SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」

日清食品グループCIO成田氏に聞く ローコード開発による「内製化」の推進

第25回【DX実践研究編】日清食品グループ (1)


 富士通 デジタルビジネス推進室エグゼクティブディレクターの柴崎辰彦氏が、国内のDXリーダーに、デジタル変革の考え方と実践事例を聞く連載。今回から、日清食品ホールディングス株式会社 執行役員・CIO(グループ情報責任者)の成田敏博氏に聞くDXの実践事例を4回連続でお届けする。第1回は、日清食品グループの「内製化」の実践を紹介する。

トップ写真:日清食品ホールディングス株式会社 執行役員・CIO(グループ情報責任者) 成田敏博氏/富士通 柴崎辰彦氏

 「デジタル変革(DX)をどこから進めるのか」という問いに対して、デジタルビジネスの黎明期の5,6年前なら新規ビジネスを想定するケースが多かった。「両利きの経営」でいうところの新規ビジネスの「探索」だ。その一方、最近では、既存のビジネスの「深化」を目的に従来の現場業務をデジタル化によって効率化し、余力を生み出すことにより付加価値のある業務を推進することを狙うケースが増えた。特にコロナ禍の影響で従来の仕事の進め方では立ち行かなくなるケースも多く、現場業務のデジタル化支援は企業にとって急務となっている。

「付加価値化加速」でぬるま湯を沸騰させる

 日清食品グループでは、中長期における成長戦略のテーマとして、1)既存事業のキャッシュ創出力強化、2)EARTH FOODCHALLENGE 2030(有限資源の有効活用と気候変動インパクト軽減へのチャレンジ)、3)新規事業の推進(フードサイエンスとの共創)の3つを掲げている。そして「NISSIN Business X formation(NBX)」というを全社活動の中で、純粋なデジタル化に留まらないビジネスモデル自体の変革を目指している。

 この全社活動テーマの実行について情報システムを統括するCIOの成田敏博氏にお話をお伺いした。成田氏は、DeNAやメリカリを経て日清食品グループに2年半前に入社し、同社のデジタル変革を牽引して来た。

 日清食品グループでは、経営トップが「日清熱湯経営」というメッセージで社内に檄を飛ばしている。「ぬるま湯を沸騰させる」という意味合いで、「生産性を200%にしよう。その為にデジタルを使い倒そう」というものだ。成田氏の同社でのデジタル変革はまさに現場部門でデジタルを使い倒すことからスタートした。

「まず、ローコードツールを使ってシステム開発の内製化を進めてきたことで、今後の企業システムの方向性を先取りして取り組めたと考えています」(成田氏)

日清流「熱湯経営」
日清流「熱湯経営」

日清食品グループがローコード開発に取り組んだ理由

 日清食品グループはいわば『非IT企業』なので、プログラミングができる人間が限られている。そうした条件でもシステム開発の内製化が可能になった理由は、ローコードツールの採用にある。サイボウズのkintoneやマイクロソフトのPowerAppsといったツールを、内製化のための強力な武器として活用した。

「日清食品に入社した時、既にペーパーレス化が進んでいましたが、決裁書や申請書、業務連絡書など、依然として様々な業務の中に紙が残っており、コロナ禍における全社在宅勤務体制への移行の足かせとなっていました」(成田氏)

 ローコード開発ツールの選定にあたって、1)レスポンスを含めたユーザビリティの高さ、2)モバイル利用への適正、3)クラウドネイティブであること、4)オープンAPIによる他システムとの連携・拡張性、5)自社メンバーのみでのシステム開発ができることなどを重視した。実際に利用しているユーザー企業21社をヒアリングし、6システムに絞った上で、実際にこれらのシステムの幾つかについては、自分たちで実際にプロトタイプを作り、ローコード開発ツールを選定した。

ローコード開発とツール
ローコード開発とツール [画像クリックで拡大]

 成田氏が入社する前からいくつかのツールは利用されていたものの、使い勝手が悪く現場では不評だった。当時は、現場開発が出来ず外注に頼るため、何をやるにも数百万の費用、数ヶ月の期間がかかることから、容易に改修や拡張が出来ない状況が続いた。

 そこで、従来のやり方を一新する意味で選定したのが、kintoneだった。導入にあたりシステム選定を1ヶ月半で行い、2020年の4月にパイロット導入して初回稼働させた。これが成功裏に進んだことからIT部門だけでなく、他の現場に対しても展開を進めることになる。1年かけて全社展開をして、今は利用拡張をしている段階だ。導入したのは、グループ内の最大企業である日清食品の社内の決裁システムからだった。

「現場のメンバーはもちろん、最上位の役員まで利用するサービスだったので、社内でのkintoneの認知度が一気に上がりました」(成田氏)

 それ以降、以前は紙やExcelを使用していた総務や経理、人事、法務、製品開発などの部門もkintoneを導入。初めはIT部門が開発を支援していたが、次第に現場の人間が自分たちで手を動かすようになったという。現在では各部門にそれぞれ数名システム開発ができる人材がいて、現場主導で進めている。IT部門は、随時必要に応じてサポートをしている。kintoneによる現場開発は、申請業務やExcelデータ管理業務の領域でペーパーレス化やハンコレス化を推進し、大きな定量効果がみられた。

Kintoneによる業務改善の定量効果
kintoneによる業務改善の定量効果 [画像クリックで拡大]

次のページ
内製化は業務部門が主導だが、IT部門の支援は重要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柴崎 辰彦(シバサキタツヒコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16272 2022/07/15 15:06

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング