Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

スーパーコンピューター「Firestorm」を活用してタービン性能を最大化 IBMのビッグデータ分析が、デンマークVestas Wind Systemsの風力発電のスマート化に活用

  2011/10/26 00:00

IBMは、デンマークの電力会社Vestas Wind Systemsが、風力タービンの最適な設置により発電量の最適化を図るために、IBMのビッグデータ分析ソフトウェアと高性能なIBMシステムを導入したと発表した。

Vestasは、IBMのInfoSphere BigInsightsソフトウェアとIBMのスーパーコンピューター「Firestorm」を活用して、天気予報、潮汐、地理空間データ、センサー・データ、衛星写真、森林伐採マップ、気象情報のモデルをはじめとする、数ペタバイトにおよぶ構造化データおよび非構造化データを解析するという。

それにより、最適な設置場所を特定し、タービン設置に関する課題の解決をめざしていくという。その結果、いままで数週間を要していたデータ解析が1時間以内で完了できるようになるとしている

Vestasは、設置場所を特定するプロセスにおいてIBMのソフトウェアとスーパーコンピューターを活用し、タービンの稼動が開始した時点からタービンのパフォーマンスを予測し、気象の変化による風力タービンの各ブレードの発電量の推移を解析して、メンテナンスに最適な時間帯を割り出すという。

Vestasは、今後4年間で気象データはますます複雑化し、データ量も20ペタバイトを超過すると予測しており、ビッグデータ分析の重要性が高まっているとされる。

■ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2011/10/2502.html 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5