EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第6回)  マス・イノベーションとオンライン・コラボレーション環境のデザイン 

  2012/11/21 10:00

前回は、空間のデザインやレイアウトなどがワークショップでの発想力に影響を与える例を紹介しながら、創造性の関数としての「環境」について考えてみました。今回はその環境と想像力の関係について、オンラインでのコラボレーション環境とデザインをテーマに考えてきます。

 マス・イノベーションの時代の到来 

 2025年をターゲットにした「働き方の未来」が描かれ話題になった書、『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン著)の第5章「コ・クリエーションの未来」では、ブラジルのリオデジャネイロで暮らすミゲルという青年が、インド北部の都市ラクナウの交通渋滞の問題を解決するために、世界中に散らばった仲間と「テレビ会議」や「ホログラム(立体映像)」などのオンラインツールを用いながら、マス・イノベーションのための活動を展開するシナリオが描かれています。

 著者のリンダ・グラットンは「2025年の世界では、インターネットなどのテクノロジーの力により、イノベーションと創造が「マス(大量)」型の活動に変わる。大勢の人がそのプロセスに参加するようになるのだ」と書いていますが、その徴候としてのプラットフォームはすでに実際に登場しています。

 たとえば、デザイン思考のアプローチで様々なイノベーションの実現を支援しているIDEOが提供する「OpenIDEO」もその1つといえるでしょう。

OpenIDEOでのコラボレーションが成功したプロジェクトを紹介したページ

 OpenIDEOは登録したユーザー同士が様々な社会課題の解決のためのアイデアを共有するマス・イノベーションのためのプラットフォームです。

 ユーザーは、スポンサーが提示した「CHALLENGES」と呼ばれるプロジェクトに対して、アイデアを出し合います。アイデアを発散する「Inspiration」、投稿された複数のアイデアを元に具体的な案にまとめていく「Concepting」や「Applause」、さらに案をブラッシュアップして絞り込んでいく「Refinement」、各案を評価し合う「Evaluation」という5つの段階を経ながら、具体的な解決策を探っていくしくみになっています。

 現在、リアルな場においては、フューチャーセンターのように様々な人びとがオープンに集い、対話を通じて未来を創造していくマス・イノベーションの場での活動が活発になっています。今後はそうした活動をさらに時間や場所に縛られない形でオープンにし、世界の様々な地域の問題解決を、様々な地域に住む人たちの知恵を結集することにより、イノベーションを実現していくことが強く求められてくるはずです。

 そのときには、OpenIDEOをさらに発展させて、参加しやすくなったオンラインのコ・クリエーションのプラットフォームが必要とされるのではないでしょうか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 棚橋弘季(タナハシヒロキ)

    棚橋弘季(たなはしひろき) 株式会社ロフトワーク所属。イノベーションメーカー。デザイン思考やコ・デザイン、リーン・スタートアップなどの手法を用いてクライアント企業のイノベーション創出の支援を行う。ブログ「DESIGN IT! w/LOVE」。著書に『デザイン思考の仕事術』 など。

バックナンバー

連載:ThinkSocialな時代のビジネスデザイン

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5