Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「ロックリリース」から半年、日本HPのデータベース改革推進アライアンスにシステムインテグレーター6社が新たに参画

edited by DB Online   2011/10/04 13:30

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本HP)は、より効率的かつ生産的なデータ活用を支援する「データベース推進アライアンス」のアライアンスパートナーを拡大し、新たにシステムインテグレーター6社が参画することを発表した。これまでのデータベースベンダー6社(日本HPを含む)に加え、Slerがアライアンスパートナーとして参加することになる。

クラウド利用にロックリリースは必須

日本HP 常務執行役員 エンタープライズアライアンス営業統括本部長 吉谷清氏
日本HP 
常務執行役員 
エンタープライズアライアンス営業統括本部長
吉谷清氏

 データベースベンダーに加えて、今回新たに6社のシステムインテグレーター(以下、SIer)6社が参画することになった背景について、日本ヒューレット・パッカード株式会社 常務執行役員 エンタープライズアライアンス営業統括本部長の吉谷清氏は、「今日の企業のまざまなIT課題を踏まえると、クラウド技術を採用することは必須だが、ベンダーロックインがクラウド導入を阻害している」と語る。

 日本HPデータベース新戦略として2011年4月に発表されたのが「ロックリリース」だ。この戦略では、乗り替えが困難な既存データベースを利用しつつ、「SQL標準化アセスメントサービス」など、移行性を確保するための各種サービスを提供してきた。また、この戦略に賛同する5社のデータベースベンダーとともに、「データベース改革推進アライアンス」を発足させもした。

 以降、2年~5年を想定し、「DB ロックリリース」を進めている日本HPだが、吉谷氏によれば、「やはり、チャレンジではある。アプリケーションの手直しなど、案件の規模が大きくなればなるほど、大変なものになる」という。そこで、今回、SIer6社の参画に発展した。

今回参画するシステムインテグレーターは、株式会社日立ソリューションズ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、日本ユニシス株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、TIS株式会社、東芝ソリューション株式会社の6社。従来のデータベースベンダー6社に加え、総勢12社でデータベース改革を支える。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5