Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

誰でも簡単!MySQLのインストールと初期設定(インストール編)

edited by DB Online   2012/08/01 00:00

本連載では、MySQLのインストールと初期設定手順をステップ・バイ・ステップで分かりやすく解説します。初心者の方でも簡単にインストールが出来るよう、基礎的な内容を中心に構成しています。

MySQLのインストールは非常に簡単

 MySQLはフィンランドの技術者であるMichael "Monty" Widenius氏らによって開発され、現在はオラクル社で開発されているオープンソースのRDBMSです。WebサービスやECサイトのバックエンドとして利用されることが多く、オープンソースのRDBMSとしては世界で最も高い市場シェアを獲得しています。シンプルな動作による高速性やレプリケーションによる拡張性などが評価されて発展を続けてきましたが、最新の安定版(2012年6月現在)であるMySQL 5.5に至るまで数多くの機能追加がなされており、機能面でも商用RDBMSに迫りつつあります。

 MySQLはデュアルライセンス方式を採用しており、無償で利用できるコミュニティ版と有償の商用版が存在します。RDBMSとしての基本機能に差はありませんが、商用版には拡張性や可用性、セキュリティなどを強化する独自の機能が実装されています。

 RDBMSというと少し取っつきにくいイメージがありますが、MySQLは誰にでも簡単に利用できるシンプルなRDBMSです。本連載では、MySQL 5.5 Community Editionのインストールと、データベースが使えるようになるまでの初期設定手順を詳しく解説します。ダウンロードの画面から実際に使用するコマンドまでステップ・バイ・ステップで解説しますので、初心者の方でも心配ありません。

 第1回目となる今回は、MySQL 5.5 Community Editionのインストール手順について解説します。

MySQLがサポートしているプラットフォームを確認する

 インストールを行う前の作業として、まずはMySQLがサポートしているプラットフォームを確認します。MySQLのWebサイト内にある『Supported Platforms: MySQL Database』にアクセスします。

Supported Platforms: MySQL Database
Supported Platforms: MySQL Database

 OSとアーキテクチャ別にサポートされるMySQLのバージョンが異なるため、●印がついた組み合わせを使用してください。この一覧は随時更新されるので、比較的新しいOSを使う場合などは必ず最新の情報を確認してください。本連載では以下の環境を使用します。

OS Red Hat Enterprise Linux 5.5 64bit(x86-64)
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU X5650 2.67GHz (2CPU12コア)
メモリ 16GB

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 岸和田 隆(キシワダ タカシ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト アシスト入社後、Oracle Database の研修講師、フィールド・ サポート、新バージョンの検証を経て、2007年 自社ブランド 「DODAI」の準アプライアンス製品の企画・開発、2009年 PostgreSQL、2011年 Postgres Plus、MySQL / MariaDB の事業立上を担当。 現在は「データベースのアシスト」を目指した活動を行っている。

  • 関 俊洋(セキ トシヒロ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト データベース・システムの構築や運用トラブルの解決といったフィールド・サポート業務を経験し、その後は新製品の検証やソリューションの立ち上げに従事。現在はデータベースの価値や魅力を伝えるための執筆や講演活動を行っている。

バックナンバー

連載:はじめましてMySQL!
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5