SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT部門が取り組むべきBCP対策の要諦

本当に動くBCPとは何か?日本企業におけるBCP対策の課題を考える

 巨大地震をはじめとする災害のリスクが高まっているにもかかわらず、BCPは策定したものの、放置され、形骸化した訓練を毎年繰り返しているという企業が多くあります。なぜBCPが必要なのか、BCPを策定するにあたって考慮すべき点は何なのか、などを基本に立ち返って考え、災害時に機能するBCPに変えていくためのヒントを紹介します。

そもそも、BCPとは何か?

 BCP(事業継続計画)とは基本的に二つを実施することです。一つは、なんらかの事故・災害から資産(特に人命)を守ること。もう一つは事業(製品やサービスを提供する活動)を継続することです。よく防災計画と混同されがちですが、防災は、水、食料などの備蓄品の整備や、建物の耐震補強など、事前の対策が主であるのに対し、事業継続は、被災した後も、限られた経営資源で、どのように事業を継続、復旧させるかという、事後対策が主になります。

 もちろん、事業を継続させるためには、可能な限り経営資源を保全する必要がありますから、防災の要素も重要です。言い換えると、事前と事後、両方の側面で、有事への対策を計画するということになります。  

 計画の策定にあたっては、事故・災害が発生してから事態が収束するまでの対応フェーズ毎に整理すると、わかりやすいでしょう。これは発災直後の個々人の安全確保活動および企業防災活動に関する「緊急時対応計画」、災害対策本部の体制および実施すべき活動に関する「危機管理計画」、災害発生時に最優先に継続すべき事業・業務に関する「事業継続計画」、平時の状態に戻すための活動に関する「事業復旧計画」の4つに大別されます。では、なぜBCPが必要なのでしょうか。

図1:BCPとは?

次のページ
BCPの必要性、BCPの考えるリスクとは? 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT部門が取り組むべきBCP対策の要諦連載記事一覧
この記事の著者

高橋 篤史(タカハシ アツシ)

ニュートン・コンサルティング株式会社 コンサルタント 大手SI企業にて物流業、小売業、製造業、通信業の顧客を中心に、プロジェクトマネージャとして、システム構築を行う一方、ERP導入コンサルティング、全社データモデル構築等を実施。2010年、コンサルティング・ファームに転職した後は、ISMS構築、全...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9172 2017/05/09 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング