SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

変化する情報活用ニーズ、進化しないデータウェアハウス

これからの情報系システムが目指す方向性は「リアルタイム」

第5回

複数の業務をまたがった情報

 現在稼動している多くの情報系システムでは、ある特定の業務を分析したレポートを提供しています。その業務を改善するために開発されたシステムであれば勿論問題はないのですが、昨今の状況をみますと、ある特定の業務を個別に改善することはさることながら、連携した業務プロセス全てに渡って、全体最適化を行っていかなければ差別化を生み出すことができない、というニーズが増えてきているようです。

 製造業のサプライチェーンは良い例で、製・配・販のプロセスが連携し、一つの大きなプロセスを作り上げています。当然のことながら、あるプロセスが他のプロセスに大きな影響を与えながら日常の業務は回っており、その関連性を把握しない限り、企業の全体的な改善は実現できません。製造プロセスが生み出すデータ、配送プロセスが生み出すデータ、販売プロセスが生み出すデータを横串に分析、現状や過去の傾向を把握し、タイムリーかつ正確な需給調整を行うというのがニーズです。

図3 製配販データの統合分析
製配販データの統合分析

 また、昨今話題のトレーサビリティでは、製造データと利用者情報、不具合情報などを連携させ、問題のある製品から対象ロットを特定するトレースバック、問題あるロットから利用者を特定するトレースフォワード、不具合情報とロット情報を連携させヒヤリ・ハットから事故を未然に防ぐ取り組みなどがニーズとして挙がっています。

図4 統合トレーサビリティシステム
統合トレーサビリティシステム

次のページ
過去の情報

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
変化する情報活用ニーズ、進化しないデータウェアハウス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

サイベース 冨樫 明(サイベース トガシ アキラ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/220 2007/11/08 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング