SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

高速処理にはデータベース!

第4回


ELTツールをうまく使いこなしましょう

 なぜデータをこのようにまとめておく必要があるのでしょう?

 一番大きな理由は、そのデータを使った分析の、パフォーマンスをよくするため、と言えるでしょう。分析をする際に、色々なところからデータを引っ張ってきて、それから分析をする、ということもできますが、可能な限り前もってデータをまとめておくことで、分析の際に余計な処理をせずに済みますから、パフォーマンスがよくなるというメリットがあります。

 ちなみに、このようにデータを様々なところから引っ張ってきて、必要な加工を行い、目的のシステムやファイルにロードするためのツールを、「ETLツール」と呼びます。Eはデータを引っ張ってくるExtractの頭文字「E」、Tはデータを加工するTransformの頭文字「T」、LはロードをするLoadの頭文字「L」です。ETLツールはそれだけで販売されていることもありますが、SQL Serverの場合はSQL Server自体に機能として含まれていますので、改めて用意する必要がありません。SQL Serverをデータベースとして利用する時のメリットの1つと言えますね。

 実際の画面のデモは動画でもご覧いたくことができます。動画で分かるSQL Server2008 R2シリーズの「標準で装備のETL(Extract/Transform/Load)ツール[SQL Server Integration Services]」をご覧ください。

SSISについてもっと詳しく知りたい、という方は、是非SQL Server 2008 R2自習書シリーズの「Integration Services入門」「Integration Services 応用」をご覧になってください。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3399 2012/02/10 17:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング