SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Webアクセス管理が実現する企業セキュリティとコンプライアンス

運用統合やセキュリティが悩みの種~Webアプリケーションに求められるアクセス管理の要件

第1回

 また、このアンケートでの「問題に直面しているか?」質問の仕方では、回答していないが、今後問題として浮上してくる可能性があるのが「セキュリティ基盤」や「監査対応」だと思います。まだまだWebアプリケーションの割合が低ければ、個々のセキュリティ対策実施について負荷がかかると問題視する必要はないでしょうし、監査についても監査が無い状態では問題視されません。今後は日本版SOX法に関連するIT内部統制監査などでニーズが上がる可能性を秘めています。

効率的なユーザー管理の必要性

 それ以外にも今後現れる問題として、Webアプリケーションに関わるユーザの管理が考えられます。つまり一般向けのWebアプリケーションのサービスを利用するエンドユーザーである顧客、企業内の業務アプリケーションを利用する社員、そして、サービスを利用する提携関係にあるパートナー、それらの効率的な管理の必要性です。

 アプリケーション毎に認証をさせるのではなく、一度認証すれば必要なアプリケーションを認証なしで使用できる「シングルサインオン」もユーザ利便性向上や管理負荷軽減というニーズから導入が進むことも考えられます(新しい技術ではありませんが、ニーズの高まりは考えられます。それはまた次回に)。

 また、企業間でユーザ情報のやりとりを安全に実施することで、顧客に何度も認証をさせずに提携サイトを利用できるような利便性を提供する事も今後のビジネス発展のために検討の必要性がでてくるエリアではないかと思います。企業間アプリケーション間でのシングルサインオンという考え方ができます。

 次回はWebアクセス管理に求められる機能をもう少し深く見ていきたいと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Webアクセス管理が実現する企業セキュリティとコンプライアンス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

日本CA 金子以澄(カネコ イズミ)

日本CA株式会社 マーケティング部 ビジネスユニットマーケティング プロダクトマーケティングマネージャ。国内大手流通業の情報システムを経て外資系ソフトウェアベンダへ。 プラットフォームを問わないソリューションプリセールス活動に従事。現在は日本CA株式会社にてセキュリティ製品の日本における製品戦略とオ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/115 2007/09/04 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング