Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTcom社長が2017年度のサービス戦略を説明/なぜマスターデータマネジメントに失敗するのか?/標的型攻撃や内部不正に「IDアクセス管理」が効く理由

-[Vol.423]-------------------------------------------------------
このメールはEnterpriseZineで会員登録をされた方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
エンジニア必見!IT関連書籍のPDF版電子書籍を
翔泳社の通販SEshopで109点一挙にリリース!
検索やコピーが可能なDRMフリーの電子書籍です
4/30まで電子書籍が20%OFFになるクーポンも配布中!
クーポン詳細は→ https://www.seshop.com/campaign/ebook/release_201704/?utm_source=enterprisezine&utm_medium=teikimail_20170418&utm_campaign=release_201704
━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
■「真の顧客ニーズ発見」と「価値デザイン」からビジネスモデルを革新する
「キャンバス」と「バリュープロポジションキャンバス」と「ジョブ」を活用
・講座名:[第4回]ビジネスモデルデザイン講座・基礎編 / 講師:白井和康
・日時:2017年5月16日(火)10:00〜18:00 / 参加料:48,600円(税込)
・お申込・詳細 ⇒  
━☆PR☆━━━━━━━━━━━━━━━━
■講座名:事業開発に使う「ビジネスモデルキャンバス」ワークショップ
「既存事業」と「新規事業」両方で使えるビジネスモデルの描き方を学ぶ
「ジョブ(Jobs to be done)+キャンバス(BMC)」による事業開発の進め方
・日時:5月23日(火)10:00〜18:00/参加料:54,000円(税込)
・お申込・詳細⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0]目次
----------
[1]今週のホットトピック!
[2]新着記事
[3]新着ニュース
[4]人気記事ランキング
[5]配信停止の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★NTTコミュニケーションズは4月11日に都内で会見を開き、
中期事業戦略「ビジョン2020」達成に向けた、
2017年度のサービス戦略を説明しました。

会見では、代表取締役社長 庄司哲也氏が同社のハイブリッドICT戦略や、
IoT、AIの活用をはじめ、顧客の「デジタルトランスフォーメーション」の
推進に向けた今後の取り組みやサービス等について幅広く解説しました。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9178


★近年、マスターデータマネジメント(MDM)に取り組む企業が増えています。

MDMは決して新しいテーマではありませんが、
ビジネスのグローバル化や積極的なM&A戦略、業務アプリケーションの多様化や
クラウドサービスの浸透、データ分析・活用の高度化といった、
ビジネスとITがよりいっそう複雑化する環境の中で、
改めてその重要性が注目され、MDMのニーズが再燃していると考えられます。

今回は、実際の失敗事例をもとに陥りがちな落とし穴をパターン別に分類、
その根本原因を整理し、着実に成果をあげるための成功の秘訣を紹介
していきます。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9127


★標的型攻撃や内部犯行による情報漏えいの常套手段の1つに、
「特権IDの乗っ取り」があります。

特に、企業の従業員やコンピュータに関する情報が集約されている
Active Directoryのドメイン管理者アカウントが乗っ取られてしまうと、
一気に被害は拡大します。

そのため、近年では「Active Directoryのドメイン管理者アカウントを
いかに守るか」に焦点を当てたセキュリティ対策が注目を集めています。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9114


★☆EnterpriseZine 公式Twitter & Facebookページはこちら!

・EnterpriseZine Twitterページ
 

・EnterpriseZine Facebookページ
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]新着記事:6本(2017-04-11〜2017-04-18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ハイブリッドICT対応を強化--NTTcom社長 庄司哲也氏が2017年度のサービス戦略
を説明
 EnterpriseZine編集部[編] 伊藤真美[著]
 NTTコミュニケーションズは4月11日に都内で会見を開き、中期事業戦略「ビジョ
ン2020」達成に向けた、2017年度のサービス戦略を説明した。会見では、代表取締
役社長 庄司哲也氏が同社のハイブリッドICT戦略や、IoT、AIの活用をはじめ、顧
客の「デジタルトランスフォーメーション」の推進に向けた今後の取り組みやサー
ビス等について幅広く解説した。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9178

◆本末転倒、全部盛り、塩漬け……なぜ多くの企業はマスターデータマネジメント
に失敗するのか?
 久國 淳[著]
 近年、マスターデータマネジメント(以下、MDM)に取り組む企業が増えていま
す。MDMは決して新しいテーマではありませんが、ビジネスのグローバル化や積極
的なM&A戦略、業務アプリケーションの多様化やクラウドサービスの浸透、データ
分析・活用の高度化といった、ビジネスとITがよりいっそう複雑化する環境の中
で、改めてその重要性が注目され、MDMのニーズが再燃していると考えられます。
今回は、実際の失敗事例をもとに陥りがちな落とし穴をパターン別に分類、その
根本原因を整理し、着実に成果をあげるための成功の秘訣を紹介していきたいと
思います。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9127

◆SQL Server稼働マシンのHW構成とSW構成を把握しよう
 太田智行[著]
 はじめまして。NECソリューションイノベータの太田です。去年の10月、各国のS
QL Serverの専門家たちがシアトルに集結する年次イベント、PASS SUMMITに参加し
てきました。3,000人に近い参加者による熱気にあふれた4日間のイベントで印象的
だった事柄のひとつは「日本人参加者が1%にも満たない」ことです。昨今SQL Serv
erの存在が大きくなる一方で、日本国内の専門家が不足している実感はないでしょ
うか。そこで、本連載では、これから専門家を目指すエンジニアの一助になるよう
な情報を発信していきます。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9125

◆標的型攻撃や内部不正に「IDアクセス管理」が効く理由――グローバルで急成長
中のActive Directory管理製品に迫る
 吉村 哲樹[著] Security Online編集部[編]
 標的型攻撃や内部犯行による情報漏えいの常套手段の1つに、「特権IDの乗っ取
り」がある。特に、企業の従業員やコンピュータに関する情報が集約されているAc
tive Directoryのドメイン管理者アカウントが乗っ取られてしまうと、一気に被害
は拡大する。そのため、近年では「Active Directoryのドメイン管理者アカウント
をいかに守るか」に焦点を当てたセキュリティ対策が注目を集めている。
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9114

◆SAPはSaaS活用と営業体制の強化で中堅、中小企業を本気でターゲットにする
 谷川 耕一[著] DB Online編集部[編]
 SaaSのメリットは大企業が利用しているのと同じエンタープライズ向けのアプリ
ケーションを、小さな企業でも同じように利用できることだと、10年ほど前から言
っていたのはSalesforce.comのCEO マーク・ベニオフ氏だ。実際、1ユーザーから
でも利用できるSaaSは多い。さらにシステム運用のためのITリソースを確保する必
要がないのも、SaaSがIT部門の組織体制が弱い中堅、中小企業向きなポイントだろ
う。
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9145

◆新たなアプリ開発技術の導入に伴い新しいタイプのリスクも--SDNAが「Android
アプリ脆弱性調査レポート」2017年4月版を公開
 Security Online編集部[著]
 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(以下、SDNA)では、これまで
2013年、2015年と二度に渡ってAndroidアプリ脆弱性の調査を行い、その結果を「A
ndroidアプリ脆弱性調査レポート」として公表してきたが、今回、2年ぶりに最新
のアプリ脆弱性対策について調査を実施した。Androidアプリの脆弱性に対する指
摘はかなり以前から行われており、それを受けてアプリ開発者の側でも対策が進め
られている。同調査結果でも全体的には年々状況が改善している様子がうかがえる
。しかしAndroidアプリの開発環境は年々進化し、新たな技術が次々と取り入れら
れているため、これまでにない脆弱性が新たに作りこまれてしまうケースも出てき
ている。(本記事は、「Androidアプリ脆弱性調査レポート」2017年4月版に掲載し
ているエグゼクティブサマリの抜粋記事です。)
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9118

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]新着ニュース:23本(04/11〜04/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・Cerevoとインフォテリア、「BlueNinja」と「Platio」でDIY型IoT開発環境を提
供(04-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9183

・NHNテコラス、情報セキュリティ人材育成サービス「SECURITY ACADEMY」を提供
開始(04-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9182

・アライドテレシス、ネットワーク統合管理機能を提供する新クラウド・サービス
「Net.AMF」をリリース(04-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9181

・ソフトバンク コマース&サービス、コンテナ管理プラットフォーム「Docker」
を提供開始(04-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9180

・国内PLM市場、製造業の設備投資が好調で市場は堅調――矢野経済研究所が調査
結果を発表(04-17)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9179

・日立システムズ、「第2回ハイパーコンバージドインフラストラクチャ考えるセ
ミナー」を4月27日に開催(04-14)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9177

・日本の平均的な企業はデジタルイノベーションに消極的であることが判明――矢
野経済研究所が調査(04-14)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9175

・ユニアデックス、エンドポイントへの攻撃をクラウド環境で防御し管理するシス
コ製ソリューションを販売開始(04-14)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9174

・人材管理市場、2015年度は前年度比32.3%、2016年度は同34.9%と大幅増――IT
R発表(04-13)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9171

・IT市場全体に占めるLOB(事業部門)支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を
上回る――IDC予測(04-13)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9170

・CISO設置企業の割合は日本62.6%、米国95.2%、欧州84.6%と大きく乖離――IP
Aが発表(04-13)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9169

・「EnterpriseDB Summit 2017 Tokyo」を5月18日に開催(04-13)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9168

・米フィッシュミーの標的型メール攻撃対策ソリューションを国内2社が販売開始
(04-13)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9166

・アズジェント、「Fireglass Threat Isolation Platform」を6月から提供開始(
04-12)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9164

・ラネクシー、AWSとAzureでの運用をサポートしたクライアント操作ログ管理ソフ
トウェアの最新版(04-12)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9162

・国内企業のIoTへの取り組みは緩やかに前進、経営者の姿勢が鍵に――ガートナ
ーが調査結果を発表(04-12)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9161

・エルテス、AzureのAI技術を活用したデジタルリスク検知・解決ソリューション
を発表(04-12)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9163

・EAソリューション市場、基幹系システムデータのビジネス活用、PaaSニーズが拡
大――IDCが動向調査(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9158

・NRI、公的個人認証と連携する署名検証(本人確認)サービス「e-NINSHO」を提
供開始(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9157

・ウイングアーク1st、情報活用ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.5.7」
を発表(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9156

・TIS、メインフレームからオープン環境への移行を支援するマイグレーションサ
ービスを提供開始(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9155

・仮想環境で無停止コンピューティングを実現する「HPE Virtualized NonStop」
を発表(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9154

・日本IBMとトレンドマイクロ、日本情報通信の標的型サイバー攻撃対策強化でセ
キュリティ製品を連携(04-11)
http://enterprisezine.jp/article/detail/9153

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4]人気記事ランキング(2017-04-11〜2017-04-17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1位 本末転倒、全部盛り、塩漬け……なぜ多くの企業はマスターデータマネジメ
ントに失敗するのか?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9127

●2位 SQL Server稼働マシンのHW構成とSW構成を把握しよう
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9125

●3位 SAPはSaaS活用と営業体制の強化で中堅、中小企業を本気でターゲットにす

 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9145

●4位 標的型攻撃や内部不正に「IDアクセス管理」が効く理由――グローバルで急
成長中のActive Directory管理製品に迫る
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9114

●5位 アサヒグループがオールフラッシュストレージを採用し、5年間のTCOを63%
削減
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9062

●6位 スルーされるDM、隠れLINE、見つからない窓口…消費者とのコミュニケーシ
ョン問題は解決できるのか?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9086

●7位 新たなアプリ開発技術の導入に伴い新しいタイプのリスクも--SDNAが「Andr
oidアプリ脆弱性調査レポート」2017年4月版を公開
 http://enterprisezine.jp/article/detail/9118

●8位 クラウドでもDell EMCなら安心!ハイブリッドクラウド バックアップソリ
ューション
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9106

●9位 Dell EMCコンバージド製品徹底研究 ハイブリッドクラウドのメリットを最
大化
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9101

●10位 ビッグデータ活用の“前処理”データインテグレーションとブレンディン
グとは?
 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9128

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5]配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。
http://enterprisezine.jp/ml/backnumber/

配信中止はこちらのページにてお手続きください。
https://sems.shoeisha.com/users/ml

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2008-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5