Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ネットアップとNEC、国内初となるデータファブリックソリューションの提供を開始

  2019/06/25 15:30

 ネットアップは、国内初となるマルチクラウド環境を最適化するデータファブリックソリューションを日本電気と展開すると発表した。このソリューションは、NECから提供される。

 「データファブリック」とは、オンプレミス環境もクラウドも含め、点在するデータに対して必要な時にアクセスでき、自由に、かつ安全にデータを移動・制御できることを推進したものだという。

データファブリックを実現するデータマネジメント イメージ

 データファブリックでは、オンプレミス環境においてはFAS/AFFやIAサーバ上に、クラウド環境においてはNEC Cloud IaaSおよびAWS、Azure上にデータ管理ソフトウェアのONTAPを設置することで、データ管理機能が利用可能となる。

 両環境においても同じONTAPの機能が使用可能となり、どちらの環境にデータがあってもユーザーは運用を変更することなく利用することができるという。

 さらに、ONTAPの管理ツールであるOnCommand Cloud Managerによってオンプレミス環境とクラウド環境にあるONTAP の一元管理が可能。これらの統合されたデータ管理技術によって、今まで点在していたデータの管理・運用の一元化が可能となり、真のマルチクラウド環境を実現するという。

 NECでは、FAS/AFFの販売に加えて、サーバーのExpress5800シリーズで稼働するストレージ、ONTAP SelectおよびAWS/Azureクラウド上で稼働するストレージ、Cloud Volume ONTAPをユーザーのマルチクラウド環境に合わせて提供する。

 これにより、今まで困難であったパブリッククラウドからプライベートへのデータ移行、さらにオンプレミス環境からクラウド間でのデータ移行、一元管理、可視性と分析、アクセスと制御、保護とセキュリティを提供することができる。

 増え続けるデータの管理や次世代のデータセンターの構築、さらにユーザーのデジタルトランスフォーメーションを加速させ、業務の最適化が可能になるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5