Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「HANA」に関する記事

27件中1~20件を表示
  • 2018/09/20

    SAP HANAをカジュアルに使ってみよう – SAP HANA, express edition –

     昨今、インメモリープラットフォームとしてSAP HANAを中心にデータ管理基盤を進化させているSAPですが、エンジニアの方を中心に「でも、触ったことないし〜」「あれってアプライアンスなんでしょ〜」といった簡単に環境にアクセスできないことへのフラストレーションをお聞きするのも事実です。そこで今回、そのような皆さんに「無料」「簡単」「柔軟」にSAP HANAを利用できるSAP HANA, express editionを紹介します。

  • 2018/05/09

    Oracle技術者から見たSAP HANAはここが凄い!

     今まで5回の連載を通してSAP HANAの主にアーキテクチャ観点からの特徴を解説してきましたが、最終回はOracle技術者から見た「SAP HANAの凄い点」についてまとめてみたいと思います。

  • 2018/03/14

    SAP HANAの永続化技術とは

     今回は前回予告したように、SAP HANAの永続化技術について解説します。

  • 2017/12/22

    HANAはどうやって行を識別しているのか

    今回は前回予告したように、SAP HANAのカラムストアでどのように行(ロー:Row)が識別されるのかということを解説します。

  • 2017/11/08

    SAPジャパンが「SAP Data Hub」提供開始、基幹系と分析系のデータの溝を解消

     SAPジャパンは、ビッグデータ活用のための新ソリューション「SAP Data Hub」の提供開始を発表した。SAP Data Hubは、複雑なデータシステムを管理し、増大し続ける情報源から収集した膨大なデータを収益化するためのもの。SAP HANA上の基幹システムデータと、SAP Vora上の分析のためのビッグデータを統合的に扱いことが可能になる。

  • 2017/11/02

    SAP HANAの特徴と実行環境

     今回は「SAP HANAの実行環境や運用管理ツール等」について解説すると予告していましたが、多くのOracle技術者にとってSAP HANAは未知の部分が多いと思いますので、Oracleデータベースと比べたHANAの特徴、例えばOracleの◯◯はHANAではどうなっているのかということについて、まずQ&A形式で簡単に紹介します。(以下の記述は筆者が確認した情報で、仕様等はバージョンアップで変更される可能性があることをご承知下さい。)

  • 2017/08/30

    OLTPにも対応できるHANAカラムストアの仕組み

     今回は前回予告した「OLTPにも対応できるHANAカラムストアの仕組み」について解説します。

  • 2017/08/09

    真のリアルタイムOLAPとは

     筆者は過去約20年間、主にOracleデータベースに携わってきたエンジニアです。最初はアプリケーション開発者としてキャリアをスタートし、DBAとして多くのデータベースを管理することや、SQLチューニング、障害対応などを行ってきました。扱ってきたバージョンはOracle7から12cまで、HA構成からRAC、Data Guard、Exadataと、Oracle製品の進化とともに経験を積んできました。本連載では、そんな筆者が、Oracle技術者の立場からSAP HANAについて様々な視点から考えてい...

  • 2017/05/30

    最も謎めいたデータベースベンダーに潜入してみた―SAPジャパン 新久保浩二さん

     5年ぶり2度目の登場となる今回のDBプロはDBオンラインの読者の皆さんならご存じ、新久保浩二さんだ。スーツを着こなし、パソコンを小脇に抱え、受付ロビーに登場した姿はいかにも「ビジネスマン」そのものだった。データベースが大好きな青年はSAPジャパンで大人へと変身したかのようだ。新久保さんにとって変わったもの、変わらないものは何か。

  • 2017/01/31

    SAP、MapR、レノボがHANAとHadoopによるインメモリーコンピューティングを検証

     SAPジャパン、マップアール・テクノロジーズ(MapR)、レノボ・ジャパンは、ビッグデータを高度に活用してデジタル変革を推進する企業を支援するため、Hadoop向けのインメモリーコンピューティングのソフトウェア「SAP HANA Vora(ハナ ボーラ)」を活用するためのベストプラクティスとなる、ビッグデータ活用のレファレンス・アーキテクチャをホワイトペーパーにまとめた。このホワイトペーパーは、SAPジャパン、MapR、およびレノボの共通パートナーから無償で提供される。

  • 2017/01/31

    「業界のトレンドはどんどん取り入れていく」―イノベーションを求めるなら…SAP HANA 2登場!

     SAPがインメモリデータベースのHANAは、提供開始から6年が経過した。当初は、すべてのデータをメモリ上で扱う超高速処理が行えるデータベースとして、大きな注目を集めることに。「インメモリデータベース」と言う新たなITキーワードを定着させたのも、間違いなくSAP HANAだろう。とはいえその後は、各社がインメモリデータベース機能を既存製品に搭載し、この領域の市場競争は激化する。先陣を切ったSAPも、当初のデータベースシステムというカテゴリーから製品を1歩進めることに。今ではさまざまなアプリケーシ...

  • 2017/01/16

    「Microsoft Azure」の日本データセンター基盤を拡張、SAP HANAサポートを強化

     日本マイクロソフトは、パブリッククラウド プラットフォーム「 Microsoft Azure 」の日本データセンター 東日本リージョンにおいて、最大32コアCPU、0.5TBメモリを搭載した仮想マシン「Gシリーズ」を1月16日から提供開始したことを発表した。

  • 2016/12/09

    SAP HANA 2で2段目のロケット噴射し、次のイノベーションを加速させる

     12月8日、SAPジャパンはインメモリデータベース「SAP HANA」の次世代版となる「SAP HANA 2」の提供開始を発表した。次世代型アプリケーションに対応するプラットフォームを目指す。

  • 2016/12/08

    SAPジャパン、インメモリーコンピューティングの次世代プラットフォーム「SAP HANA 2」を提供

     SAPジャパンは、「SAP HANA」の次世代プラットフォーム「SAP HANA 2」を12月8日から提供すると発表した。「SAP HANA 2」では、SAPの革新的インメモリーコンピューティングプラットフォームの実証済みテクノロジーがさらに拡張されており、デジタル変革の新たな基盤を提供するという。

  • 2016/11/22

    ミラクル・リナックス、SAP HANA対応のシステムバックアップ製品を提供開始

     ミラクル・リナックスは、SAPジャパンが提供するインメモリコンピューティング製品「SAP HANA」向けのシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior for SAP HANA(MSS for SAP HANA)」を11月22日から提供する。また、デルとの共同検証を実施し、「MSS for SAP HANA」がデルが提供するSAP HANAアプライアンス「Dell EMC Validated Systems for SAP HANA」に対応したことを発表した。...

  • 2016/07/28

    JSOL、AWS上でSAP S/4HANA向け運用監視サービスを提供開始

     JSOLは、アマゾン ウェブ サービスのコンサルティングパートナーとして参画している取り組み「SAP on AWS CoE(Center of Excellence)」活動を通じて、JSOLのクラウド運用管理サービス「J-Across」を使用した、AWS上で稼働するSAP社のERPパッケージSAP S/4HANAの運用監視サービスの提供を7月28日から開始する。

  • 2016/05/25

    NEC、クラウド型「SAP HANA対応サービス」を最大6TBのメモリ容量で提供開始

     NECは、SAP社の次世代ビジネススイート「SAP S/4HANA」をクラウド型で提供する「SAP HANA対応サービス」を5月25日から開始すると発表した。新サービスは、さまざまな企業規模のニーズをカバー可能な最大6TBのメモリ容量を提供する。

  • 2016/05/16

    「SAP S/4HANA Enterprise Management」がNRIセキュアで国内初稼働

     野村総合研究所(NRI)とSAPジャパンは、SAPジャパンが提供する次世代のERP製品「SAP S/4HANA Enterprise Management」を、NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)の基幹システムに導入した。このシステムは、3月28日にシステム稼働、4月11日に業務利用が開始された。これは、「SAP S/4HANA Enterprise Management」の国内初の導入事例であり、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上で稼働している。

  • 2016/04/01

    NTT Com、「Enterprise Cloud」において「SAP HANAメニュー」の提供を開始

     NTTコミュニケーションズは、NTT Comの企業向けのクラウドサービス「Enterprise Cloud」において、SAP社のインメモリデータベース「SAP HANA」をクラウド提供する「SAP HANAメニュー」を4月1日から開始すると発表した。

  • 2016/03/10

    ノベル、「SAP S/4HANA」の導入促進へSUSE Linuxトレーニングを無償提供

     ノベルは、SAPソフトウェアのインテグレーションを提供するパートナー企業の技術者を対象に、「SUSE Linux Enterprise Server (SLES) for SAP Applications」のトレーニングプログラムを無償で提供することを発表した。これは、SAPジャパンが提供する次世代ビジネススイート「SAP Business Suite 4 SAP HANA」の既存システムからの移行や新規システム構築に最適なLinuxプラットフォームとして推奨されている「SUSE Linux...

27件中1~20件を表示
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5