Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

#8 ココが変わった!11gの初期化パラメータ

edited by DB Online   2011/08/09 07:00

DIAGNOSTIC_DEST

 これまではBACKGROUND_DUMP_DEST初期化パラメータやUSER_DUMP_DEST初期化パラメータで指定していたトレース・ファイルやアラート・ログの出力先ですが、リリース11.1.0.6からはDIAGNOSTIC_DEST初期化パラメータで指定するように変更されました。

パラメータ名 DIAGNOSTIC_DEST
OSのディレクトリ
デフォルト値 ORACLE_BASE
動的変更方法 ALTER SYSTEM

 DIAGNOSTIC_DESTで指定したディレクトリの下には、各データベース・インスタンス専用のディレクトリが以下のように作成されます。

<diagnostic_dest>/diag/rdbms/<database_name>/<instance_name>

  この場所はADR(Automatic Diagnostic Repository:自動診断リポジトリ)ホームと呼ばれます。


著者プロフィール

  • 白砂 丈太郎(シラスナ ジョウタロウ)

    日本オラクル(株)において、データベース事業のコアテクノロジー技術およびパフォーマンス技術のリーダーを務め、製品機能の検証および大規模/最重要プロジェクトでのベンチマークや実装を担当。 現在は(株)ワン・オー・ワンにおいて、データベースとWeb技術を中心としたシステム構築およびコンサルティングに従...

バックナンバー

連載:使ってナットク!Oracle Database 11g最新機能

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5