Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

やってみよう!最新バージョンのインストール

edited by DB Online   2011/03/28 08:00

第2回目である前回は、最新バージョンであるOracle Database 11g Release 2の入手方法について解説しました。第3回目となる今回は、Oracle Database 11g Release 2のインストールについて解説します。
 

インストールの準備

さて、今回は実際のインストール作業の一部始終をお見せしたいと思います。まずは、使用するテスト環境とダウンロード・ファイルについて説明します。

インストール先のテスト環境としては、以下のスペックのWindows PCを使用します。

 

表1 テスト環境のスペック
オペレーティングシステム Microsoft Windows 7 Ultimate(64bit)
プロセッサ Intel(R) Core(TM) i5 CPU M430@2.27GHz
実装メモリ(RAM) 6GB

 

ソフトウェアはOTNからダウンロードしたファイルを使用します(ダウンロード前にOracle.comへのユーザー登録が必要です)。

 

 

上記のサイトから、Oracle Database 11g Release 2(11.2.0.1.0)のMicrosoft Windows(64ビット)版をダウンロードします。

なお、「自分もインストールを試してみよう」という方は、各自の環境に合わせてダウンロード・ファイルを選択してください。また、以降の説明についても、環境に合わせて適宜読み替えをお願いします。

インストールの実況中継

ダウンロードしたZIPファイル(win64_11gR2_database_1of2.zipとwin64_11gR2_database_2of2.zip)を解凍すると、『database』という名前のフォルダの下にファイル群が展開されます。

 

図2:Oracle Database 11g Release 2のZIPファイルの展開

 

『setup.exe』という名前のセットアップ・ファイルをダブルクリックして、インストーラを起動します。

 

図3:インストーラの起動

 

最初に『セキュリティ・アップデートの構成(ステップ1/9)』の画面が表示されます。

セキュリティの問題について通知を受け取る電子メール・アドレスを指定します。また、My Oracle Supportにアカウントがある場合は、セキュリティ・アップデートをMy Oracle Support経由で受け取るためにMy Oracle Supportのパスワードを指定します。

 

図4:セキュリティ・アップデートの構成(ステップ1/9)

 

『次へ』ボタンをクリックすると、続いて『インストール・オプションの選択(ステップ2/9)』の画面が表示されます。

今回はデータベースを作成せず、ソフトウェアのインストールのみを行います。

『データベース・ソフトウェアのみインストール』を選択します。

 

図5:インストール・オプションの選択(ステップ2/9)

 

『次へ』ボタンをクリックすると、続いて『Gridインストール・オプション(ステップ3/9)』の画面が表示されます。

『単一インスタンス・データベースのインストール』を選択します(デフォルト)。

 

図6:Gridインストール・オプション(ステップ3/9)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 白砂 丈太郎(シラスナ ジョウタロウ)

    日本オラクル(株)において、データベース事業のコアテクノロジー技術およびパフォーマンス技術のリーダーを務め、製品機能の検証および大規模/最重要プロジェクトでのベンチマークや実装を担当。 現在は(株)ワン・オー・ワンにおいて、データベースとWeb技術を中心としたシステム構築およびコンサルティングに従...

バックナンバー

連載:使ってナットク!Oracle Database 11g最新機能

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5