Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

意思決定の質を向上させる統計的検定のすすめ 「“カイ”より始めよ」

  2013/07/17 08:00

前回の記事では、分析を開始する前には、仮説をチェックし分析で達成したい目標(ゴール)に関するあいまいさを排除すべきこと、および、データ分析においても「80対20の法則」は有効で、やみくもにデータを集めるのではなく必要不可欠なデータを十分に見極めた上でデータを収集すべきことについて、ご説明しました。今回は、「データの分析」と「統計的な解釈」について、ご説明いたします。今までの連載はこちら

モニタリングは日常的かつ構造的に行う

 必要なデータの収集が完了したら、いよいよ分析の開始です。前回の記事の例を使い、具体的にご説明します。

あなたは、会員向けオンライン有料サービス会社に勤める中間管理職です。新規会員登録後1か月間はお試し期間として無料、その後、有料となるビジネスモデルです。これまでは会社の売上が順調に増加していましたが、最近は伸び悩んでおり、その解決策の立案を上長から指示されました。そこで、以下の課題を設定し、仮説を洗い出し、そのうえで分析ゴールを決めました。

  • 課題:売上が伸び悩んでいる
  • 仮説:顧客の離脱率が増加している
  • 分析ゴール:・離脱率を10% 低下させるための知見を得る
    (離脱率 = 前月に新規会員登録した者のうち、登録後1カ月以内に離脱(退会)した者の割合)

 まず初めに、状況を正確に把握します。売上の時系列変化を確認するのはもちろん、売上の構成要素の時系列変化も確認しましょう。

   
図表1 解決策(打ち手)の立案におけるロジック・ツリー 

 当初立てた仮説の通り、離脱率が増加しており、それが売上鈍化の原因であることは間違いないようです。もし、仮説が間違っていた場合は、新たな仮説を立てて確認する作業を繰り返しましょう。

 ちなみに、データの時系列変化を定期的に観測することを、「モニタリング」といいます。皆さんも、ご自身のビジネスにとって最重要なデータ(たとえば、売上、ノルマの達成率、顧客からのクレーム件数、在庫の回転数、など)を日常的にモニタリングされていることと思います。

 それでは、それらの構成要素についても、モニタリングしていますか?

 たとえば、売上があなたにとっての最重要データである場合、その構成要素である「顧客数」や「顧客単価」についてもモニタリングしていますか?もし、それらについてもモニタリングしていれば、「何が起きているのか?」だけではなく「何が原因なのか?」についてもいち早く察知することが可能となります。最重要データだけではなく、その構成要素も含め、構造的にモニタリングを行うようにしましょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 神子島 隆仁(カゴシマ タカヒト)

    ITエンジニアを経て、分析コンサルタントとして、社内外クライアントの経営及びマーケティングに関する意思決定を支援。データサイエンスが、ビジネスだけではなく、よりよい社会の実現に役立つことを夢見て、活動中。

  • 白石 嘉伸(シライシ ヨシノブ)

    マーケティング・コミュニケーションの可能性に興味を持ち、デジタルマーケティング(調査分析、行動データからのインサイト発掘、マーケティングの自動化など)のプランニングや支援を行う傍ら、その具体的な表現となるデザイン、設計にも興味を持ちインフォメーションアーキテクト、人間中心設計専門家としても活動。

  • 黒沢 健二(クロサワ ケンジ)

    1982年生まれ。リサーチャー/アナリストとして、大手IT企業での調査・分析や、大手不動産メディアでのビックデータ分析設計をはじめ、仮説構築から施策立案、検証まで様々なプロジェクトに携わる。学生時代にイタリアでデザイン設計を学んでいたこともあり、デジタル技術の進歩を見据えた人の創造性のあり方が興味関...

バックナンバー

連載:多忙なミドルのためのデータサイエンス入門 
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5