Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第2回)  3つの決算書の関係を理解できないと「計数計画」は立てられない

  2013/02/28 08:00

今回は、3つの決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)のつながりを理解していただきます。ビジネスプランを考えるとき、売上高や費用に関連する計画は考えることができても、必要資金はいくらか、どのくらいの設備投資が必要か、その資金は借りる(借入金)のか、出資(資本金)なのか、などを考えるのは苦手な人が多いようです。なぜならそれらは、貸借対照表とキャッシュフローに関連する内容だからです。今回は、3つの決算書の関係を簡単な事例で考え、プラン全体をどのように俯瞰するかを解説します。木(損益計画)ではなく、森(3つの決算書の関係)を見ていただくために必要な計数感覚です。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 千賀 秀信(センガ ヒデノブ)

    公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」と...

バックナンバー

連載:新規事業計画に役立つ「経営分析・管理会計」の考え方・活かし方

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5