでしょうか?これを考えてい
くと、AI検討の進め方が見えてきます。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8845

◆日本で最初にオラクルを立ち上げた男、サポートからオラクルを支える―アシス
ト星博さん
 加山 恵美[著] DB Online編集部[編]
 アシストに「日本でオラクルを立ち上げた男」がいる。間違いではないものの、
予想の斜め上かもしれない。アシストとオラクルの歴史、アシストがサポートに強
い背景などをアシストの星氏に尋ねた。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8840

◆IBMアナリティクスの土台となるWatson Data Platformの正体とは?
 谷川 耕一[著] DB Online編集部[編]
 2016年10月、米国ラスベガスで開催されたIBM Watsonのための初めてのカンファ
レンスイベント「World of Watson」。ここでIBMは、Watsonでデータを扱うための
プラットフォーム「Watson Data Platform」、パートナーとのエコシステムである
「Watson Ecosystem」、そしてデータを扱うための手法「DataFirst Method」とい
う3つを紹介した。ここ数年IBMは、アナリティクス領域に大きな投資を行っている
。IBMがこれら3つの要素を活用しどのようにアナリティクスの領域に取り組んでい
るのか、さらには最新のアナリティクス、コグニティブを活用する環境とは一体ど
のようなものになるのか。米IBMのDataFirst リードアーキテクトで、あらゆる種
類のデータを統合し、AI技術なども活用して意思決定を行うクラウド型のデータ統
合、分析プラットフォーム「Project IBM Watson Data Platform」を担当するポー
ル・クリステンセン氏に話を訊いた。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8854

◆ユーザの意見をトコトン反映した12c R2のマルチテナント
 関 俊洋[著]
 Oracle Database 12c R2(以下12c R2)はクラウドファーストのデータベースと
して、Oracle Cloud Platform上で先行リリースされています。12c R2には300を超
える新機能が実装されており、なかでもマルチテナントはOracle Database 12c R1
(以下12c R1)と比べて格段に進化しています。いずれやってくる12c R2へのバー
ジョンアップに備えて、マルチテナントがどこまで進化したのかを押さえておきま
しょう。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8838

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]新着ニュース:16本(01/17~01/24)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・CTC、Azureの活用支援サービスに「Azure運用管理パック」を追加(01-23)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8882

・アシスト、AWSで全社規模の情報活用高速化ソリューションを構築する「Tシャツ
モデル」を提供開始(01-23)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8881

・インフォテリアとアイレットがAmazon Redshift活用の分析サービスを開始(01-
23)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8880

・ITオペレーション分析ソフトウェアはIT運用管理の最適化のために重要――IDC
が市場動向調査(01-23)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8879

・松尾商店、証跡管理とIT資産管理・情報漏えい対策ツールを連携させ、より強固
なセキュリティ対策を提供(01-23)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8878

・CTC、高度サイバー攻撃に対応した簡易なセキュリティアセスメントサービスを
開始(01-20)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8876

・アライドテレシス、ソリトンシステムズのマルウェア対策ソフトとの連携で脅威
対策ソリューションを提供(01-19)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8873

・FFRI、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFRI yarai」の最新版でランサムウェア対
策をさらに強化(01-19)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8872

・HPE、クラウド型アプリケーションパフォーマンステストをAWS Marketplaceで提
供(01-19)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8871

・F5ネットワークス、企業のクラウド化とセキュリティ強化を支援する「ジャパン
テクノロジーセンター」開設(01-19)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8870

・JIPDEC、経産省「法人インフォメーション」と連携し「法人台帳ROBINS」で企業
活動を見える化(01-19)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8869

・東洋ビジネスエンジニアリング、「mcframe Day 2017」を2月16日に開催(01-18

http://enterprisezine.jp/article/detail/8866

・NTTPCコミュニケーションズ、SD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサ
ービスを提供開始(01-18)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8865

・NEC、トレンドマイクロ、インフォセックが標的型サイバー攻撃監視サービスを
提供開始(01-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8863

・「自治体情報セキュリティ啓発センター」を設立し自治体・公務支援を本格開始
(01-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8862

・東芝ソリューション販売、統合基幹ソリューション「WorkVision」の販売を開始
(01-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8861

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4]人気記事ランキング(2017-01-17~2017-01-23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1位 AI夢想派、AI懐疑派、AI恐怖派……AIにまつわる3つの誤解を解く! AI検討
の進め方とは?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8845

●2位 日本で最初にオラクルを立ち上げた男、サポートからオラクルを支える―ア
シスト星博さん
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8840

●3位 IBMアナリティクスの土台となるWatson Data Platformの正体とは?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8854

●4位 基幹系システムがクラウドに上がってくる!―Microsoft AzureのGシリーズ
提供開始
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8860

●5位 AIは新規事業開発でパワフルなサポーターに――「AIの民主化」はデジタル
変革に何をもたらすのか?
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8805

●6位 ユーザの意見をトコトン反映した12c R2のマルチテナント
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8838

●7位 IT導入におけるユーザの協力義務、ふたたび
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8836

●8位 事例から見えたOpenStackのビジネス優位性と人材育成の方向性―OPCEL ビ
ジネスサミット開催
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8849

●9位 エンジニアのキャリアとか、生き方とか(後編)
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8771

●10位 2016年は、日本における「サイバー脅迫元年」―ランサムウェアとオンラ
イン銀行詐欺被害は過去最大に
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8850

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5]配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。
http://enterprisezine.jp/ml/backnumber/

配信中止はこちらのページにてお手続きください。
https://sems.shoeisha.com/users/ml

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2008-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5