Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

#9 ココが変わった!11gのバックグラウンド・プロセス

edited by DB Online   2011/10/05 07:00

第8回目である前回は、Oracle Database 11gから新たに追加された初期化パラメータについて解説しました。第9回目となる今回は、Oracle Database 11gのバックグラウンド・プロセスについて解説します。

バックグラウンド・プロセスの役割

 Oracle Databaseはマルチプロセスのデータベース・システムです。多くのユーザーが同時にアクセスして利用します。ユーザーがストレスなく快適に使用できるようにするためには、システムやネットワークやインスタンスやプロセスに異常がないかを監視し、障害が見つかれば復旧作業を行ってくれる仕組みが必要です。また、ユーザーに最高のパフォーマンスを提供するためには、ディスクI/Oを始めとする低レベルのシステム処理を効率よく制御する必要があります。

 このような影の調整役となるのが、Oracle Databaseのバックグラウンド・プロセスです。バックグラウンド・プロセスは、並列性を高めパフォーマンスと信頼性を向上させるために、なくてはならないプロセスです。

 Oracleのバックグラウンド・プロセスを確認するには、以下のSQL文をSYSDBAで実行します。

SQL> CONNECT / AS SYSDBA
接続されました。
SQL> COLUMN NAME FORMAT A4
SQL> COLUMN DESCRIPTION FORMAT A50
SQL>
SQL> SELECT NAME, DESCRIPTION
  2  FROM V$BGPROCESS, V$PROCESS
  3  WHERE PADDR = ADDR
  4  ORDER BY NAME;

NAME DESCRIPTION
---- --------------------------------------------------
CJQ0 Job Queue Coordinator
CKPT checkpoint
DBRM DataBase Resource Manager
DBW0 db writer process 0
DIA0 diagnosibility process 0
DIAG diagnosibility process
GEN0 generic0
LGWR Redo etc.
MMAN Memory Manager
MMNL Manageability Monitor Process 2
MMON Manageability Monitor Process
PMON process cleanup
PSP0 process spawner 0
QMNC AQ Coordinator
RECO distributed recovery
SMON System Monitor Process
VKTM Virtual Keeper of TiMe process

 今回はこれらのバックグラウンド・プロセスについて解説します。


著者プロフィール

  • 白砂 丈太郎(シラスナ ジョウタロウ)

    日本オラクル(株)において、データベース事業のコアテクノロジー技術およびパフォーマンス技術のリーダーを務め、製品機能の検証および大規模/最重要プロジェクトでのベンチマークや実装を担当。 現在は(株)ワン・オー・ワンにおいて、データベースとWeb技術を中心としたシステム構築およびコンサルティングに従...

バックナンバー

連載:使ってナットク!Oracle Database 11g最新機能

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5