SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

エンタープライズITのホープを訪ねる

「産業革命以来の大きな構造変化が起きている」 脱炭素で欧米追従の日本にも逆転のチャンス

【第9回】アスエネ 渡瀬丈弘氏

 カーボンニュートラルや脱炭素、ESG経営といった用語を耳にする機会も増えてきた。日本においても徐々に取り組みが本格化する中で、いち早く“CO2排出量を可視化する”SaaSを提供しているのがアスエネだ。今回は、同社で執行役員 CPOを務めている渡瀬丈弘氏に、日本における脱炭素を取り巻く市場の現況などを訊いた。

日本でも数少ない「脱炭素」に挑むCPO

 脱炭素やカーボンニュートラルの動きが活発化している。日本を含めた各国地域が2050年のカーボンニュートラル実現を表明している中、民間企業でも主体的な取り組みを求められており、経営上の重要課題として位置付けている企業も少なくない。2022年6月2日に開催されたJEITA(電子情報技術産業協会)の会見では、産業界におけるカーボンニュートラルの動向にも言及。「Green x Digital コンソーシアム」において、サプライチェーン全体の二酸化炭素(CO2)排出量の可視化はもちろん、共通データフォーマットの策定などグローバルなルール形成の重要性が示されたことも記憶に新しいだろう。

 こうしたCO2排出量などを可視化するためのサービス市場は拡大しつつも、依然として欧米で先行して盛り上がりをみせている状況である。その中で、日本においてクライメートテック企業としてクリーン電力小売事業やCO2排出量算定SaaSを提供しているのがアスエネだ。2019年10月に創業されたスタートアップであり、「サスティナビリティ・トランスフォーメーション(SX)」推進に取り組んでいる。

 「CO2排出量見える化・削減クラウドサービスCO2排出量を見える化するSaaS『アスゼロ』、CO2ゼロのクリーン電力サービス『アスエネ』という二つのサービスを軸に事業を展開しています。脱炭素やカーボンニュートラルは、金融庁や東京証券取引所による『コーポレートガバナンス・コード』[1]の改訂でも掲げられている重要なキーワードであり、一度は耳にしたことがあるでしょう。多くの企業が積極的に取り組もうとする一方で、どこから着手すればよいのか戸惑っている様子も見受けられます」と語るのは、同社で執行役員 CPOを務める渡瀬丈弘氏だ。

アスエネ CPO 渡瀬丈弘氏
アスエネ 執行役員 CPO 渡瀬丈弘氏

 ESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)に関する情報開示を積極的に実施することは企業価値向上に欠かせなくなっており、多くの投資家なども重要な判断要素としている。それだけに取り組みに向けた動きは加速しているものの、温室効果ガスの算定から着手しようとしたけれども時間がかかったり、時間や人数などのリソースが割けなかったりと思うように前進しないことも珍しくないという。

 渡瀬氏は、「そもそも正しいやり方がわからないという問題があります。大企業に限らず中小企業においても脱炭素への意識は高まっており、さまざまな相談を受けるようになりました。まずは、請求書などの紙やPDFを基にCO2排出量を可視化するところから始められるようSaaSを提供しており、企業によっては環境価値証書やクリーン電力と相互利用するところまで進んでいます」と説明する。

 現在CPOを務めている渡瀬氏は、もともとITコンサルタントとして電通国際情報サービス(ISID)でキャリアをスタートしており、リクルートへ転職後に受付管理SaaS「Airウェイト」立ち上げで全社トップ表彰されるなど、プロダクト開発において才覚を発揮してきた人物だ。電力小売ビジネスを起案・推進した経験もあり、SaaSプロダクトを活用して“脱炭素”というグローバル規模の課題解決に取り組みたいと同社に移ったという。

 プロダクトの戦略立案や機能定義など、リリースまでの責任を負いながら、開発組織の運営も担っている渡瀬氏は、「短期的な機能開発ではなく、実現したい世界観に対する最適解を考え、推進役を担うことがCPOの役割だと思っています。つまり、誰からも感動されない “イケてない” プロダクトになったときの責任はすべて私にあるということです」と語る。

 そんな同氏は、プロダクト開発において“人間は本質的に変わらない生き物”として考えることを重要視しているという。たとえば、今多くの人が利用している健康管理アプリは違う形になろうとも、本質的に求められる機能は変わらない。多様なサービスが提供される中で本当に選ばれるためには、“シンプル・カンタン・スマート”に課題を解決できるかどうかだと説明する。

 また、CPOにはエンジニアリングのバックボーンも必要だとし、「データ分析のためにSQLを叩けたり、実際に実装を経験したりすることは重要です。そこを理解できないとエンジニアと同じ言葉で話すことができません。もちろん、技術的に尖っている必要はありませんが、相手を理解する必要があります。エンジニアやデザイナーなどに正しい情報を届けることもCPOの仕事です」と説明する。

 あくまでもイノベーションを生み出すのはエンジニアやデザイナー、マーケターなどのメンバーであり、自身は常に黒子としてメンバーの橋渡しを担う。最適な動き方や考え方を提供して、中長期的な目線でもプロダクトをよい方向へ導くことが求められているという。

[1] 『コーポレートガバナンス・コード~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~』(東京証券取引所)

次のページ
欧米に追従するも、競争の余地は残されている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
エンタープライズITのホープを訪ねる連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16243 2022/07/07 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング