SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

IT戦略活用の鍵、基幹システムをクラウドに移行せよ!カルビー前社長中田康雄氏、NTT Com等が講演

基幹システムをターゲティングした次世代クラウド基盤――NTT Com

NTTコミュニケーションズ株式会社 クラウドサービス部
販売推進部門  木村 幸夫氏

 NTTコミュニケーションズは2011年10月に「Global Cloud Vision」を発表。グローバルでICT環境の最適化を通じて顧客への経営改革への貢献を目指すことを盛り込んだビジョンだ。以来、SDx(ソフトウェア定義化)の範囲を拡大するなど多様な施策を重ね、2015年にはIDC社発表の「Worldwide Telecom Service Provider」と、ガートナー社発表の「Magic Quadrant for Cloud-Enabled Managed Hosting, Asia/Pacific」ではともに「リーダー」と格付けられるほどに成長した。  

 2016年3月1日には「Enterprise Cloud」サービスを強化・拡充し、基幹システムに対応するラインナップを豊富に揃え、新たなステージへと突入した。同社 木村氏がEnterprise Cloudの特徴を紹介した。

特徴1:ホステッドプライベートクラウド

 専用ハイパーバイザー、物理サーバー、共有サーバーを組み合わせた構成をEnterprise Cloudへマイグレーションできる。これまで移行が困難とされたオンプレミスのネットワーク(プライベートクラウドや物理サーバー)やシステムをAPIや管理ツールも含めて移行できることになる。

特徴2:OpenStack含む幅広いAPI&PaaS

 OpenStackやCloud Foundryなど幅広いインターフェースが利用できるため、サーバーやアプリケーションのプロビジョニングや管理を自動化できる。

特徴3:遠隔DC接続10Gbpsネットワーク

 グローバルなネットワークの接続性が強力だ。国内外のクラウド拠点間やコロケーションDC間をSDN技術でシームレスに、かつLAN相当の高パフォーマンスで接続できる。

特徴4:複数クラウドの一元管理

 多様かつ複雑に混在した複数のクラウド環境でもマルチクラウド対応の管理プラットフォーム「Cloud Management Platform(CMP)」で効率的に運用管理が可能となる。システム運用担当の負荷を大きく軽減できる。  

 パートナービジネスに関してはパートナー専用のポータルを提供する予定。複数の顧客を一元管理したり、顧客のクラウド環境にテンプレートを配信するなどできる。パートナー向け基盤も提供されており、アジャイルNWマッピングにより多様なネットワークトポロジーを構成できる。特に同一テナント内に複数のゲートウェイやファイアウォールを設置可能で、差別化要因となっている。  

 Enterprise Cloudについては情報公開ポータルサイト「Knowledge Center」で公開中。

次のページ
NTT Comパートナー各社が語る基幹システム×クラウド活用の実践

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7803 2016/03/30 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング