Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内金融ITで急成長が見込まれるFinTechの最新動向/ハイパーコンバージド・インフラは目的ではない

-[Vol.413]-------------------------------------------------------
このメールはEnterpriseZineで会員登録をされた方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加無料】ヤマハ発動機 原子拓氏、IDC Japan 入谷光浩氏等が講演!
変革が進むインフラ技術とシステム運用の最新動向を学ぶ注目セミナー
翔泳社主催『デジタル時代を支えるITインフラ戦略』2月21日(火)開催!!
◎お申込み・詳細(無料:事前登録制)
⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0]目次
----------
[1]今週のホットトピック!
[2]新着記事
[3]新着ニュース
[4]人気記事ランキング
[5]配信停止の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2017年2月1日、IDC Japanは国内金融IT市場予測を発表しました。

2017年の国内金融IT市場規模は2兆517億円、
前年比成長率は1.1%のプラス成長を予測。

このうち「FinTech」関連IT支出は2017年にはまだ約110億円であるものの、
2020年には338億円に急拡大すると予測しています。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8926


★調査会社などの数字を見ると、PCサーバーやUNIXマシンなど、
企業のサーバーハードウェアへの投資意欲はかなり下がっています。

各種クラウドや顧客管理、データ分析などのソフトウェア、
セキュリティ対策などへのIT投資は現状維持かプラスの傾向があるのに対し、
汎用サーバーを新規に購入する企業は今やあまりいないのが現状です。

ハードウェアの中でもストレージはビッグデータの追い風、
新たなフラッシュストレージへの移行などもありまだ堅調ですが、
サーバーのビジネスは今やかなり厳しい冬の時代と言えます。

そんな中、厳しいサーバービジネスの中でも一人気を吐いているのが
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャです。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8901


★☆EnterpriseZine 公式Twitter & Facebookページはこちら!

・EnterpriseZine Twitterページ
 

・EnterpriseZine Facebookページ
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]新着記事:7本(2017-01-31〜2017-02-07)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆新サービスや地方創生も――国内金融ITで急成長が見込まれるFinTechの最新動

 加山 恵美[著] DB Online編集部[編]
 2017年2月1日、IDC Japanは国内金融IT市場予測を発表した。2017年の国内金融I
T市場規模は2兆517億円、前年比成長率は1.1%のプラス成長を予測。このうち「Fin
Tech」関連IT支出は2017年にはまだ約110億円であるものの、2020年には338億円に
急拡大すると予測している。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8926

◆監査法人がクラウドベンダーにつけるお墨付き、SOC1、2、3をご存じですか(前
編)
 小泉 真由子(編集部)[著]
 みなさんは、SOCなるものの存在をご存じでしょうか。SOCはSOCでも、脅威を監
視したりするSecurity Operation Centerのほうではありません。Service Organiz
ation Control、のほうです。こちらのSOCとは、監査法人がクラウドベンダーなど
につけるお墨付きのようなもの。クラウドの普及により、監査の現場でも変化が起
きつつあります。クラウドで業務システムを動かすことがあたりまえになったら、
監査はどう変わるのでしょうか? SOCには、1、2、3があります。それぞれどのよ
うなものなのか、今日の監査の現場ではどのように使われているのか、今後はどう
なっていくのか等々、有限責任監査法人トーマツ パートナーの長谷友春さんにお
話をうかがいました。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8923

◆PGECons最新ドキュメントでOracle Database→PostgreSQLへの移行を攻略!
 高瀬 洋子[著]
 昨今、企業システムでPostgreSQLの利用が急速に増えており、新規にとどまらず
、既存システムの商用データベースの置き換え先として採用されるケースも増加傾
向にあります。大きな後押しとなっているのはDBMSとしてのPostgreSQL自体の豊富
な機能はもちろんですが、2012年から企業レベルでPostgreSQLの技術情報を継続し
て公開している「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム」(以下、
PGECons)の存在があります。本記事ではPGEConsの公開ドキュメントを参考に、
Oracle DatabaseからPostgreSQLへの移行のポイントをご紹介します。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8883

◆元セールスフォース社長の宇陀氏がチャレンジする社会問題を解決する会社とは
 谷川 耕一[著]
 クラウドコンピューティングの本命は、PaaSより上位のレイヤーだとの話題はこ
こでも何度か取り上げた。実生活では、蛇口をひねればきれいな水が必要なだけ得
られる。あるいはコンセントにプラグを挿せば、必要な分だけ電気を使うことがで
きる。こういった公共インフラのサービスと同じように、ITのサービスを受けられ
るようにする。それがもともとのクラウドコンピューティングの発想だった。多く
の企業は、便利だと言われるPaaSすら使いたいわけではなく、なるべく手間をかけ
ずに業務処理をクラウドコンピューティングで実現したいだけなのだ。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8921

◆不具合を直しきらずに契約解除したベンダ
 細川義洋[著]
 この連載を始めてずいぶんになりますが、残念ながら、情報システムに関する紛
争というのは、なかなか減る気配を見せません。とりわけユーザ側の要件定義と共
にその数が多いのは、ソフトウェアのバグなどの不具合に関する問題です。”納入
物に不具合がある。これは納入したベンダの債務不履行だから、代金は払わないし
損害賠償も請求する。” と主張するユーザに対し、ベンダが、”情報システムに
はどうしても多少の不具合が残存するもので、それがあったからと言って債務不履
行にはあたらない。” と反論をする。もう、IT訴訟の定番中の定番といっても良
いくらいに典型的な紛争例です。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8900

◆攻撃者が狙う管理者権限を、目的志向型&多層防御で守る!『間違いだらけのサ
イバーセキュリティ対策』刊行
 渡部 拓也[著]
 攻撃者の手法は多種多様であっても、その狙いの多くは管理者権限を悪用するこ
とです。そして、多くの企業で、ウイルス対策ソフトがセキュリティの中心になっ
ているかもしれませんが、重要なことは多層防御なのです。サイバーセキュリティ
の本質を踏まえ、目的志向型のセキュリティを提唱する『間違いだらけのサイバー
セキュリティ対策』を紹介します。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8859

◆「ハイパーコンバージド・インフラは目的ではない」Nutanix創立者、CEO ディ
ラージ・パンディ氏
 EnterpriseZine編集部[編] 谷川 耕一[著]
 調査会社などの数字を見ると、PCサーバーやUNIXマシンなど、企業のサーバーハ
ードウェアへの投資意欲はかなり下がっている。各種クラウドや顧客管理、データ
分析などのソフトウェア、セキュリティ対策などへのIT投資は現状維持かプラスの
傾向があるのに対し、汎用サーバーを新規に購入する企業は今やあまりいないのが
現状だ。ハードウェアの中でもストレージはビッグデータの追い風、新たなフラッ
シュストレージへの移行などもありまだ堅調だが、サーバーのビジネスは今やかな
り厳しい冬の時代と言える。そんな中、厳しいサーバービジネスの中でも一人気を
吐いているのがハイパーコンバージド・インフラストラクチャだろう。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8901

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]新着ニュース:19本(01/31〜02/7)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ERPのクラウドへのシフトが進む兆か――ガートナーが日本企業のクラウドERP利
用動向調査(02-06)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8934

・富士通エフサス、サイバー攻撃を抑止する「Traps」の導入・運用・監視サービ
スを提供(02-06)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8933

・EMCジャパン、組織横断的なリスク管理を強化した「RSA Archer Suite 6.1」を
提供(02-06)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8932

・産業用IoTとともに、基盤である産業用ネットワーク機器に対する需要も増加―
―IDCが調査(02-06)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8931

・翔泳社、無料セミナー「デジタル時代を支えるITインフラ戦略」2月21日(火)
に開催(02-06)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8930

・ネットアップ、オールフラッシュストレージにエントリ/ハイエンドモデルの2
製品を発表(02-02)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8925

・カスペルスキー、データセンターなどの法人向け仮想化環境用セキュリティ製品
の最新英語版を販売開始(02-02)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8922

・ノベル、IDベースのトラッキングを強化したSIEM製品「Sentinel」の最新版を提
供開始(02-01)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8920

・国内金融IT市場、FinTech活用に向けたIT支出が急拡大へ――IDCが予測を発表(
02-01)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8919

・データ・アプリケーション、統合EDI製品「ACMSシリーズ」がAmazon RDSに対応
(02-01)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8917

・IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表――IoT機器の脅威が初めてラ
ンクイン(02-01)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8918

・SAP、MapR、レノボがHANAとHadoopによるインメモリーコンピューティングを検
証(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8916

・クオリティソフト、マルウェア・脆弱性攻撃対策に特化した「ふるまい検知運用
代行サービス」を提供(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8915

・アリスタ、ヴイエムウェア、ネットワンシステムズの3社がクラウドネットワー
クソリューションを共同推進(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8914

・日立ソリューションズ、データ仮想化プラットフォーム「Actifio」によりデー
タ有効活用を支援(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8913

・ジェイピー・セキュア、ホスト型WAF製品にWindows Server対応の最新バージョ
ンを提供(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8912

・オリエントコンピュータ、PCセキュリティ資産管理システムの最上位版「ULMS 
プレミアム MA」発表(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8911

・2015年度のSaaS型統合型マーケティング支援市場は前年度比83.3%増に――ITR発
表(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8910

・情報技術開発、アプリケーション基盤「Wakka」によりインフラ構築工数を削減
しシステム開発を効率化(01-31)
http://enterprisezine.jp/article/detail/8909

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4]人気記事ランキング(2017-01-31〜2017-02-06)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1位 監査法人がクラウドベンダーにつけるお墨付き、SOC1、2、3をご存じですか
(前編)
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8923

●2位 元セールスフォース社長の宇陀氏がチャレンジする社会問題を解決する会社
とは
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8921

●3位 不具合を直しきらずに契約解除したベンダ
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8900

●4位 「業界のトレンドはどんどん取り入れていく」―イノベーションを求めるな
ら…SAP HANA 2登場!
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8897

●5位 PGECons最新ドキュメントでOracle Database→PostgreSQLへの移行を攻略!
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8883

●6位 「ハイパーコンバージド・インフラは目的ではない」Nutanix創立者、CEO 
ディラージ・パンディ氏
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8901

●7位 攻撃者が狙う管理者権限を、目的志向型&多層防御で守る!『間違いだらけ
のサイバーセキュリティ対策』刊行
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8859

●8位 製品の設計思想を理解し、試用に手間を惜しまない!導入に失敗しないため
の"正しい試用"の進め方とは?
 http://enterprisezine.jp/article/detail/8864

●9位 AI夢想派、AI懐疑派、AI恐怖派……AIにまつわる3つの誤解を解く! AI検討
の進め方とは?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8845

●10位 DBMotoに訊く、複数・異種混合データベース活用のススメ
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8877

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5]配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。
http://enterprisezine.jp/ml/backnumber/

配信中止はこちらのページにてお手続きください。
https://sems.shoeisha.com/users/ml

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2008-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5