Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECがITサービス事業戦略を発表。クラウド事業で1000億の投資

  2010/10/15 19:46

 NECは10月13日に事業説明会をおこない「ITサービス事業成長戦略」を発表した。クラウド指向データセンタ(以下CODC)を立ち上げるなどクラウドサービス事業に3年間で1000億円の投資をおこなうという。

  NECは2010年度はSIの収益体質強化による増益を見込んでおり、業績としては着実としながらも、SIやコンサルティングでの伸びはまだ弱いと見ているようだ。

 発表をおこなったITサービスユニット 取締役 執行役員常務の冨山卓二氏は

 「世界市場での地位は8位で、競合や米国企業に比べるとまだ低い。今後の成長のドライバは世界」と述べ「特にアジア太平洋地域が勝機」とつけ加えた。

 SIベースでのグローバル事業を加速するために「クラウドサービス」を核に据えているという。

 それでは、NECの掲げるクラウドサービス事業とは何か。冨山氏の発表によると、既存システムを段階的にクラウド環境に移行させ、顧客の案件受注を拡大していくという方向であるようだ。

 「クラウドといっても中心はSI、高信頼なSI無くしてクラウドサービスは提供できない」(冨山氏)と断言。具体的なソリューション展開としては、NECの経営改革の実践のノウハウをクラウド指向サービスとして体系化すること、業界、業種連携型のクラウド事業を創ることととし、注力領域としては共同センタ型やSaaS型などのアプリケーションであることなどを掲げた。

 グローバルにはクラウド指向データセンタ(CODC)を海外5極で展開する他、国内では中堅中小企業向けの「SaaSパートナープログラム」を立ち上げ50種類のサービスを提供や国内データセンター10ヶ所の強化などを行う予定。

 最後に冨山氏は、クラウドのサービスの勝機については「単価が安いことと高収益志向は矛盾しない。高付加価値のSIの改善で収益性の向上をめざす」と語り「クラウドで1000億円の成長、グローバルで1000億円の成長のV2012の達成が目標」と締めくくった。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5