SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Db2メッタ斬り!(PR)

IBM Db2を選んでみたらこうなった

これからDb2をもっと世の中に広めていくためには?

cap

谷川氏:Db2というと、企業の基幹システムやミッションクリティカルなシステムで使われているイメージが強いのですが、そうしたプロジェクトにこれまで携わってきて、何かDb2に関して特別に印象に残っていることはありますか?

新田氏:とある大手企業の案件だったのですが、アプリケーションを開発しているSIerにDb2の開発実績があまりなく、当初はプロジェクトの先行きに不安を感じていたのですが、IBMのSEさんが非常に優秀な方で、Db2のSQLを記述する際のノウハウや勘所をまとめた社内資料などを共有いただいた結果、Db2周りは大きなトラブルなくプロジェクトを終えることができました。

谷川氏:Db2のスキルを持ったエンジニアが少ないプロジェクトでは、そうしたIBMのサポートがやはり心強いですね。逆に、IBMやDb2に対して何か要望はありますか?

佐藤氏:やっぱり他のデータベース製品と比べると、Db2はエンジニアの絶対数が少ないので、ぜひ仲間を増やしていきたいと考えています。そのためには、例えばDb2について手軽に学べるような入門書などをIBMさんから出していただけると、Db2未経験者にとってのハードルがぐんと低くなると思います。また個人的にもQiitaなどでDb2に関する情報を発信しているのですが、仲間を増やすためにもっといろんなことをやっていきたいと考えているので、ぜひ今後ともIBMさんとご一緒できればと思っています。

新田氏:先ほども言いましたが、アプリケーションが期せずしてハイブリッドになってしまって、OLTPとOLAPの混在に苦しんでいるユーザーを救ってくれるHTAPを、リーズナブルで手が届く価格で提供していただけるとうれしいですね。わがままは重々承知なのですが(笑)。でもこれからのデータベースは、やはりそうした方向に進んでいくのではと考えています。

齊田氏:個人的には、AIXのパフォーマンス監視ツール「nmon analyser」と同じようなものがDb2にあると、とても助かりますね。OSとデータベースのパフォーマンスを統一インタフェースで監視できるようになりますし、Db2のパフォーマンス情報をグラフ化して誰でも簡単に把握できるようになれば、とても便利だと思います。あと、以前使ったことがある有償のユーティリティ「DB2 High Performance Unload」がとても便利だったので、Db2の標準機能に組み込まれるとうれしいですね。

大月氏:mon_get _databaseのアナライザー―をISEで作ってdeveloperWorksに公開しているので、是非使ってみて下さい。

三森氏:私は特に不満はないのですが、ただメインフレーム版とオープンプラットフォーム版(Db2 for LUW)の間の乖離がちょっと激しすぎるような気が……しかも、それぞれのエンジニア同士も乖離してしまっているような気がします。

一同:(爆笑)

三森氏:メインフレームをやってる人は、Db2 for LUWのことをちょっと下に見ているところもあったりして。でも同じDb2をやっている仲間同士、もうそろそろ仲良くしましょう!

(終わり)

【関連記事】
本音で話そう、Db2の好きなところ、イマイチなところ
Db2の新たな方向性にデータベース技術者が思うこと
そろそろ、HTAPの話をしよう
今度こそ更新系と分析系は統合できるか?IBMが考えるHTAPのアプローチと現実

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Db2メッタ斬り!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10090 2018/02/05 15:14

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング