SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

アドビのメタバースのビジョンと「Sneaks」で公開された開発中のテクノロジー

Adobe Summit 2022のアーカイブ視聴の「みどころ」

 Adobe Summit 2022では、アドビによる「メタバース」への取り組みのコンセプトが紹介された。また現在アドビが開発中のテクノロジーを紹介する「Sneaks」というセッションでは正式リリースや製品化が未定のテクノロジーが公開された。その概要を、アドビの安西敬介氏、橋本翔氏によるガイダンス動画「Insights from Adobe Summit」から紹介する。

メタバースは没入型イノベーション

 今回のAdobe Summitでは同社が初めてメタバースの世界観を紹介したことが注目される。アドビの安西敬介氏、橋本翔氏はその概要を、動画「Insights from Adobe Summit 2022」で解説している。キーノートのセッションでアドビは没入型の3D体験作成ツールや、Eコマースプラットフォーム、バーチャル顧客体験を「メタバースReady」な製品群にしていくと表明し、事例として顧客体験のパーソナライゼーションソリューションの連携の模様が紹介された。さらに、メタバース対応の主な要素を含む数々のテクノロジーの進化とデジタル体験の提供に関して、The Coca-Cola CompanyEpic GamesNASCARNVIDIA などトップ企業とのコラボレーションを発表している。

 アドビは2022年中にSubstance 3D Collectionの3D機能を拡張し、新しい「Substance 3D Modeler」を追加することで、3Dビジュアルとエクスペリエンス制作を支えるソリューションとして刷新する予定だ。アドビの3Dツールは、FortniteRobloxHaloFlight Simulatorなどの没入型ゲームの開発に使われている。また「Dune」「The Mandalorian」「Blade Runner 2049」などの映画にも使用されている。また、アドビは、AR体験をオーサリングする業界最先端のツールであるAdobe Aeroも提供している。

 アドビが公開したメタバースのプレイブックでは、メタバースを「共有可能な没入型体験」と定義している。そしてこの没入型体験を、「ブランドと顧客が交流する新しい可能性」として位置づけ、「Experience」「Device」「Commerce」「Engines&Delivery」「Creative Ecosystem」の5つの分野で拡充していくというのが、アドビのメタバースの方向性だ。

出典 Adobe資料:Metaverses and other shared immersive experiences.

 製品面では、「メタバースReady」な没入型コンテンツの制作のための3Dデザインやレンダリングツールを今後さらに進化させ、製品設計やマーケティングおよびEコマース資産の開発に活かしていくようだ。

 「例えば、遠隔地にいる同僚がバーチャルデザインスタジオで一緒に新製品を開発したり、顧客が衣服をカスタマイズして自分だけの一着を作り、自分の体型やサイズを模倣したアバターでそれがどう見えるかを確認するなど、さまざまな形で実現することができること」(『メタバース プレイブック』より)

 将来的には、メタバースの中でのEコマースが新たなビジネスチャンスを生む。現在、アドビの事業は、BtoBでの企業のデジタルソリューションを提供するAdobe Experience Cloudと、Photoshop、Illustratorなどに代表されるクリエイター向けのツールを提供するAdobe Creative Cloudの2つがある。この2つの領域が、メタバースの時代には融合していく可能性を見据えているといえるだろう。

次のページ
Sneaksで紹介されたアドビの開発中のテクノロジー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15980 2022/05/20 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング