Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アジャイルアカデミー学長:西村直人氏、講師:角征典氏インタビュー 開発者以外でも「いいプロダクトを作りたい」人に有効な「リーン+アジャイル」な開発とは?

  2013/08/21 11:00

「リーンスタートアップ」と「アジャイル開発」はセットで学ぶべき

 - 講座のなかで実際に「建物の外に出る」んですか?

角:はい。「建物の外に出る」のは、リーンスタートアップのワークショップではすでに実施されています。たとえば、私がメンターで参加した「Lean Startup Machine Tokyo」では、参加者のみなさんに代官山のTSUTAYAにインタビューに出かけてもらいました。

 しかし、顧客インタビューをしてビジネスモデルを書いて終わり、ではもったいないと思います。そこからビジネスモデルを形にする必要があります。そのためにはプログラマとの協力が欠かせません。そもそも「リーンスタートアップ」とは、アジャイル開発をやっていたプログラマが、どうやって新しいビジネスを立ち上げればいいかという手法です。最近では、その「そもそも」の部分が忘れられているような気がします。リーンスタートアップについて学ぶときには、アジャイル開発もセットで学ぶべきです。

西村:本当は両方あって、リーンスタートアップですよね。

角:そうですね。「リーンスタートアップ」と「アジャイル開発」を組み合わせて1日で完結するワークショップは、今回開催させていただくこのアジャイルアカデミーにしかないと思います(笑)。

チーフエンジニアとしてのプロダクトオーナー

角:スクラムの作者であるジェフ・サザーランドは、トヨタの「チーフエンジニア制度」を参考にしたと言っています。これは『リーン・スタートアップ』(日経BP)に出てくる話ですが、ミニバンのチーフエンジニアは市場調査のために自ら全米をまわったそうです。

西村:レクサスのチーフエンジニアが、ドイツのアウトバーンを何度も走りに行った話もありますね。今回のワークショップの背景にある「プロダクトオーナーも開発手法を知るべきだ」という発想は、そうしたチーフエンジニアのことを考えてみても、やっぱり必要だと改めて思いました。

角:現場に足を運んだあとに、プログラマに「こういうのを作って欲しい!」という熱意を伝えたら、自然と「よし、やってやろう!」となるはずです。プログラマに限らずエンジニアは、そういう気質を持っています。ここを理解しているかいないかは、プロダクトの成果に大きな差をもたらすと思います。

西村:ジェフ・サザーランドも、プロダクトオーナーが成功する一番の理由は「パッション」だと言及していました。

角:熱意を見せれば、プログラマも協力を惜しまないですね。

西村:「リーンキャンバス」を書き、ユーザーにインタビューを実施し、失敗しながらビジョンを修正していくことが、そうした熱意につながるんでしょうね。もちろん熱意だけではプロダクトは作れないので、アジャイル開発を理解する必要がありますね。


著者プロフィール

  • アジャイルアカデミー事務局(アジャイルアカデミージムキョク)

    翔泳社の主催するアジャイルアカデミー事務局の中の人です。   アジャイルアカデミーは、4半期に1度のペースであなたの現場に合ったアジャイルをスタートさせるための実践型ワークショップを1週間開催します。それぞれ1日完結コースですので、プログラマからマネジメ...

バックナンバー

連載:BIZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5