Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ANNAI、DKANを活用したオープンデータ公開支援ソリューションを開始

  2016/02/22 14:00

 ANNAIは、国や自治体のオープンデータ公開、電子行政オープンデータ実務者会議からの公益企業へのオープンデータ公開の流れを受け、エンタープライズ向けCMSであるDrupalのディストリビューション「DKAN」を活用し、オープンデータ公開支援ソリューションを開始すると発表した。DKANの信頼性・柔軟な権限設定・サイト内全検索・柔軟なデザイン・機能拡張性の高さなどの特性を活かしながら、管理側・利用者側ともに使いやすいオープンデータの公開をサポートするという。

 オープンデータを公開する立場の国や自治体・企業は、データポータルサイトと呼ばれる、公開のためのWebサイトを設置している。データポータルサイトを設置することにより、公開するためのデータを登録さえすれば、データの内容をWebサイト上のプレビューや、データをAPIとして取得することができるようになる。

 プレビューは、一般の方に閲覧しやすくするための機能で、APIは他のWebサイトやスマートフォン用のアプリからデータを取得しやすくするという、開発者向けの仕組みであり、行政の透明化およびオープンデータの活用促進等において重要な役割を果たすツールになるという。

 DKANは、エンタープライズ向けCMSのDrupalをベースに作られたデータポータルサイト。Drupalは、世界中に開発者コミュニティが存在し、セキュリティチームも存在しているため、ホワイトハウスやオーストラリア政府全体で採用されるなど、信頼性の非常に高いCMSとして採用が進んでいるという。

 Drupalには、2万以上の機能拡張用モジュールが存在するため、データカタログサイトへの機能追加にも柔軟に対応することができるという。また、ユーザーの権限も自由に付加することができるため、組織におけるデータの管理体制に合わせたシステムにすることができるという。例えばA課とB課、各課内のみでデータ閲覧を可能にしたり、承認フローを作ったり、といったことも柔軟に設定することができるとしている。

 ANNAIでは、これまでのエンタープライズでの開発ノウハウを活かし、地域課題の解決を目的に、地方自治体を中心とする公共データを活用したコンテスト「アーバンデータチャレンジ」のデータポータルサイトを構築した。

 ファイルの内部まで検索を可能とする検索エンジンSolr(ソーラー)の機能構築、ユーザーの検索性向上を目的とした検索候補(サジェスチョン)機能構築、サイト全体の柔軟なデザインなど、Drupalならではの機能追加も行ったという。

 「アーバンデータチャレンジ」では、 データポータルサイトをデータ提供サイトとしてアイデアソンやハッカソンを実施してきた。活動を通じてコンテストへ応募された作品は、2月26日(金)~27日(土)にかけて開催される最終審査会・報告会で審査され、 優秀作品の表彰などが行われることになっているという。

 ANNAIでは、引き続き「アーバンデータチャレンジサイト」のサポートを行うとともに、構築のノウハウを活かし、国・自治体やエンタープライズ企業の支援を積極的に行っていくとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5