大野 高志について:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 大野 高志(オオノ タカシ)

     株式会社アシスト サービス事業部 サポートセンター

     アシスト入社後、Oracle Databaseのサポート業務に従事。現在はサポート業務の傍ら、未解決のトラブルを一つでも多く減らせるよう、サポートセンターに蓄積されている調査のノウハウを社内外に伝える活動を行っている。


執筆記事

  • 2017/09/04

    Oracle Databaseのパフォーマンスダウン発生に備えたV$ビューの定期取得と調査方法

     データベースに一時的なパフォーマンスダウンが発生した場合、調査のためにはパフォーマンスダウンが発生していた当時、つまり、過去のデータベースの情報が必要です。本稿ではパフォーマンスダウンに備えた動的パフォーマンスビュー(V$ビュー)の定期取得方法と、ビューからの調査方法を実際のサポート事例と併せてご紹介します。

  • 2016/07/13

    Oracle Databaseが起動できない時の確認ポイント

     「データベースが起動できない」というトラブルが発生した際には、データベース起動時に内部的に行われるステップがどこまで進んでいるのかを正確に把握することが解決の時間短縮につながります。本稿では、データベースが起動できなくなってしまった際に確認すべきポイントを、実際のサポート事例と合わせてご紹介します。

  • 2015/06/26

    Oracle Databaseで接続障害が発生した際の調査手法

     アシストは1987年よりOracle Database製品の取り扱いを開始し、教育、技術支援、サポートを提供しています。Oracle Databaseはシステムの基幹となるソフトウェアであるため、ミッションクリティカルなシステムに対応できる24時間365日のサポートが必要となります。2014年、弊社サポートセンターでは1万件以上のOracle Database製品に関するお問い合わせをいただきました。お問い合わせの内容は様々ですが、運用中に発生したトラブルに関するお問い合わせの中でも早期解決の...

  • 5649_a.jpg
    2014/03/07

    Oracle Databaseのハングを迷宮入りさせない

     Oracle Databaseで発生する問題の中でも原因の特定が難しいデータベースのハングアップ。その調査を行うにあたり、最も重要なsystemstate dumpの取得方法と調査方法について紹介します。

4件中1~4件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5