Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DBベンダーの言う<何でもできる>アプライアンスに騙されるな」IBM ネティーザ 担当者が語る

2012/09/03 10:00

ネティーザ(以後Netezza)といえば、データウェアハウス(DWH)アプライアンス分野では草分けともいえる存在。最近では、オラクルをはじめとするメガベンダーが相次いで一体型アプライアンスを投入しているが、IBMの買収によって、今後の動向にますます注目が集まる。そのIBMのNetezza担当者が、「昨今のアプライアンスブームはベンダーの思惑」とばっさりと切り捨てる。その真意を聞いた。

ベンダーの言うことを鵜呑みにするな

日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業
インフォメーション・マネージメント
BigData/DWH/Netezza Technical Sales 部長
原沢 滋
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 インフォメーション・マネージメント BigData/DWH/Netezza Technical Sales 部長 原沢 滋

 「現状は、アプライアンスという言葉に多くのユーザーが惑わされていると思います。」日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォメーション・マネージメント BigData/DWH/Netezza Technical Sales 部長の原沢 滋氏は、まだまだアプライアンスの本質が理解されていないと言う。

 アプライアンスは家電のように、誰にでもすぐに使えるべきもの。家事全般が出来て「なんでも解決出来るロボット」のような家電は空想の中にしか存在しない。真にアプライアンスと呼べるものは、しっかりしたコンセプトを持った特化型の製品であるべきというのが原沢氏の主張である。「現在、代表的なDBベンダーがアプライアンスという位置づけで幻想を振りまいている。ベンダーに騙されてはいけない」と原沢氏は語る。

 「システムはベンダーのためにあるのではなく、ユーザーのためにあるものです。システムを活用して結果を出し、ビジネスへ貢献することこそがその目的のはずです」と原沢氏。これを理解せずに、流行のバズワードにのったシステムや技術に無闇に手を出すべきではない。新技術の検討に執心するあまり、このビジネスへ貢献するという目的が、ややもするとなおざりにされてしまう事を原沢氏は憂いている。IBMというベンダーの立場にありながら、敢えて「ベンダーの言うことを鵜呑みにするな」と言うのだ。

 DWHアプライアンスは、いままでは難しかった大量データの分析がテクノロジー的に容易になっただけだと原沢氏は言い切る。DWHという膨大なデータを処理するのに、なんでも出来ますというロボットが存在しないのと同じで、大量のデータを処理するにはそれ専用のシステムが必要。たとえば「DWH製品の中にはOLTPのエンジンをチューニングし、それでデータウェアハウスもできますよ、というDBマシンもあります。もちろんこれが、ユーザーニーズに適合する場合もあるでしょう。しかし、1つのエンジンですべてに対応しようとすると、適切な性能を得るためにチューニングで対応することになり、どうしても高い運用コストがかかってしまいます。目的に合わせ、特化した機能、性能を適切に選んだほうが効率的な場合が多いのです」と原沢氏は言う。どんな大量データをどう処理したいかに応じて、それに適切な手法を選ぶべきだ。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5