Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

FalconStor Software、ファイルベースの重複除外ソリューションを発表

2008/12/04 13:47

FalconStor Software,Inc.は4日、新製品としてファイルベースのデータ重複除外システム「FIDS (File-Interface Deduplicatoin System)」の発表を行なった。

 FalconStor Software,Inc.は4日、新製品としてファイルベースのデータ重複除外システム「FIDS (File-Interface Deduplicatoin System)」の発表を行なった。

 FIDSはブロックレベルの重複除外ソリューション。バックアップレポジトリとしてネットワーク共有インターフェースを提供する。同ソリューションを利用することによりスペースを節約できるほか、データを効率的にディスクに書き込むための新たな選択肢が得られる。中小規模ユーザの場合は、ディスクtoディスクのバックアップ/レプリケーション機能を利用できるためコスト削減、利益の向上を実現できるという。

 FIDSの主な機能は以下の通り。現在はベータテストを実施しており、2009年第1四半期での出荷を目指している。

  • ブロックレベルの重複除外のためのCIFS/NFSファイルインターフェース
  • 重複除外レポジトリへのファイルレベルでの即時アクセス
  • 各種サードパーティのバックアップソフトウェアに最適化
  • グローバル重複除外のためのN対1のレプリケーション機能
  • VMwareおよびMicrosoft Hyper-Vに対応したバーチャルアプライアンスとして導入可能

 また、仮想テープライブラリ「FalconStore VTL」の機能拡張と高速接続サポートの開始についても同日発表した。

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5