EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

MAKE Faire Bay AREA & Stanford D-school & Techshop 見学記(第3回) 「TechShop」に見るモノづくりコミュニティのあり方

  2013/07/25 08:00

前回前々回とモノづくりを取り巻く環境を見てきた。いずれもモノづくりのアイデアを生み出し、継続するモチベーションを醸成するものだが、実際に作るためにはどうしたら良いのだろうか?なにか作りたいものがイメージできたら、あとは具体的な形にすることになる。そのためには、実際に手を動かすしかない。しかし工作機械は個人で気軽に購入するには高く、スキル獲得にも時間がかかる。この問題を解消するために、モノづくりコミュニティの存在意義がある。今回は、全米に広がりつつあるTechShopの発祥の地である、Tech Shop Menlo Park を訪問した。ここはSquareの創業者がプロタイピングを行った場所としても知られている。その様子をレポートする。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 高野 元 (タカノ ハジメ)

    創発計画株式会社 代表取締役 / サービス開発コンサルタント R&Dエンジニアとしてキャリアをスタートし、NECにてインターネット・サービス技術の研究開発に10年間従事。そのなかで、スタンフォード大学客員研究員としてシリコンバレーの息吹を体感。ビッグローブ事業部(現NECビッグローブ株式会社)にて、Googleとのアライアンスなど検索サービスの立ち上げと収益化に貢献。40歳を目前にして転職した株式会社デジタルフォレストでは、アクセス解析サービスの開発・運営担当役員として会社の成長を支える。また中国大連にて、同社のシステム開発子会社の立ち上げと経営経験も持つ。2011年7月に独立し、新規事業立上げのコンサルティング活動を通じて顧客開発モデルと出会い、これを研究中。顧客開発の実践に必要となる、技術戦略立案や組織改革の支援も同時に手がけている。

バックナンバー

連載:BIZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5