SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

EMCで活躍するオラクルスペシャリスト、三浦真さん

 EMCというとストレージを中心としたハードウェアベンダーのイメージが強い。にもかかわらず、データベースのスペシャリストがいるという。SIの経験を多く積み、バイオ関係のベンチャーも経験して現在に至るという。

ハードウェア中心のベンダーでソフトウェアのスペシャリストに

三浦真さん
三浦真さん

 EMCのオールフラッシュ「XtreamIO」製品紹介セミナーにて、Oracle Databaseを稼働させたときのパフォーマンスについて解説している人がいた。それが三浦真さんだ。

 現在はEMCにてオラクルのスペシャリストとしてプリセールスや検証支援などを行っている。EMCといえばストレージのハードウェアからバックアップのソフトウェアなど、ストレージを中心に製品を展開するベンダーだ。同社には三浦さんのようにソフトウェアのスペシャリストもいる。

 「バックアップは取れるだけではダメですよね。普段の運用で効率良く取得するにはどうするか。バックアップしたものをちゃんとリストアするにはどうするか」と三浦さんは話す。

 例えばある現場ではOracle Databaseで運用しているデータが100TBあるという。顧客は「大事なデータなので、できれば毎日フルバックアップしたい」という意向がありつつも、100TBもあると通常ではバックアップに50時間程度必要になる。2日以上かかる処理を毎日実行することはできない。そこで週に1回、あるいは月に1回フルバックアップして、後は差分でバックアップするのはどうか。あるいは別のサーバーにデータを同期することでバックアップとするのはどうか。そんなことを顧客と相談したりする。

 ハードウェア中心のベンダーでソフトウェアのスペシャリスト。ここに至るまでどのような道を歩んできたのだろうか。

次のページ
買収の知らせを箱崎で聞く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7260 2015/10/13 06:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング