Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【導入事例】株式会社日本アクア様 戸建住宅吹付断熱シェアNo.1を誇る日本アクアがWindowsタブレットの管理にLanScope Anを採用!

2017/01/12 12:07



http://www.lanscope.jp/an/hint/13.html

 エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口 達也、以下 MOTEX)は、株式会社日本アクア様(本社:東京都港区、代表取締役:中村 文隆、以下 日本アクア)のスマートデバイス管理ツール“LanScope An”の導入事例を発表いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10736/56/resize/d10736-56-759167-3.jpg ]

 日本アクアは、住宅を暑さや寒さから守る断熱材「アクアフォーム」の原料開発から施工まで行っている戸建住宅吹付断熱シェアNo.1のメーカーで、2015年の施工実績は3万6千棟を超える実績を持ちます。2020年に省エネ義務化が閣議決定されたこともあり、毎年着実に施工棟数を伸ばしています。日本アクアは、拡大する断熱材ニーズに応え、さらなる拡販を実現するため、100名以上の営業担当者にWindowsタブレット「Surface」を貸与し、その管理ツールに“LanScope An”を採用しています。

【ツール選定のポイント】

位置情報を取得する機能がSurfaceに対応していたこと
資産管理やメッセージ・アンケートなど充実した機能を実装していたこと
導入時における作業工数が少なく、スムーズに展開ができること


【導入効果】

端末の稼動状況が確認できるため未稼働端末の再配置が可能となり、端末購入におけるコスト削減が実現できた
管理コンソールから簡単に利用者情報(名前、所属部署など)の変更ができるため、従業員の所属部署異動の際に必要な端末管理の工数が削減できた
ハードウェア情報に加え、ソフトウェアのインストール状況も確認できるため、不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起ができる体制を構築できた


■日本アクアサイト:http://www.n-aqua.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/10736/56/resize/d10736-56-932325-0.jpg ]


■稼働管理画面
[画像3: https://prtimes.jp/i/10736/56/resize/d10736-56-356414-1.jpg ]

“LanScope An”で管理している端末の総数と、未稼働(電源が入っていない状態)の日数をグラフ化し、端末の稼働状況を把握できます。長期間未稼働な端末の再配置や紛失防止に役立ちます。

■インストールアプリ一覧画面
[画像4: https://prtimes.jp/i/10736/56/resize/d10736-56-206629-2.jpg ]

端末にインストールされているアプリを「端末別」「アプリ別」に一覧表示し、不許可 / 許可などを設定できます。

■“LanScope An”について
“LanScope An”は、企業におけるスマートフォンやタブレット端末の管理を行うことができるクラウド型のスマートデバイス管理ツールです。プラットフォームはMicrosoft Azureを採用し、管理対象のスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動収集し管理することができます。また通常のMDM(Mobile Device Management)機能に加え、アプリの稼働情報や位置情報、操作ログを取得することで、導入したスマートデバイスの活用状況を見える化し、費用対効果の最大化に貢献します。
>>“LanScope An”製品サイト:http://www.lanscope.jp/an/

■“LanScope An Free”とは

[画像5: https://prtimes.jp/i/10736/56/resize/d10736-56-594745-4.jpg ]

 “LanScope An Free”は、情報セキュリティ10大脅威の1つとされる「紛失」に対して、無料で対策を講じることが可能です。iOS、Android、Windowsスマートフォン・タブレットの紛失・盗難対策として「リモートロック(遠隔ロック)」「リモートワイプ(遠隔データ消去)」「パスワードポリシー」の3つの機能を搭載しています。また、“LanScope An Free”のインストールや操作方法に関するお問い合わせに、無償で電話やメール対応できるサポート体制を構築しています。
また、お申し込み後60日間は、“LanScope An”のすべての機能を利用することができます。
URL:http://www.lanscope.jp/an/free/

■エムオーテックスとは
MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

社名  : エムオーテックス株式会社
所在地 : 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表  : 代表取締役社長 河之口達也
事業内容: 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金 : 2,000万円
URL  :http://www.motex.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供元:PR TIMES

プレスリリース一覧へ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5