Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

三井住友・日本総研・NEC、ビッグデータ活用の環境整備に向けてデータ加工ソフトウェア「Trifacta」を本格導入

  2019/02/18 18:00

 三井住友銀行、日本総合研究所は、三井住友銀行におけるデータ分析の高速化・高度化に向けて、日本電気の協力のもと、データ抽出・加工処理の大幅な効率化を実現するソフトウェア「Trifacta Wrangler Enterprise」を本格導入し、3月から利用を開始すると発表した。「Trifacta」は米Trifacta社がが開発したデータ加工ソフトウェアで、国内初の本格導入事例となるという。

 三井住友銀行では、これまでもAI技術を活用したデータ分析プロセスの採用など、先進技術を取り入れたビッグデータ分析の高度化に取り組んできたという。データ分析を行うためには、数千から数億行にも及ぶ多種・多様で膨大なデータを分析可能な状態に整備する「データ抽出・加工処理」と呼ばれる作業が必要となり、データ分析業務全体の中で約3割の作業量を占めている。

 三井住友銀行においても、AI活用によるデータ分析処理の効率化・高度化を推進する一方、この作業については人手で試行錯誤しながら時間をかけ、有識者の知見・経験に頼りながら実施していた。  そこで、三井住友銀行と日本総研では、データ抽出・加工処理の抜本的な効率化・高度化を目的として、先進技術調査等を行う「SMFGシリコンバレー・デジタルイノベーションラボ」による現地スタートアップ企業の技術調査を実施した。

 その中で、複数のデータベースに格納されている多種・多様なデータの状態を瞬時に見極め、高度な専門スキルを持たなくても容易に、迅速に「データ抽出・加工処理」を可能とする「Trifacta」の先進技術に着目し、最先端AI技術の導入実績・ノウハウを有するNECとともに2018年9月から10月にかけて、大規模データの加工・集計作業を対象とした実証実験を実施した。その結果、従来対比、約80%ものデータ抽出・加工処理の作業時間を短縮できることを確認したという。

 その結果を受け、三井住友銀行では、データ分析業務が大幅に効率化され、顧客ニーズに関する仮説・検証のサイクルをより高速に実行できると判断し、SMBCグループ全体のデータ分析業務におけるツールとして「Trifacta」を導入することを決定したとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5