Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

米Imperva、ビッグデータ対応を強化したデータセキュリティソリューションの最新版

2014/11/26 14:40

 米Impervaは、データセキュリティソリューション「SecureSphere バージョン11.0」を発表した。このソリューションは、ビッグデータへのアクセスを維持しながら、保全を目的に設計されたエージェントベースのソリューション「SecureSphere Agent for Big Data」を提供する。「SecureSphere Agent for Big Data」は、HadoopのClouderaとHortonworksに対応している。

 「SecureSphere Agent for Big Data」は、「SecureSphere Database Activity Monitor(DAM)と協調し、アプリケーションだけでなく、構造化、非構造化およびクラウド・リポジトリ全般のデータを保護するという。

 「SecureSphere DAM」は、拡張性、効率性をサポートし、総保有コスト(TCO)を削減。「SecureSphere Agent for Big Data」もビッグデータ環境固有の規模、速度、多様性に対応するよう設計されているという。

 「SecureSphere Agent for Big Data」により、自動化されたプロセスを通じて、監査分析やカスタマイズが可能なレポートと、ビッグデータの使用状況を監視するための独自のアプローチで、効率良くビッグデータ向けのコンプライアンスを実証可能だとしている。

 またImpervaは、「SecureSphere Web Application Firewall(WAF)」のオプションサービスとなる「ThreatRadar Bot Protection Services」も発表した。「ThreatRadar Bot Protection Services」は、正当なボット、不正なボット、人によるアクセスを区別することが可能。「SecureSphere WAF」と併せて利用することで、Webアプリケーションに対する最大の脅威である「悪意あるボット」を迅速に特定し、防御することができる。

 「ThreatRadar Bot Protection Services」は、独自のクライアント分類エンジンとWebアプリケーションにアクセスするクライアントのプロファイルのリアルタイム・フィードを活用している。

 「SecureSphere Agent for Big Data」、および「ThreatRadar Bot Protection Services」は、2014年度末までに提供を開始する予定。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5