Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第10回)  1,000円のコーヒーから得た付加価値をどう配分するのか?事業計画で重要な経営者の役割

  2013/10/28 08:00

 付加価値を「見える化」するためのツールとして、変動損益計算書が有効でした。付加価値が見えその大きさがわかれば、付加価値がなぜ生まれたのか分析する必要があります。前回は、「1,000円のコーヒーを高いと思わせない方法とは?」というテーマで、付加価値を創造する経営を考えました。付加価値の創造は、どの事業でも最優先課題です。今回は、創造された付加価値をどう使うのか、すなわち付加価値をどう分配するのかを考えましょう。事業計画ではとても重要なテーマです。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 千賀 秀信(センガ ヒデノブ)

    公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」と...

バックナンバー

連載:新規事業計画に役立つ「経営分析・管理会計」の考え方・活かし方

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5