Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第10回 MySQL事始 ストレージエンジン(1) アーキテクチャ概要

edited by DB Online   2012/01/26 00:00

利用可能なエンジンの確認方法

 SHOW ENGINES文では、接続しているMySQLサーバで利用可能なストレージエンジンを確認できます。

mysql> SHOW ENGINES\G
*************************** 1. row ***************************
      Engine: FEDERATED
     Support: NO
     Comment: Federated MySQL storage engine
Transactions: NULL
          XA: NULL
  Savepoints: NULL
<略>
*************************** 7. row ***************************
      Engine: ARCHIVE
     Support: YES
     Comment: Archive storage engine
Transactions: NO
          XA: NO
  Savepoints: NO
*************************** 8. row ***************************
      Engine: InnoDB
     Support: DEFAULT
     Comment: Supports transactions, row-level locking, and foreign keys
Transactions: YES
          XA: YES
  Savepoints: YES
*************************** 9. row ***************************
      Engine: PERFORMANCE_SCHEMA
     Support: YES
     Comment: Performance Schema
Transactions: NO
          XA: NO
  Savepoints: NO
9 rows in set (0.00 sec)

 上記はMySQL 5.6.4のデフォルト設定での実行例で、9種類のストレージエンジンが利用可能となっています。但し最後のPERFORMANCE_SCHEMAは性能関連のメタデータを管理するための特殊なストレージエンジンです。`Support`列がDEFAULTのストレージエンジンは、明示的にストレージエンジンを指定しない場合に使用されるものになります。YESの場合は利用可能、NOの場合はバイナリには含まれているものの利用不可能なストレージエンジンです。NOの場合には設定を変更することで利用可能となります。


著者プロフィール

  • 梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

    日本オラクル株式会社 MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQL Principal Sales Consultant オラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて、台湾、オーストラリア、インドに在籍するチームメンバーを束ね、アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。  

バックナンバー

連載:MySQL事始

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5