Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第6回)  事業計画に必要な基本データ、それが損益分岐点情報だ

  2013/06/28 08:00

これまでは、財務会計の考え方を中心に、新規事業の計数計画をどう関連付けるのかを考えてきました。今回からは、会計のもう1つの分野である管理会計の考え方を使って、計数計画にどう活用するのかを掘り下げていきたいと思います。管理会計の入り口にあるのが、損益分岐点分析です。ビジネス・モデル・キャンバスとも密接な関係があります。事業計画に必要な基本データを手に入れるために重要です。わかりやすい説明を心がけますので、初めての人も安心して読んでください。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 千賀 秀信(センガ ヒデノブ)

    公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」と...

バックナンバー

連載:新規事業計画に役立つ「経営分析・管理会計」の考え方・活かし方

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5